スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




自然な免疫 VS 人工的な免疫

薬学上の考えでは、患者がワクチン接種という[ちゃんとコントロールされた]状況下において病気の「弱性の」タイプにかかった場合には、自分自身の体内でそのワクチンに対する抗体を生み出して、次からはそうした抗体が敵の顔がどんなだったかを覚えていて、それらが現れたら危険を制するようになるだろうとされています。[360]

しかし、それだけでは収まらない事実があるのです。

抗体、抗原:単純化された考え方

まず第一に、ワクチンの抗体というものが免疫の全てであるかどうか、という点でさえ、皆の意見が一致している訳ではありません。Citizens for Health Care and Freedomのディレクターであるアラン フィリップスなど、数々の研究者が[245]

「自然な免疫とは、体の様々な機能や内臓が関係してできる複雑な現象であり、抗体物質といった、人工的な誘因物で真似できるものではない」

と述べています。そして、これは最近に言われ始めたことではなく、1950年にもアレック バートン博士という英国薬学機関(British Medical Council)の研究員が、ジフテリアの疾患と抗体の数には何の関連もない、ということを発見しています。[203]この研究員は又、体内の血液に抗体を作り出す機能をもたない子供達が、伝染病にかかっても他の皆と同様に病気を治していくことが出来る、という事実をも認めています。(Null)[220]

さらに1972年にはジェラルド エーデルマン博士が、「免疫機能とは一般に言われている抗原→抗体という考えでは説明しきれないものだ」、という発見をしてノーベル賞を受けています。エーデルマンは、何世紀もの間に人間として進化を遂げた結果、私達の体には誕生の時点で何百と言う抗体が存在しているという事実を示したのです。([131]p.17)

自然な免疫機能とは、ワクチンの営業マンが私達に売っている話よりも、遙かに複雑な課題です。後に挙げるAIDSの章でも分かるように、こうした抗原→抗体といった考えは、自然を大幅に単純化しすぎた見解なのです。しかし、セールスを目的とした広告は常に、「本当のことじゃないからといって、よく出来た作り話を捨てることはない」という方針で進むものです。病原菌の説と同様、この抗原→抗体説もまた、パスターの時代から人類の滅亡の日まで、人類の血液に大量のワクチンを注入していく、という商売の必要性を可能にしてくれる、格好の教義だったわけです。

自然な免疫機能

自然な免疫とは、実際にその病気にかかって治癒した後にしか付かないものです。または少なくとも、その病気があふれている環境にいた、という条件が必要です。例えばMerck Manual という本の1098ページには、風疹に関して「...1956年より前の人々は、以前に伝染したことがあるため、免疫があり、風疹にはかからないとされている」と書いてあります。[280]これはつまり、自然な免疫機能です。実際の伝染病の場合には、その微生物は人の鼻孔、喉、そして肺の自然な体内防御の機能を通り過ぎなくてはならず、それで初めて運がよければ血液にまでたどり着くことが出来ます。そうした過程において、血液にたどり着くまでの間に、その微生物がまだ解明されていない幾つもの生化学反応を体内に引き起こし、自然な免疫機能を誘因している可能性は、大いに考えられるのです。

ワクチンを直接血液に注射するという行為は、「血液に突然異生物を混ぜることで人工的に誘発されて出来た抗体が、免疫の全てである」という、まったく根拠のない仮説をもとにしています。しかし、この仮説が間違っていることは、ワクチンによっては再接種しなければいけない、という決まりからも分かることでしょう。様々な研究調査により、ワクチン接種を受けた人々の方が、抗体の数が低くなってしまっているという結果が出されています。(Gunn)[303] 

母なる自然に嘘をつく

薄めた、という状態はつまり半死状態にされた、ということです。ワクチンに含まれる伝染病の菌は、非常に薄められていて、99,9%の人々には炎症反応を起こさない程度に弱まっています。しかし、自分の体内に薄められたウイルスやバクテリアを注入させるという行為は、自然が本来ならば私達に決して許すことのない行いです。それは、血液という希少な聖域を汚してしまったことなのですから。もし混入した病原菌が薄められていない状態だったなら、自然の免疫機能は総合的に作動してこうした侵入者を攻撃して追い出していくのですが、私達は自然の免疫機能をだまして、すべての異物を排除するというシステムを作動させないようにしてしまったのです。

ハーバード大学の薬学科の教授である、Dr.リチャード モスコウィッツは、ワクチンが生み出される過程とは、ワクチンをどんどん薄めて免疫機能の反応を引き起こさない程度まで弱めることだと説明しています。ここで問題になるのは、こうして姿を変えられた病原菌は、本来の姿でならば決して自然には入り込めるはずのない程、私達の細胞組織のかなり奥にまで侵入してきてしまっているという点です。そうした場所に潜んで、これらの病原菌は潜在したアレルゲン(アレルギーを引き起こす原因物質)となっていきます。進度の穏やかなウイルス、といった具合です。そして何かがきっかけでこれらのウイルスが活性化すると、例え何年も経っていた場合でも、こうして奥にしまわれていた微生物は体内のどの場所、どの器官にも自由自在に繁殖し、重大な機能障害や混乱を引き起こし、これが原因で重度の伝染病にかかったり、死亡することさえあるのです。ただし、かかるのは、もともとの伝染病ではありません。[192]

だからこそ、誰もワクチンが原因で死亡したと証明することが出来ないわけで、これは非常に好都合なことです。

ワクチン接種という行為は、人類の進化の道を大きく踏み外した行為です。自然は百万年もの年月をかけて、こうした侵入異物に炎症反応をおこして戦うという免疫機能を生み出しました。これは、選別して戦うという、生き残るための機能です。それをこの1世紀の間に、医者達が突然、こうした何世紀もつづいてきた自然の知恵を無視して当たり前、という様に振舞っていて良いものでしょうか?
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
Admin
記事一覧表記は引っ越し前のアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。 (アメブロは残しているので閲覧は可能です) まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、探したいキーワードなどから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。
プロフィール

予防接種の参考書

Author:予防接種の参考書
・このブログはアフィリエイトは一切含んでいません。
アメブロからFC2ブログへ引っ越してきました。

FC2ブログ記事中の関連記事紹介のURLがアメブロのURLのまま反映されていますので、
元ブログのアメブロは残しています。

気づいたときにFC2ブログのURLに変更していく予定ですので、何卒ご了承ください。

アメブロと同タイトルの記事がFC2ブログにもありますので、宜しくお願いします。過去記事への追記情報などもfc2ブログの記事のみに行っています。
タイトルに■をつけている記事に、よく追記情報を追加しています。
・ツイッターからの転載ツイは、嫌がらせやネットでの集団叩きが激しいことなど考慮して、一般の方はHNを伏字or削除させて頂いています。
医療関係者の方は、責任もっての発言と思われますのでHNもそのままツイ内容と一緒に貼らせて頂いています。

・2012/09以降の最新記事更新はFC2ブログのみで行います。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


国内でのワクチンに関するニュースなど紹介しています。
他に、
予防接種の参考書「大切な人を守るために」 ( 54記事 )
海外で出版されている予防接種の書籍の簡単な日本語翻訳版が読めます。(邦訳未出版ですので、お早めに読まれることをおすすめします。)

予防接種の参考書を最初の記事から読む(ここをクリック)
記事一覧表記はアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。
まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、キーワードから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。

目次 記事一覧は(ここをクリック)


(※簡易翻訳以外の記事は全てネット上や書籍に公開されている情報が元に転載して紹介しています、推進派の脅し対策として、各利用者の責任で記載されたものであり当方はその内容につき一切責任を負わないものとします。
各記事ごとに、ソース元はわかるように貼付していますので、ご不明な点はソース元でご確認ください。)

~翻訳者Hariさんのメッセージ~
私が大きく影響を受けた予防接種の参考本をご紹介させて下さい。

著者は、アメリカのホリスティック研究者であるDr.Tim O'Sheaで、
原本のタイトルはThe Sanctity of Human Blood : Vaccination I$ NOT Immunizationです。


The Sanctity of Human Blood : Vaccination is Not Immunization (Fifth Edition) [Paperback]
Tim O'Shea (Author)


翻訳本の方は、「予防接種の本当の意味ー大切な人を守るために」としました。

私自身、自分だけの時には何も深く考えずに予防接種を受けていましたが、
娘が生まれからは、
「子供の身体に注射するものだし、健康や命に関わるものだから、まずはどんなものなのかその実態と効能、危険性について親が知った上で判断したい」と思うようになりました。

同じ様に、ただ家族や医者から聞いたほんのちょっとの情報だけで、またはそのプレッシャーに押されて、

よくわからないままワクチン接種を受けてしまう方、

あるいは疑問を感じても参考になる情報をどこで探したらよいのか判らない方、

またはただ副作用が怖いらしい、といううわさだけで、確信はないが受けていないという方

色々だと思います。

私もそうした時期にこの参考書に出会い、まさに目からうろこの体験でした。
そして、自分の知りえた情報を分かち合いたいと思い、Dr.ティム オシアーに了承を得た上で、この本を日本語訳することにしました。

彼の本は、ワクチン接種の始まりと歴史から、現代のワクチンの実情に至るまで、細かい裏づけの参考資料とともに、一般の人にもわかりやすい内容で教えてくれます。

さらに、この本で使用している参考資料は、政府機関、主流の医学誌といった
「ワクチン接種を薦めている側」の資料なので、「ワクチン反対派」が感情的にいった不確定な情報なのでは、という心配がありません。

掲載している情報は、主にアメリカの状況が中心ですが、日本の現状を知るにも十分役に立つものです。
何より、ワクチン製造業者と政府間の権力及び資金関係の結びつき、メディアへの影響力などは、アメリカに限るものとは言えませんから、実に興味深いと思います。

翻訳の全文章を、私の日記に項目ごとにわけて掲載してあります。
ただし、こちらは校正チェック前の文章ですので、多少読み苦しい箇所もあるかも知れません。

今回、著者のウェブサイトに日本語版を電子書籍(e-book)という形で掲載しましたので
ご興味のある方はぜひこちらの方をご覧になって下さい。購入に
は$25かかりますが、その価値は十分あると思います。

(注※当ブログに簡易翻訳版を記事・日記にしているので
購入しなくてもある程度読めます。
上記の目次欄
でご確認ください。
翻訳者様の紹介メッセージをそのまま転載しただけで
購入をすすめているわけではありません。
いつか日本語版が日本でも出版されることを願っています。)

www.thedoctorwithin.com

books & CDs という欄をクリックすると掲示されます。

まずは、日記のほう(無料)をお読みになってから
ご検討くださると良いと思います!

それでは、
この本で得た情報が、一人でも多くの両親と子供達の役に立つことが出来ますように!





医薬品医療機器情報提供ホームページ(医薬品名、ワクチン名検索で、成分、製造法、副作用の医薬品添付文書をPDFファイルで閲覧可能)

その他
薬のチェックは命のチェック No.43[特集]ヒブ・肺炎球菌ワクチン
●予防接種前から髄膜炎は減っている。



ワクチンは効かない
偽の抗体と免疫に、感染予防効果なし。
医師の見解
まちがいだらけの予防接種

多数の人骨が発掘された731部隊「防疫研究室」跡地に建設を強行した、国立感染症研究所を提訴した裁判(上)
感染研における最近の不祥事について【バイオハザード予防市民センター】
バイオハザード予防市民センター



ブックマーク一覧

麻疹・風疹ワクチンのウイルス株の型は自然界には流行していない

日本の風疹HI法の抗体価は国際基準EIA法にすると3倍高い→ワクチン接種対象者が2.6倍に


 














にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 病気情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
リンク
ツイッターおすすめまとめ
まとめツールをブログに貼らせて頂いていますが、外したほうが良い場合は、 コメント欄からお知らせくださいませ。
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。