スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




湾岸戦争症候群

湾岸戦争症候群

皆さんの子供達に医者がどのワクチンを接種するべきか決めるのは、FDAという機関ですが、医者の診断の価値は、薬やワクチンを司るこの機関の倫理観と同じくらいだと言えるでしょう。FDAがワクチンを認可する際に、どれくらいの責任感と倫理観をもって行なっているかは、次のU.S.上院議会報告書に明確に示されています。(Rockefeller)[268]

湾岸戦争-別名「砂漠の嵐」は、1991年の1月、2月にかけて起こった。これに巻き込まれたアメリカ兵は696,000人になる。その全員が、渡航前に数種のワクチン接種を受けた。

その後3年間において、この内の80,000人のアメリカ兵が、今までには自分の病歴にはなかった変性疾患や神経性疾患でVA病院にかかっています。こうした不可解な新種の病症の一連は、まとめて湾岸戦争症候群と呼ばれるようになりました。

始めのうち、政府は責任を否認しました。しかし患者数が増えるに従い、政府はこうした苦情に対し保障を出すことを決定しました。ただし、兵達は政府を免責するという棄権証書にサインすることが条件、という弁護士なみのずる賢いやり方です。

責任を求める声が非常に多かったため、上院で取調べが行なわれることになりました。この取調べ委員会を仕切るのは、上院議員の西バージニア州のJD Rockfeller IVです。この委員会による発見は、1994年の第103回目の議会における、23ページの報告書にまとめられています。[268]報告書の内容には、目を見張るものがあります。

以下に挙げる情報は、上院の資料から直接引用したものです。

大部分の病気の原因であるワクチンは、3種類となる 。

臭化ピリドスチグミン -化学神経ガスから守ってくれるとされるが、証明はされていない化学薬品 

ボツリヌス中毒症ワクチン -敵がボツリヌス毒を兵器として使ってきた場合に備えた、未認可で、検査もされていない毒性物質
たんそ病ワクチン -動物の病気を予防するための、未認可ワクチン

上院の取調べは、徹底していました。彼らはなんと50年前までさかのぼって研究し、防衛局(DDC)が第2次世界大戦以前からずっと、軍隊兵に有害な薬品を使って危険な実験を行なっていたことを発見しています。(4ページ目)DDCはマスタードガスや神経ガス、幻覚剤、放射能、そしてワクチンを、それらが与える長期的な影響も知らず、何も知らない軍隊兵たちに強制していたのです。

通常、こうした実験兵たちの診療履歴は、「紛失」されます。後になって、兵達が自分が取らされた薬が何だったか調べようとしても、分からないようにするためです。他には、診療ファイルにこうした注射をしたことを「未記入」にするという方法もよく取られていました。(18ページ目)つまり、「砂漠の嵐」で起こった一連の出来事とは、今起こっている政治方針のたんなる延長に過ぎなかったというわけです。

たんそ病

たんそ病ワクチンを接種した兵の数は、150,000人になります。(p.13) このたんそ病ワクチンというのは、それまでには羊や家畜にしか与えないものでしたが、「人間へのテストデータは一切無い」にもかかわらず、私達の国の兵達に接種されたのです!(p.13)それに、もし敵が本当にたんそ病を兵器として使ったとしても、煙霧状のものであったでしょう。注射したワクチンが、煙霧状のたんそ病に対してまで免疫をつけてくれるなんて証拠は、どこにもありません。(Senete Report[268])p150,及びJournal of the American Medical Association, 6 Aug 97,p.402)この検査もされていない化学薬品、 1回分$4.70のたんそ病ワクチンが、軍隊の2千4百人全員にそれぞれ6回分接種されたことと、joint chiefの1りがたんそ病ワクチンの製薬会社の取締役であったこととは、何の関連もないでしょうか?

1999年3月、ABC Newsの発見した報道では、政府と密接な関係にあり、6000万ドル相当のたんそ病ワクチンを製造している製薬会社、Bioport社が、Joint chiefの前任であるAdm. William Croweという人物によって創立され、ちなみに彼は株の13%を所有しているとのことでした。(Rosenberg)[269]

2001年にたんそ病の脅し警告が出回った際に(皆さんにお知らせのちらしが来たのを覚えているでしょうか?)、過去1世紀の間合衆国内で起きたたんそ病の発症件18件には、抗生物質が治療法として使われていたと示されていたことは、興味深い点です。ワクチンを使用したのは、軍隊だけです![159]

兵器化したたんそ病とは、非常に精密な製品で、注意深く正確で高度な製造技術が必要です。ではなんで、このたんそ病兵器を、イラクが使う危険を恐れなければならなかったのでしょう?我が国が、売りつけたからです!

(Gulflink.org, 28 June 88) なんと1988年まで、売りつけていたのです。お金さえあれば誰でも、バージニア州のマナサスにあるAmerican Type Culture Collection社から、この兵器を買い取ることが出来たのです。信じられないですか?ご自分でこの社に電話してお聞きになると良いでしょう。電話番号は703-365-2700です。

テストもされていなければ認可もされていないのに、このたんそ病ワクチンは1988年から2004年10月までの間、1100万人の米軍兵に命令で接種されていたのです。[40]何百人もの兵がワクチン接種を拒否して投獄されたり、免職されたりしました。[272]2004年10月に、たんそ病ワクチンは再び法で禁止されました。それなのに2005年4月には、兵隊達は接種を「志願」すれば受けれることになったのです![40]

そして、2007年初めには、イラク駐在の米軍兵にたんそ病ワクチンの強制的な接種が再び開始されました。(Nass[37])

たんそ病ワクチンに関する、より複雑な歴史の詳細や経済的な圧力について知りたい方は、thedoctorwithin.comのVaccines,Anthrax, and Warという章をご覧になってください。[317]

湾岸戦争症候群に関する、Rockfellerの1994年上院報告書は、主に次の点に注目しています。

情報を与えないで承諾させたという点

軍兵達には、全く情報が与えられなかったのです。軍兵にワクチンを接種させる際に、本当に問題なのは大抵この点です。軍兵の大部分には、それが何のワクチンであるかも知らされずに、起こりえる副作用も伝えられず、ワクチンを接種するかしないかを決める権限も一切与えられなかったという証拠資料が山ほどあります。[271]

こうした実験的な注射に対して、情報を与えずに受諾させたという行為は、大きな犯罪です。これは何十年も続いてきたジュネーブ議定書など、国際的な薬学倫理に明らかに反する暴行です。また、1946年にナチスの戦犯行為を審査する際に作られたニュルンベルク コードという規定は、いかなる実験的、「検査用」のワクチンや薬品であっても、接種対象者がその物質が何であるかを知り、その副作用も認知していて、自由意志で接種を承諾するという条件を満たさなければならないと定めています。[332]Rockfellerの報告書には、注射を拒んだ者への恐喝、脅しといった行為が多数記載されています。

Rpckfellerの取調べ報告書には、この「説明を受けた上で同意する」という点で、防衛局とFDAの間でかなり権力関係のもめごとがあったと記されています。防衛局はFDAに、「説明を受けた上での同意」という権利の免除を要求しました。つまり防衛局は、そう許可することでFDAに、国際的な倫理規定から外れて、兵達に選択の権利があることを知らせずにワクチンを接種させてくれと頼んだのです。

防衛局はまた、FDAによるワクチンの認可まで、免除を求めました。これらのワクチンはまだFDAの認可をもらっていなかったのです。(p.7)彼らの言い分はまったくいい加減なもので、時間が無いだとか、「戦争舞台」において兵士に情報シートを配るのは好ましくないとか、他に満足できる代わりの治療法が無い、とかいうものでした。

FDAは、これに譲歩しました。検査テストをしていないワクチンの接種を許可し、接種対象者は書面に「同意する」と書く必要はなく、口で言えばよいということにしたのです。FDAは又、妊娠中の女性は接種対象外にするように勧めました。

防衛局は、兵達にワクチンが何であるかを伝え、拒否する機会も与えることに同意しました。

ところが、Rockfellerの報告書には、後に質問を受けた兵達の74%もが、ワクチンの接種を受け入れるほかに選択余地はなかった、と答えているのです。(p.9)そして、接種を受けたのは全員の兵です。副作用反応がでたからといって対応してもらったり、接種対象から外された人は、1人もいません。その逆に、激しい副作用反応が出ても「さらにワクチンを追加接種させられた」(!)と多くの兵達が証言しています。

少なくとも、「我が国の軍兵の43%が、湾岸戦争中にワクチンによる副作用反応を経験した」とのことです。

上院報告書は、当時重要な任務を行わなければいけなかった我が国の軍隊に、証明もされていないワクチンを与えるという行為は、自国の安全を脅かす行為に等しい、と告発しています。

ざっと簡単にまとめると、次の通りですが、本当はここで示しているよりも遥かに酷い状況です。しかし実際に軍隊にいたことのある人なら、この上院報告書のデータから、実際の状況を想像することが出来るでしょう。

この章は、FDAがいかに政治的な圧力に影響されているか、その圧力の下では国際的な法で定められている基本人権を無視し、未検査のワクチンまで許可してしまうかを皆さんに示すために付け加えました。この章は、「こんな話は、医者の専門だから私が読む必要はない」と言う親達のためのものです。皆さんのお医者さん達が実際にどのワクチンを接種するべきかを決める政府機関がどんな仕組みになっているのか、これが生きた証拠と言えるものですから。

その後のアフガニスタンとイラク間の誤解問題の際には、多くのアメリカ兵は湾岸戦争症候群の一件から学んでいたため、ワクチンを信用する気になれず、接種を拒否しました。しかしそこでも同じことが起こりました。兵達は投獄され、階級を落とされ、脅され、罰金を取られ、免職されたのです。

ワクチンを拒否する兵達が余りにも増えたため、米軍は新しく軍規則#600を設定しました。その規則の5.4章のB2aとB2bには、こう記載されています。

「兵達は、予防注射を受けるか否かの選択権を持たないこととする...この任務に当たり、軍医は予防接種を受けさせるために必要なだけの力を使うべきとする。指令に従って働いている軍医が兵士の予防接種に対する拒否意思を克服するためには、必要な効力は如何なる手段のものでも提供されるものとする...兵士達には、彼らの同意の有無に関わらず、予防注射を受けさせるということを忠告しておくべきである。 [355]

現在のイラク : 第2の湾岸戦争症候群

2001年にたんそ病ワクチンが再任されてからは、米軍兵は6回分の接種を強いられることになりました。検疫で隔離されていたワクチンの在庫が、突然「認可」され、新しく検査テストなどは一切行なわれませんでした。そして思ったとおり、2002年10月には、製薬会社がこのたんそ病ワクチンを非軍人-つまり、一般人全員にも接種するように推奨してきたのです。

2004年3月、合衆国政府は2つの製薬会社に、2千5百万人分になる75回分のたんそ病ワクチンを注文しました。この時の費用は全額1億ドルちかくにもなります。その理由とは:「バイオテロの攻撃」があったら即時に大都市にワクチン接種を実施できるようにとのことです。また、この魔法の一言が使われました。

2003年のイラク「戦争」の準備として、2百万人以上の米軍兵が天然痘、たんそ病、そのた沢山のワクチン接種を受けました。彼らはワクチン市場の犠牲捕虜になったのです。その結果、第二の湾岸戦争症候群が生まれ、最初に発生したケースとしては、2005年6月にたんそ病ワクチンによる負傷が1200件も報告されています。[47]この事件もいつものようにもみ消されましたが、これだけは言っておきます:第二の湾岸戦争症候群は、最初のケースがちっぽけに見えるくらいに、非常に大規模で症状も酷いものだったのです。
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
Admin
記事一覧表記は引っ越し前のアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。 (アメブロは残しているので閲覧は可能です) まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、探したいキーワードなどから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。
プロフィール

予防接種の参考書

Author:予防接種の参考書
・このブログはアフィリエイトは一切含んでいません。
アメブロからFC2ブログへ引っ越してきました。

FC2ブログ記事中の関連記事紹介のURLがアメブロのURLのまま反映されていますので、
元ブログのアメブロは残しています。

気づいたときにFC2ブログのURLに変更していく予定ですので、何卒ご了承ください。

アメブロと同タイトルの記事がFC2ブログにもありますので、宜しくお願いします。過去記事への追記情報などもfc2ブログの記事のみに行っています。
タイトルに■をつけている記事に、よく追記情報を追加しています。
・ツイッターからの転載ツイは、嫌がらせやネットでの集団叩きが激しいことなど考慮して、一般の方はHNを伏字or削除させて頂いています。
医療関係者の方は、責任もっての発言と思われますのでHNもそのままツイ内容と一緒に貼らせて頂いています。

・2012/09以降の最新記事更新はFC2ブログのみで行います。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


国内でのワクチンに関するニュースなど紹介しています。
他に、
予防接種の参考書「大切な人を守るために」 ( 54記事 )
海外で出版されている予防接種の書籍の簡単な日本語翻訳版が読めます。(邦訳未出版ですので、お早めに読まれることをおすすめします。)

予防接種の参考書を最初の記事から読む(ここをクリック)
記事一覧表記はアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。
まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、キーワードから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。

目次 記事一覧は(ここをクリック)


(※簡易翻訳以外の記事は全てネット上や書籍に公開されている情報が元に転載して紹介しています、推進派の脅し対策として、各利用者の責任で記載されたものであり当方はその内容につき一切責任を負わないものとします。
各記事ごとに、ソース元はわかるように貼付していますので、ご不明な点はソース元でご確認ください。)

~翻訳者Hariさんのメッセージ~
私が大きく影響を受けた予防接種の参考本をご紹介させて下さい。

著者は、アメリカのホリスティック研究者であるDr.Tim O'Sheaで、
原本のタイトルはThe Sanctity of Human Blood : Vaccination I$ NOT Immunizationです。


The Sanctity of Human Blood : Vaccination is Not Immunization (Fifth Edition) [Paperback]
Tim O'Shea (Author)


翻訳本の方は、「予防接種の本当の意味ー大切な人を守るために」としました。

私自身、自分だけの時には何も深く考えずに予防接種を受けていましたが、
娘が生まれからは、
「子供の身体に注射するものだし、健康や命に関わるものだから、まずはどんなものなのかその実態と効能、危険性について親が知った上で判断したい」と思うようになりました。

同じ様に、ただ家族や医者から聞いたほんのちょっとの情報だけで、またはそのプレッシャーに押されて、

よくわからないままワクチン接種を受けてしまう方、

あるいは疑問を感じても参考になる情報をどこで探したらよいのか判らない方、

またはただ副作用が怖いらしい、といううわさだけで、確信はないが受けていないという方

色々だと思います。

私もそうした時期にこの参考書に出会い、まさに目からうろこの体験でした。
そして、自分の知りえた情報を分かち合いたいと思い、Dr.ティム オシアーに了承を得た上で、この本を日本語訳することにしました。

彼の本は、ワクチン接種の始まりと歴史から、現代のワクチンの実情に至るまで、細かい裏づけの参考資料とともに、一般の人にもわかりやすい内容で教えてくれます。

さらに、この本で使用している参考資料は、政府機関、主流の医学誌といった
「ワクチン接種を薦めている側」の資料なので、「ワクチン反対派」が感情的にいった不確定な情報なのでは、という心配がありません。

掲載している情報は、主にアメリカの状況が中心ですが、日本の現状を知るにも十分役に立つものです。
何より、ワクチン製造業者と政府間の権力及び資金関係の結びつき、メディアへの影響力などは、アメリカに限るものとは言えませんから、実に興味深いと思います。

翻訳の全文章を、私の日記に項目ごとにわけて掲載してあります。
ただし、こちらは校正チェック前の文章ですので、多少読み苦しい箇所もあるかも知れません。

今回、著者のウェブサイトに日本語版を電子書籍(e-book)という形で掲載しましたので
ご興味のある方はぜひこちらの方をご覧になって下さい。購入に
は$25かかりますが、その価値は十分あると思います。

(注※当ブログに簡易翻訳版を記事・日記にしているので
購入しなくてもある程度読めます。
上記の目次欄
でご確認ください。
翻訳者様の紹介メッセージをそのまま転載しただけで
購入をすすめているわけではありません。
いつか日本語版が日本でも出版されることを願っています。)

www.thedoctorwithin.com

books & CDs という欄をクリックすると掲示されます。

まずは、日記のほう(無料)をお読みになってから
ご検討くださると良いと思います!

それでは、
この本で得た情報が、一人でも多くの両親と子供達の役に立つことが出来ますように!





医薬品医療機器情報提供ホームページ(医薬品名、ワクチン名検索で、成分、製造法、副作用の医薬品添付文書をPDFファイルで閲覧可能)

その他
薬のチェックは命のチェック No.43[特集]ヒブ・肺炎球菌ワクチン
●予防接種前から髄膜炎は減っている。



ワクチンは効かない
偽の抗体と免疫に、感染予防効果なし。
医師の見解
まちがいだらけの予防接種

多数の人骨が発掘された731部隊「防疫研究室」跡地に建設を強行した、国立感染症研究所を提訴した裁判(上)
感染研における最近の不祥事について【バイオハザード予防市民センター】
バイオハザード予防市民センター



ブックマーク一覧

麻疹・風疹ワクチンのウイルス株の型は自然界には流行していない

日本の風疹HI法の抗体価は国際基準EIA法にすると3倍高い→ワクチン接種対象者が2.6倍に


 














にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 病気情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
リンク
ツイッターおすすめまとめ
まとめツールをブログに貼らせて頂いていますが、外したほうが良い場合は、 コメント欄からお知らせくださいませ。
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。