スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




AIDS (続き)

HIVがAIDSの原因でないとなると、原因は何なのでしょう?

一般常識では、HIVがAIDSを引き起こし、AIDSが死を引き起こす、とされています。そしてこの説は絶え間ないメディア報道と、この説を支持する研究内容しか出版しないように厳しくコントロールされた出版環境によって、一般の人々に信じ続けられています。しかし問題は、科学的に見るとこの説を支持することは不可能だ、という点なのです。

まず第一に、私達がAIDSと呼んでいるもの自体、ある特定の1つの病気ではない可能性が挙げられます。これは、リスク区分に該当する人々が、似たような荒れた生活環境の結果として自分の免疫系を破壊していまい、似たような死に方をしている、というだけなのかもしれません。

Laurie Garrettも指摘していますが、サンフランシスコやニューヨークに住むゲイの人々の多くは、80年代にAIDSが「発見」されてからもあまり変わらないライフスタイルで生活しています。[223]避妊道具も使わず、多数のセックスパートナーを持ち、食生活も荒れていて、亜硝酸アミルや他のパーティードラッグを集団で摂取し、抗生物質剤や他の処方薬をつづけざまに使用し、水分不足、栄養不足など-これら1つだけでも、深刻な免疫抑制の原因になるものですが、これらを全て行なえば、免疫系を全滅させてしまうことだってありえます。そしてこれが、AIDSの実態なのです。体があまりにも困惑し、栄養不足で毒に溢れているせいで、外部からの侵入物と自らの毒された細胞との見分けが付かなくなってしまうのです。そのため、体は自らを攻撃しはじめます。

その他のハイリスク区分に該当する人々も、同じです。貧困、IVドラッグ依存者、体を毒するライフスタイル-これらが免疫系を病的に低下させてしまい、それで全てはおしまい、というわけです。

80年代においては、AIDSはライフスタイルが原因の病気でした。しかし90年代においても、AIDSは同じくらいの頻度でAZTなどのドラッグが原因になっている、とNullは示しています。

AIDS関連の薬が引き起こすようなダメージを、HIVだけで引き起こすことは絶対無理です。でも、AIDSはだんだんと悪化し、死に至る病気とされていますから、どれが病気の症状で、どれがAIDSの薬による副作用かを区別しようとする人はいないでしょう。[165]これこそ、理想の市場商品ではありませんか!

AIDSで死亡する人よりは、AZTドラッグが原因で死亡する人のほうが多いと言えます。現在、AIDS患者の死亡原因のうち、最大の要因はAZTなどのAIDS薬を使用した結果、肝臓がやられてしまうというものです。(World AIDS Conference,[130])

製薬会社や、FDAとNIH機関にいる製薬会社側の役員達からの絶え間ない圧力を受け、AZTはいまや、反論の余地もない確かな栄光の座に鎮座しています。(Mullis –video)[130]
それに対し、AIDS/HIV/AZTという厳粛な教えに対抗する研究者は、すぐさま資金援助を途絶えられ、自らの研究発見を出版する道さえ奪われてしまうのです。(Duesberg)[314]

AZTはもともと、60年代に癌の化学療法で使われていた薬でしたが、あまりにも毒性が強かったため廃止されました。これは細胞毒(いわゆる細胞キラー)といって、DNAの結合を阻止してしまいます。そのAZTが、AIDSの到来と共に、「AIDSの救世主」という新ピカのPR宣伝をもらって、また倉庫から引っ張り出されてきたのです。再検査など、一切行なわれてはいません!Nullの指摘によれば、AZTは長期的に使用すると「非常に毒性の強い」薬ということですから、AIDS宗教のなかでこんなに御高い位置におかれているのもないか筋が通っているのかもしれませんね。[165]

地獄行き

UCバークレー大学のPeter Duesberg PhDは、レトロウイルスの遺伝子を最初に隔離した科学者ですが、彼はまた、この新しいAIDS/HIVという宗教的な教えに逆らおうものなら容赦なくぺちゃんこにしてしまう、怪物のような情報スチームローラーに最初に対抗した人物でもあります。[314]

本当に悪質なのは、こうした免疫が抑制されている患者たちが、HIV陽性でAZTを取らなければ、死んでしまうという考えを鵜呑みにしてしまって、実際に症状をなおしてくれるかもしれない治療法に目を向けることが出来なくなっているということだと、Nullは遺憾を示しています。AZTやその類の薬で治ったAIDS患者など、今まで1人もいないのに、そのことには誰も気付いていないようです。[165]しかし今、この事実は一般にも認知され始めてきて、NIHの取締役であるDr.Anthony Fauciでさえ認めています。[347]

AIDSワクチン

AIDSワクチンは何年も前から、開発計画が練られていましたし、ウガンダやトリニランド、タイ、そして合衆国において検査テストが行なわれてきました。1999年にはVaxGenというシリコンバレー地域のバイオ技術会社が、ハイリスク区分の5000人の志願者にAIDSワクチンを試し始めました。(www.jasmyn.org/vaxgen/, Washington Post[198,197] )2003年1月までにタイのFDAがサプリメント食品として許可し、受け入れたAIDSワクチンは1200万回分以上にもなり、6万人もの患者が接種を行なっています。(journal Vaccine [105])

鳥というプレゼント

2002年3月のJAMA誌に掲載された記事は、ワクチン研究というものが本当はどれだけ科学的なものなのか、決定付けるものだったと言えるでしょう。この記事はなんと、安全なワクチンの培養体として「カナリヤ痘」の使用がestablishedだと報道したのです!(Vastag [139])感染したカナリヤの細胞膜が、AIDSワクチンを培養するのにより好ましい、と言うのです。

今まで何年もの間、一般の報道からAIDSについての知識を得てきた普通の読者の方は、上記の一節を呼んで「気違いじみている」と感じることでしょう。もう一度言いますが、ここに書いてあることはすぐさま信じないで、掲載している参考資料を調べてみてください。

AIDSワクチン会議

2001年1月20日、ワシントンDCで報道会議が開かれ、Barbara Lou FisherやattorneysのWalter Kyle,Jim Turnerなど、数人の研究者のプレゼンテーションが行なわれました。この会議の目的は、1つのAIDSワクチン開発のためには何百万ドルという費用がかかることに、人々の注目を向けることです。[315]すでに当時には、他のワクチン開発にかかる費用の4倍もの額が、AIDSワクチン開発のために使われていました。

このワクチンのもともとの推進資金のほとんどは、当ワクチンの世界的な可能性を把握している、Bill Gatesが出資しています。その後、Bush大統領が2002年、AIDSワクチン研究資金を25%増しの3億6千7百万ドルに引き上げると提案しました。(Gerrett)[160]

ここで検討されていた案とは、いつかは秘密ですが将来において、世界中の12歳児すべてにAIDSワクチンを与えられるようにする、というものです。[315]

この2001年会議で提案された点をいくつか挙げてみます。

-新しいワクチンは、今までに一度もAIDSの原因だと証明されたことの無い、HIVに対するワクチンにすること。

-このワクチンを受けた人は、HIV陽性になるということ [281]

-科学的にはまったく受け入れがたい説だが、PR推進部はこのワクチンがAIDSに対して免疫をつけてくれる、と宣伝すること。

-このワクチンのターゲットは、全ての12歳児にすること。

-USの軍隊兵達に、本人達には気付かれないまま、AIDSワクチンの接種テストを実地する可能性。

HIVを「発見」した2人の科学者、Luc Montagnier とRobert Galloは両者とも、HIVはAIDSの原因ではないという主張を保っています。

更なる昇進

2003年7月、世界AIDS プログラムは飛躍的な展開を迎えました。

「Bush大統領が 製薬会社の元重役を、アフリカとカリブ海地域におけるAIDS対策として新しく設けらた15億ドルのプログラムの取締役に任命した」のです。

大統領が使節に任命したRandal Tobiasとは、Eli Lilly & Co社の前CEOだった人物です。[81]Eli Lilly社と言えば、ワクチン製造会社ではありませんか!


それに15億ドル?この額は、いままでにワクチンの市場売り出しに使われてきた費用の、100倍にもなります。が、これもやはり、単なる経済的な理由からなるものです。AIDSワクチンは世界規模で売れる市場商品なのですから。

AIDSワクチンをウェブ検索してみると、一度も隔離されたこともなく、連続性も分かっていない、とらえどころの無いHIVウイルスの観点から書かれた、確かなことは何も教えてくれない空虚でまやかしの記事ばかりが何百件も該当して出てきます。

急がなくても大丈夫

時がたつにつれ、AIDSワクチン開発に関するあの熱狂的な称賛が徐々に緩まってきたのに皆さんはお気づきでしょうか?Bill Gatesは2007年に、このワクチンが売り出されるのはあと10年後だろうと予測しています。[53]90億ドルものR&D業が景気よく進んでいるのですから、売り出しを急ぐ必要はない、ということです。ワクチン業界の他のほとんどの商品と同様、AIDSワクチンプログラムも、私達を怖い病気から救ってくれることが目的では決してなく、私達を怖い病気から救ってあげますよと宣伝し売り出すことが目的だということを、忘れてはいけません。こうしたプログラムには、毎年の多額の世界経費、実際に研究成果を求められることは決してない研究への巨額の補助金、そして何千万人という研究員の科学者達のキャリアが関わっているのです。

舞台効果も薄れてきたころ
最近の失敗続きの人体実験のせいか、AIDSの偽りの栄光は、だんだんと保持が難しくなってきています。2008年には少なくとも9つのAIDSワクチン 試験が中止になりましたが、これは約束した免疫効果が無いからだけではなく、もっと悪いことに実験体となった人々のAIDSへの抵抗力が、ワクチンのせいでより弱くなってしまったことが理由です。[11]25年間の年月と、毎年何億ドルもの資金を費やして研究を行なった結果、先端をいく科学者達が次々と、AIDSワクチンの製造方法は未だに分からないと公然に認めてきています。

HIVウイルスの正体さえ明らかになっていないのですから、別にこれには驚きませんが。

2008年のあるアフリカ調査研究では、試験ワクチン を受けた人々の方が、ワクチンの影響でよけいにAIDSにかかりやすくなるという結果が出ています。ちょうど、天然痘やポリオ、百日咳の場合と同じです。

以上から、HIVがAIDSの原因だと証明されたことは1度もないが、AIDSワクチンが原因になることは証明された、ということになります。

科学的にはSARSや鳥インフルエンザ、たんそ病と同じく、沈みかけの泥舟に乗った状態のAIDSワクチンプログラムですが、世界の政治事情に必要とされているため、そしてこれにはお金が絡んでいるために、今までずっと素晴らしいものだと見せかける工作がなされてきました。実際に何の製品も作り上げずに、こんなに長い間生き残れた産業は、AIDSワクチンのビジネスだけです。これは、100%理論上にのみ存在するものであり、しかもその理論自体が最初から間違っていたのです。そして今では、科学界における世界有数の支持者達でさえ、間違った科学的根拠にいくら資金をつぎ込んでも、自然の物理法を変えることは出来ないのだと理解し始めています。こうした科学者の多くは、何年もの間こうした疑念を抱えてきたのですが、昔と今との違いは、いつまでもずっと嘘の振りをしていくのは不可能だと彼らにも分かってきたということなのでしょう。

このプログラムは、当分終了される予定ではありませんが、最上部の間ではAIDSワクチンの終わりの鐘の音が、かすかに聞こえてきているとのことです。

このワクチンは、ちょうど天然痘ワクチンと同じ様に、長くひっそりとした死期を迎えることでしょう。10年後あたりには、おそらくまるで最初から存在しなかったかのようになるでしょう。ですから、今皆さんがここで読んだことは忘れない様にして下さい。
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
Admin
記事一覧表記は引っ越し前のアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。 (アメブロは残しているので閲覧は可能です) まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、探したいキーワードなどから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。
プロフィール

予防接種の参考書

Author:予防接種の参考書
・このブログはアフィリエイトは一切含んでいません。
アメブロからFC2ブログへ引っ越してきました。

FC2ブログ記事中の関連記事紹介のURLがアメブロのURLのまま反映されていますので、
元ブログのアメブロは残しています。

気づいたときにFC2ブログのURLに変更していく予定ですので、何卒ご了承ください。

アメブロと同タイトルの記事がFC2ブログにもありますので、宜しくお願いします。過去記事への追記情報などもfc2ブログの記事のみに行っています。
タイトルに■をつけている記事に、よく追記情報を追加しています。
・ツイッターからの転載ツイは、嫌がらせやネットでの集団叩きが激しいことなど考慮して、一般の方はHNを伏字or削除させて頂いています。
医療関係者の方は、責任もっての発言と思われますのでHNもそのままツイ内容と一緒に貼らせて頂いています。

・2012/09以降の最新記事更新はFC2ブログのみで行います。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


国内でのワクチンに関するニュースなど紹介しています。
他に、
予防接種の参考書「大切な人を守るために」 ( 54記事 )
海外で出版されている予防接種の書籍の簡単な日本語翻訳版が読めます。(邦訳未出版ですので、お早めに読まれることをおすすめします。)

予防接種の参考書を最初の記事から読む(ここをクリック)
記事一覧表記はアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。
まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、キーワードから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。

目次 記事一覧は(ここをクリック)


(※簡易翻訳以外の記事は全てネット上や書籍に公開されている情報が元に転載して紹介しています、推進派の脅し対策として、各利用者の責任で記載されたものであり当方はその内容につき一切責任を負わないものとします。
各記事ごとに、ソース元はわかるように貼付していますので、ご不明な点はソース元でご確認ください。)

~翻訳者Hariさんのメッセージ~
私が大きく影響を受けた予防接種の参考本をご紹介させて下さい。

著者は、アメリカのホリスティック研究者であるDr.Tim O'Sheaで、
原本のタイトルはThe Sanctity of Human Blood : Vaccination I$ NOT Immunizationです。


The Sanctity of Human Blood : Vaccination is Not Immunization (Fifth Edition) [Paperback]
Tim O'Shea (Author)


翻訳本の方は、「予防接種の本当の意味ー大切な人を守るために」としました。

私自身、自分だけの時には何も深く考えずに予防接種を受けていましたが、
娘が生まれからは、
「子供の身体に注射するものだし、健康や命に関わるものだから、まずはどんなものなのかその実態と効能、危険性について親が知った上で判断したい」と思うようになりました。

同じ様に、ただ家族や医者から聞いたほんのちょっとの情報だけで、またはそのプレッシャーに押されて、

よくわからないままワクチン接種を受けてしまう方、

あるいは疑問を感じても参考になる情報をどこで探したらよいのか判らない方、

またはただ副作用が怖いらしい、といううわさだけで、確信はないが受けていないという方

色々だと思います。

私もそうした時期にこの参考書に出会い、まさに目からうろこの体験でした。
そして、自分の知りえた情報を分かち合いたいと思い、Dr.ティム オシアーに了承を得た上で、この本を日本語訳することにしました。

彼の本は、ワクチン接種の始まりと歴史から、現代のワクチンの実情に至るまで、細かい裏づけの参考資料とともに、一般の人にもわかりやすい内容で教えてくれます。

さらに、この本で使用している参考資料は、政府機関、主流の医学誌といった
「ワクチン接種を薦めている側」の資料なので、「ワクチン反対派」が感情的にいった不確定な情報なのでは、という心配がありません。

掲載している情報は、主にアメリカの状況が中心ですが、日本の現状を知るにも十分役に立つものです。
何より、ワクチン製造業者と政府間の権力及び資金関係の結びつき、メディアへの影響力などは、アメリカに限るものとは言えませんから、実に興味深いと思います。

翻訳の全文章を、私の日記に項目ごとにわけて掲載してあります。
ただし、こちらは校正チェック前の文章ですので、多少読み苦しい箇所もあるかも知れません。

今回、著者のウェブサイトに日本語版を電子書籍(e-book)という形で掲載しましたので
ご興味のある方はぜひこちらの方をご覧になって下さい。購入に
は$25かかりますが、その価値は十分あると思います。

(注※当ブログに簡易翻訳版を記事・日記にしているので
購入しなくてもある程度読めます。
上記の目次欄
でご確認ください。
翻訳者様の紹介メッセージをそのまま転載しただけで
購入をすすめているわけではありません。
いつか日本語版が日本でも出版されることを願っています。)

www.thedoctorwithin.com

books & CDs という欄をクリックすると掲示されます。

まずは、日記のほう(無料)をお読みになってから
ご検討くださると良いと思います!

それでは、
この本で得た情報が、一人でも多くの両親と子供達の役に立つことが出来ますように!





医薬品医療機器情報提供ホームページ(医薬品名、ワクチン名検索で、成分、製造法、副作用の医薬品添付文書をPDFファイルで閲覧可能)

その他
薬のチェックは命のチェック No.43[特集]ヒブ・肺炎球菌ワクチン
●予防接種前から髄膜炎は減っている。



ワクチンは効かない
偽の抗体と免疫に、感染予防効果なし。
医師の見解
まちがいだらけの予防接種

多数の人骨が発掘された731部隊「防疫研究室」跡地に建設を強行した、国立感染症研究所を提訴した裁判(上)
感染研における最近の不祥事について【バイオハザード予防市民センター】
バイオハザード予防市民センター



ブックマーク一覧

麻疹・風疹ワクチンのウイルス株の型は自然界には流行していない

日本の風疹HI法の抗体価は国際基準EIA法にすると3倍高い→ワクチン接種対象者が2.6倍に


 














にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 病気情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
リンク
ツイッターおすすめまとめ
まとめツールをブログに貼らせて頂いていますが、外したほうが良い場合は、 コメント欄からお知らせくださいませ。
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。