スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




プレベナーワクチン

プレブナー

2002年に接種表に加わって以来ずっと、プレブナ-ワクチン(PCV)は論争の的になってきました。プレブナーワクチンとは、strep pheumoniaeとジフテリアのバクテリアを含むワクチンで、中耳炎と細菌性髄膜炎を予防する効果があるとして売られています。

このプレブナーワクチンの最も大きな問題点は、驚いたことに予防の対象になるのが大抵の場合ただの耳の痛みで終わってしまう中耳炎だということです。実際、乳児は皆一時的な耳の痛みを経験するものですし、そうした痛みは軽度で、大してひどくならずに1日、2日で治ってしまいます。2007年度のPDRでさえ、90%の乳児が耳の痛みを経験すると記載しています。[251]

中耳炎の定義を見てみると「鼓膜の外観に異常に液体が溜まっていること」([251], p3468)とされていて、驚いてしまうかもしれません。けれどこれは、赤ちゃんの耳の中を覗いてみると、鼓膜が赤くなっているのが見えるという意味です。こんな症状なら、ただ泣いた後でも起こります。このいわゆる中耳炎と呼ばれている症状を診断するのには、耳の中を覗いてみるだけで十分で、何の試験管テストや血液検査も必要ではありません。そしてもし乳児にこの症状があっても、別に何の治療もいらないのです。

それなのにどうして、こんな軽い症状を予防するために、子供の血液を侵害したりする必要があるのでしょう?

こんなに必要性の薄いワクチンですが、では副作用はどんなものでしょうか?製薬会社による、実例の一部を挙げてみます。

発熱      アナフィラキシーショック
発作      じんましん
不心全    胃腸炎
湿疹      膣炎
ぜんそく    息づまり
肺炎(!)   結膜炎
(!)         - 2007 PDR p3468 [251]

ちょっと待ってください。このワクチンを受けて起きる副作用が、中耳炎ですって?
それを予防するためのワクチンじゃなかったんですか?それから、肺炎?健康な子供の体にstrep pheumoniaeなど注射して、肺炎を引き起こすかもしれないことくらい、判らなかったのでしょうか?その他の副作用反応だって、ずいぶん深刻な症状があります。

製薬会社の記録している、元々の臨床検査の詳細を見てみると、接種を受けた者はその他の通常規定のワクチン全部も同時に接種したということです。では、その他のワクチンの中で中耳炎を副作用に挙げているものは幾つあるでしょうか?答えは、5種類です。

ということはつまり、こうしたその他のワクチンの副作用反応に対応するために、新しくこのワクチンも接種する必要がある、という訳なのでしょうか?どうも、その様です。この臨床検査を正しく行なおうとするならば、対象者のグループは皆、ワクチン接種を受けたことのない子供達にしなければいけなかったはずですから。

ところで、この最初の臨床検査の結果、対象者のうち12人が死亡しています。

次に、プレブナーワクチンのセールスの凄いところは、合衆国ではごく非常に稀な病気である細菌性髄膜炎の予防を主張している点です。2007年度のPDRには、この病気の発症率は「10万人に7人」([251] p3463) であると書いてあり、参考資料としてNew England Journal of Medicine誌の1997年10月2日付けの記事に載っている研究を挙げています。[143]しかし、そのNEJM誌の研究に書かれている数表を実際に見てみると、細菌性髄膜炎は1万人に1人以下の発症率とされているではありませんか!(Schuchat [143], page 970) PDRのセールス部門の係りはおそらく、自分達の記載した参考資料を実際に調べてみる奴などいないだろうと思ったのでしょうし、まあそれは大体の場合当たっているのですが...。

これで、次の2つのことがわかりました。
1. PDRの資料は、必ずしも絶対本当だと信じてはいけないこと
2. 細菌性髄膜炎は、彼らの主張している倍率より7倍も稀な発症率であること。

効能の証明

次の問題点であるプレブナーの効果面を見てみましょう。このワクチンには効果があるのでしょうか?英国人の教育者であるマイケル ホーウィンはこの問題点を真正面から見据えた、「Prevner: a critical review of a new childhood vaccine」という非常に良く調べられた記事を書いています。[144]プレブナーワクチンの最初のいくつかの実験調査の結果では、このワクチンによる耳の痛みの発症予防効果はたった7%にしかなりませんでした。そして彼らの主張するプレブナーの最大の効能性は、このたった7%なのです。子供時代の軽い耳の痛みのために、上記のような危険な副作用を伴うワクチンを、しかも効く可能性がたった7%しかないワクチンを接種するというわけです。

ホーウィンは又、プレブナー及びWywthAyerstワクチンを認可したFDAの顧問委員会の役員達と製薬会社との経済的な繋がりについて、詳しい分析も載せています。彼は、世界的なツアー講義をしたり、莫大な研究資金を貰ったり薬学誌に何ページもの記事で取り上げられたりしている専門医達、つまり最も目に見えるプレブナー支持者である人たちが、実際どんな資金報酬を得ているかを、非常に明らかに示しています。この2者の親密関係を示した記事を数分間読んだだけでも、この問題の全体像がかなりはっきりしてくるでしょう。[144]

癌と不妊症

発がん性を否定する文章は大抵こんな感じですが、製薬会社によるプレブナーの2007年度資料にはこう書かれています。「発がん性及び繁殖機能への危害は判明していない。」([215] p3467) つまりこれは、この必要性の薄いワクチンの接種を受けた子供が癌を引き起こしたり、その子が将来不妊症になったり生殖機能に障害を持ったりするかどうかさえ、製薬会社側は知りませんよ、という意味です。全く凄い態度ですよね?

最後に、驚いてしまうかもしれませんが、プレブナーの臨床検査の数々は髄膜炎ではなく、中耳炎に関する検査であったことに気付かれましたか?髄膜炎に関して言えば、PDRは効能がある、とさえ主張していません。それなのにCDCの宣伝文句では何の科学的根拠もなく、このワクチンが髄膜炎に効くと薦めているのです。上記にあげた統計表は、ただのまやかしに過ぎないというわけです。ですから、国中の小児科セールス部門が揃って、プレブナーは中耳炎と髄膜炎を予防するといっているのに反し、製薬会社側は髄膜炎の予防性に関する研究結果などは一度も掲載したことがないのです。これはただのセールス技であり、この主張にはなんの裏づけもありません。

そしてプレブナーが接種義務表に加わった当時、びっくりしてしまうことに推奨接種回数は最初から生後2、4、6、12ヶ月の4回とされていたのです。さらに、生後2ヶ月の接種時には、なんと他の5種類のワクチン接種と同じ日に接種を行なっています!そして前に挙げたように、現在もこの接種指定表は同じままで続いているのです。

「理論上の病気」の誕生

プレブナーワクチンの登場は、従来の接種指定ワクチンの考え方に、新たな風を吹き込みました-これからは、理論上の病気にもワクチンを薦めることになったのです。今までは、MMRやDPT、肝炎や天然痘など、各自特有の病原菌が原因とされる通常の伝染病に対してワクチンが必要だとされていましたが、9/11事件後の現在では、もはや本物の病気でなくても、ワクチンが必要だということが出来るようになってしまいました。今ではただ、名前のラベルを付けて、その後何かの危険性を宣伝すれば良いだけです。危険性は、どんなものでもOKです。

例えば、耳の鼓膜がちょっとの間赤くなった、というだけでも。
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
Admin
記事一覧表記は引っ越し前のアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。 (アメブロは残しているので閲覧は可能です) まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、探したいキーワードなどから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。
プロフィール

予防接種の参考書

Author:予防接種の参考書
・このブログはアフィリエイトは一切含んでいません。
アメブロからFC2ブログへ引っ越してきました。

FC2ブログ記事中の関連記事紹介のURLがアメブロのURLのまま反映されていますので、
元ブログのアメブロは残しています。

気づいたときにFC2ブログのURLに変更していく予定ですので、何卒ご了承ください。

アメブロと同タイトルの記事がFC2ブログにもありますので、宜しくお願いします。過去記事への追記情報などもfc2ブログの記事のみに行っています。
タイトルに■をつけている記事に、よく追記情報を追加しています。
・ツイッターからの転載ツイは、嫌がらせやネットでの集団叩きが激しいことなど考慮して、一般の方はHNを伏字or削除させて頂いています。
医療関係者の方は、責任もっての発言と思われますのでHNもそのままツイ内容と一緒に貼らせて頂いています。

・2012/09以降の最新記事更新はFC2ブログのみで行います。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


国内でのワクチンに関するニュースなど紹介しています。
他に、
予防接種の参考書「大切な人を守るために」 ( 54記事 )
海外で出版されている予防接種の書籍の簡単な日本語翻訳版が読めます。(邦訳未出版ですので、お早めに読まれることをおすすめします。)

予防接種の参考書を最初の記事から読む(ここをクリック)
記事一覧表記はアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。
まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、キーワードから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。

目次 記事一覧は(ここをクリック)


(※簡易翻訳以外の記事は全てネット上や書籍に公開されている情報が元に転載して紹介しています、推進派の脅し対策として、各利用者の責任で記載されたものであり当方はその内容につき一切責任を負わないものとします。
各記事ごとに、ソース元はわかるように貼付していますので、ご不明な点はソース元でご確認ください。)

~翻訳者Hariさんのメッセージ~
私が大きく影響を受けた予防接種の参考本をご紹介させて下さい。

著者は、アメリカのホリスティック研究者であるDr.Tim O'Sheaで、
原本のタイトルはThe Sanctity of Human Blood : Vaccination I$ NOT Immunizationです。


The Sanctity of Human Blood : Vaccination is Not Immunization (Fifth Edition) [Paperback]
Tim O'Shea (Author)


翻訳本の方は、「予防接種の本当の意味ー大切な人を守るために」としました。

私自身、自分だけの時には何も深く考えずに予防接種を受けていましたが、
娘が生まれからは、
「子供の身体に注射するものだし、健康や命に関わるものだから、まずはどんなものなのかその実態と効能、危険性について親が知った上で判断したい」と思うようになりました。

同じ様に、ただ家族や医者から聞いたほんのちょっとの情報だけで、またはそのプレッシャーに押されて、

よくわからないままワクチン接種を受けてしまう方、

あるいは疑問を感じても参考になる情報をどこで探したらよいのか判らない方、

またはただ副作用が怖いらしい、といううわさだけで、確信はないが受けていないという方

色々だと思います。

私もそうした時期にこの参考書に出会い、まさに目からうろこの体験でした。
そして、自分の知りえた情報を分かち合いたいと思い、Dr.ティム オシアーに了承を得た上で、この本を日本語訳することにしました。

彼の本は、ワクチン接種の始まりと歴史から、現代のワクチンの実情に至るまで、細かい裏づけの参考資料とともに、一般の人にもわかりやすい内容で教えてくれます。

さらに、この本で使用している参考資料は、政府機関、主流の医学誌といった
「ワクチン接種を薦めている側」の資料なので、「ワクチン反対派」が感情的にいった不確定な情報なのでは、という心配がありません。

掲載している情報は、主にアメリカの状況が中心ですが、日本の現状を知るにも十分役に立つものです。
何より、ワクチン製造業者と政府間の権力及び資金関係の結びつき、メディアへの影響力などは、アメリカに限るものとは言えませんから、実に興味深いと思います。

翻訳の全文章を、私の日記に項目ごとにわけて掲載してあります。
ただし、こちらは校正チェック前の文章ですので、多少読み苦しい箇所もあるかも知れません。

今回、著者のウェブサイトに日本語版を電子書籍(e-book)という形で掲載しましたので
ご興味のある方はぜひこちらの方をご覧になって下さい。購入に
は$25かかりますが、その価値は十分あると思います。

(注※当ブログに簡易翻訳版を記事・日記にしているので
購入しなくてもある程度読めます。
上記の目次欄
でご確認ください。
翻訳者様の紹介メッセージをそのまま転載しただけで
購入をすすめているわけではありません。
いつか日本語版が日本でも出版されることを願っています。)

www.thedoctorwithin.com

books & CDs という欄をクリックすると掲示されます。

まずは、日記のほう(無料)をお読みになってから
ご検討くださると良いと思います!

それでは、
この本で得た情報が、一人でも多くの両親と子供達の役に立つことが出来ますように!





医薬品医療機器情報提供ホームページ(医薬品名、ワクチン名検索で、成分、製造法、副作用の医薬品添付文書をPDFファイルで閲覧可能)

その他
薬のチェックは命のチェック No.43[特集]ヒブ・肺炎球菌ワクチン
●予防接種前から髄膜炎は減っている。



ワクチンは効かない
偽の抗体と免疫に、感染予防効果なし。
医師の見解
まちがいだらけの予防接種

多数の人骨が発掘された731部隊「防疫研究室」跡地に建設を強行した、国立感染症研究所を提訴した裁判(上)
感染研における最近の不祥事について【バイオハザード予防市民センター】
バイオハザード予防市民センター



ブックマーク一覧

麻疹・風疹ワクチンのウイルス株の型は自然界には流行していない

日本の風疹HI法の抗体価は国際基準EIA法にすると3倍高い→ワクチン接種対象者が2.6倍に


 














にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 病気情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
リンク
ツイッターおすすめまとめ
まとめツールをブログに貼らせて頂いていますが、外したほうが良い場合は、 コメント欄からお知らせくださいませ。
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。