スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




インフルエンザのワクチン接種

インフルエンザ予防接種

これは先ほどのH.Influenzaeワクチンとは全く無関係の、インフルエンザワクチンのことですが、これは比較的新しく開発されたもので、儲けもかなり大きなワクチンです。

インフルエンザワクチンに関する誤った情報や政治的な裏工作がいかに世間に溢れているかは、ほんの少し調べてみればすぐに分かることでしょう。

インフルエンザとは、たった1つの季節の間に感染者の間で常にバージョンUPし続けることが出来るウイルスです。ワクチンのほうには、病気の原因となるウイルスの何バージョン目かを薄めたものが含まれているとのことですが、インフルエンザにおいてはあるバージョンのウイルスを取り分けて、ワクチンの製造作業を終え、民衆の手に渡る段階に至る頃には、もうすでにそのワクチンでは全然対応出来ない型にバージョンUPしてしまっているのです!インフルエンザワクチンの製造業者であるAventis社のMD、マイケル デッカーさえも「ある型をつきとめる頃には、すでにそれに対して何の対処も不可能になってしまっている」と認めています。[75]


ウイルスに感染した人の症状が重いほど、あるいは感染者数が多いほど、それだけウイルスの繁殖速度は速くなります。このような現象を、科学者は遺伝子増幅と呼んでいます。(Garret,pp578,580,614) [223]

さらに、インフルエンザウイルスは、感染者の1人1人によっても、地域によってもそれぞれ変化します。それなのにワクチンの方は、みんな一緒にたった1種類の同じワクチンを接種するのです。とすれば…自然につけた免疫は、一生続くものですが、このワクチンだって本当に効果のあるものなら、来年また接種をする必要は無いはずですよね? 

インフルエンザ接種が効かない理由

皆さんは、インフルエンザ接種をいつも受けている人達に限って、毎回インフルエンザに感染しているということに気付いたことはありませんか?これはおそらく、ひっきりなしに接種を続けているせいで体が息をつく暇もなく、自分の体内で免疫機能を定着させる余裕もないのでしょう。

インフルエンザワクチンの第一の問題点は、製造過程でいまだに水銀が使われていることです。(PDR,2007 p.1451)[240]また、ホルムアルデヒドやエチレン グリコール(暖房機に使われる液体)も含まれています。[240]また、2007年まではアルミ二ウムも入っていましたし、前も述べたように、こうした在庫は捨てられることなくちゃんと残っているのです。

こんなに有毒物質が入っているのですから、このワクチンがインフルエンザを予防することが出来ないのも無理がありません。CDCさえも、インフルエンザ接種の「成功率」をわずか44%としているくらいです。[1]もちろん実際には、この成功率はもっと低くなります。CDCがこの成功率の裏づけとしている「研究」がどんなものか詳しくみていくと、それが何の医学的な試験も、効果やリスク面の実験もされていないことが明らかになります。唯一行なわれる「実験」は、これぞと思われるワクチンを選んで、それを実際に一般の人々に接種し、その上で証拠もない、年齢別、性別、人種別などに細かく分類してつかみどころのないデータを編集し結論をでっち上げているのです。

こうした状況に落胆するのは私達だけではありません。イギリスの薬学誌のトップであるBritish Medical Journal誌は、インフルエンザワクチンについて次のように報道しています。[64]

「…徹底した調査結果の数々から、このインフルエンザワクチンの効果がごくわずか、あるいは皆無であることが分かっている… このワクチンに関する研究には、きちんとした専門的な内容が欠けており、製造側の圧力の影響も大きい。これらのワクチンの安全性に関しての調査結果は、信用できるものがほとんど無い。」

このような科学的な方針の廃れもひどいですが、インフルエンザワクチンの開発、製造においての様々な汚職、腐敗も目に余ります。例えば、世界有数のインフルエンザワクチン製造社の1つ、ベルギーのSolvay Pharmaceuticals社は2008年10月、GA州マリエッタに新しく予定していたインフルエンザワクチン工場の建設を中止しましたが、当社はすでにアメリカ政府から工場建設の人件費の60%を援助され、更には予定の2年も前なのにインフルエンザワクチンの開発費として300百万ドルを受け取った後だったのです![2]開発中止の理由としてSolvay社は、インフルエンザワクチンの市場が「不安定で減少ぎみである」としています。つまりこれは、インフルエンザ接種を受けた人が次々とインフルエンザに感染しているのを目の当たりにして、人々が次第にインフルエンザワクチンの効果に疑問を持ちはじめてきたという事実を反映しているのでしょう。

売れ残ったインフルエンザワクチンの数は、以下の通りです。

2006年  121,000,000回分の内、18,000,000回分
2007年  140,000,000回分の内、27,000,000回分

こんな売上表を見ては、会社もやる気をなくしてしまったのでしょう。Solvay社は、ビジネス会社であり、アメリカ国民の健康や幸せなんて関係なく、儲けのためだけに動いているのですから。インフルエンザワクチンを製造している会社は世界に5社しかなく、さらにSolvay社は、インフルエンザワクチンのみを製造する会社です。ワクチンを接種する側を危険にさらしても気はとがめないけれど、自社を危険にさらすのはやはり嫌だったのでしょう。

WHOとは何か?

WHOという機関の運営方針には、製薬業社の影響が常に関与しています。2006年にWHO
は、世界各国が毎年自国の人口75%に配給できる分を目標としてインフルエンザワクチンを在庫するべきだという、馬鹿げた推奨宣言をしています。[2]幸い、生産社側も売り上げが確かだと分かっている分しかつくらないので、実際にはこれは無理な推奨なのですが…。

成人用のワクチン接種と、その宣伝策

ワクチン業者のこうした売り上げの伸び悩みを受けてか、2008年に成人用のワクチン接種予定表が突然あらわれました。それによると、18歳以上の成人はなんと計45回ものインフルエンザワクチン接種を受けることになっているのです![15]宣伝部門は特にお年寄りに目をつけ、その結果現在のインフルエンザワクチン接種率の72%は、年配の人々です。[2]

この分だと、あの2005年のでっちあげ「カルフォルニア州ワクチン在庫不足」といった見え見えで失敗に終わった売り上げ策がまた流行りそうです。

もう1つ、ワクチン業界で十八番になりつつセールス策は、「感染大流行」説です。この説は、本来はエヴィアン インフルエンザという架空の感染病だけのためにとっておくはずでしたが、この病気は一昔前に恐怖の伝染病として騒がれた後、忘れられつつあるため、ワクチンセールス部門では、もっと一般のインフルエンザにもこの手を使おう、ということになったのです。

ということは、そろそろ映画でもこうした「感染病もの」が流行ることでしょうね?

インフルエンザ接種とアルツハイマー病

皆さんもお気づきかも知れませんが、アルツハイマー病は近頃どんどん身近な病気になりつつあります。免疫遺伝学の先端者であるMD.ヒューフーデンバーグは、2000年に
850ページに渡る研究発表を出していますが、それをざっと読めば、どうしてこの病気がこんなに流行っているのかが伺えます。

「1970年から1980年の間に、続けて5回インフルエンザワクチンを接種した人がアルツハイマー病にかかる確率は、インフルエンザ接種を受けていない人の10倍にもなる」[327]

ひょっとして、アルミニアムがからんでいるのかも…ですね?

ちなみに新しい成人向けの接種予定表では、65歳になるまで毎年のインフルエンザ接種を推奨しています。

インフルエンザワクチンの勝利

インフルエンザワクチンは、20年間もの検討の結果、2002年1月にやっと義務制の接種予定表に仲間入りすることが出来ました。そして2005年2月7日には、いままでのハイリスク区分からこっそりと定番の接種予定表に移り込んでしまいました。その結果、現在ではまず生後6ヶ月に最初の接種、それからは18歳になるまで毎年の接種が義務付けられることになったのです。これで、アメリカの子供達が受けなくてはならないワクチン接種の回数は、一気に40回から58回にも増えてしまいました。

もちろん、これをニュースに取り上げたメディアなどありませんでしたが。
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
Admin
記事一覧表記は引っ越し前のアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。 (アメブロは残しているので閲覧は可能です) まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、探したいキーワードなどから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。
プロフィール

予防接種の参考書

Author:予防接種の参考書
・このブログはアフィリエイトは一切含んでいません。
アメブロからFC2ブログへ引っ越してきました。

FC2ブログ記事中の関連記事紹介のURLがアメブロのURLのまま反映されていますので、
元ブログのアメブロは残しています。

気づいたときにFC2ブログのURLに変更していく予定ですので、何卒ご了承ください。

アメブロと同タイトルの記事がFC2ブログにもありますので、宜しくお願いします。過去記事への追記情報などもfc2ブログの記事のみに行っています。
タイトルに■をつけている記事に、よく追記情報を追加しています。
・ツイッターからの転載ツイは、嫌がらせやネットでの集団叩きが激しいことなど考慮して、一般の方はHNを伏字or削除させて頂いています。
医療関係者の方は、責任もっての発言と思われますのでHNもそのままツイ内容と一緒に貼らせて頂いています。

・2012/09以降の最新記事更新はFC2ブログのみで行います。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


国内でのワクチンに関するニュースなど紹介しています。
他に、
予防接種の参考書「大切な人を守るために」 ( 54記事 )
海外で出版されている予防接種の書籍の簡単な日本語翻訳版が読めます。(邦訳未出版ですので、お早めに読まれることをおすすめします。)

予防接種の参考書を最初の記事から読む(ここをクリック)
記事一覧表記はアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。
まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、キーワードから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。

目次 記事一覧は(ここをクリック)


(※簡易翻訳以外の記事は全てネット上や書籍に公開されている情報が元に転載して紹介しています、推進派の脅し対策として、各利用者の責任で記載されたものであり当方はその内容につき一切責任を負わないものとします。
各記事ごとに、ソース元はわかるように貼付していますので、ご不明な点はソース元でご確認ください。)

~翻訳者Hariさんのメッセージ~
私が大きく影響を受けた予防接種の参考本をご紹介させて下さい。

著者は、アメリカのホリスティック研究者であるDr.Tim O'Sheaで、
原本のタイトルはThe Sanctity of Human Blood : Vaccination I$ NOT Immunizationです。


The Sanctity of Human Blood : Vaccination is Not Immunization (Fifth Edition) [Paperback]
Tim O'Shea (Author)


翻訳本の方は、「予防接種の本当の意味ー大切な人を守るために」としました。

私自身、自分だけの時には何も深く考えずに予防接種を受けていましたが、
娘が生まれからは、
「子供の身体に注射するものだし、健康や命に関わるものだから、まずはどんなものなのかその実態と効能、危険性について親が知った上で判断したい」と思うようになりました。

同じ様に、ただ家族や医者から聞いたほんのちょっとの情報だけで、またはそのプレッシャーに押されて、

よくわからないままワクチン接種を受けてしまう方、

あるいは疑問を感じても参考になる情報をどこで探したらよいのか判らない方、

またはただ副作用が怖いらしい、といううわさだけで、確信はないが受けていないという方

色々だと思います。

私もそうした時期にこの参考書に出会い、まさに目からうろこの体験でした。
そして、自分の知りえた情報を分かち合いたいと思い、Dr.ティム オシアーに了承を得た上で、この本を日本語訳することにしました。

彼の本は、ワクチン接種の始まりと歴史から、現代のワクチンの実情に至るまで、細かい裏づけの参考資料とともに、一般の人にもわかりやすい内容で教えてくれます。

さらに、この本で使用している参考資料は、政府機関、主流の医学誌といった
「ワクチン接種を薦めている側」の資料なので、「ワクチン反対派」が感情的にいった不確定な情報なのでは、という心配がありません。

掲載している情報は、主にアメリカの状況が中心ですが、日本の現状を知るにも十分役に立つものです。
何より、ワクチン製造業者と政府間の権力及び資金関係の結びつき、メディアへの影響力などは、アメリカに限るものとは言えませんから、実に興味深いと思います。

翻訳の全文章を、私の日記に項目ごとにわけて掲載してあります。
ただし、こちらは校正チェック前の文章ですので、多少読み苦しい箇所もあるかも知れません。

今回、著者のウェブサイトに日本語版を電子書籍(e-book)という形で掲載しましたので
ご興味のある方はぜひこちらの方をご覧になって下さい。購入に
は$25かかりますが、その価値は十分あると思います。

(注※当ブログに簡易翻訳版を記事・日記にしているので
購入しなくてもある程度読めます。
上記の目次欄
でご確認ください。
翻訳者様の紹介メッセージをそのまま転載しただけで
購入をすすめているわけではありません。
いつか日本語版が日本でも出版されることを願っています。)

www.thedoctorwithin.com

books & CDs という欄をクリックすると掲示されます。

まずは、日記のほう(無料)をお読みになってから
ご検討くださると良いと思います!

それでは、
この本で得た情報が、一人でも多くの両親と子供達の役に立つことが出来ますように!





医薬品医療機器情報提供ホームページ(医薬品名、ワクチン名検索で、成分、製造法、副作用の医薬品添付文書をPDFファイルで閲覧可能)

その他
薬のチェックは命のチェック No.43[特集]ヒブ・肺炎球菌ワクチン
●予防接種前から髄膜炎は減っている。



ワクチンは効かない
偽の抗体と免疫に、感染予防効果なし。
医師の見解
まちがいだらけの予防接種

多数の人骨が発掘された731部隊「防疫研究室」跡地に建設を強行した、国立感染症研究所を提訴した裁判(上)
感染研における最近の不祥事について【バイオハザード予防市民センター】
バイオハザード予防市民センター



ブックマーク一覧

麻疹・風疹ワクチンのウイルス株の型は自然界には流行していない

日本の風疹HI法の抗体価は国際基準EIA法にすると3倍高い→ワクチン接種対象者が2.6倍に


 














にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 病気情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
リンク
ツイッターおすすめまとめ
まとめツールをブログに貼らせて頂いていますが、外したほうが良い場合は、 コメント欄からお知らせくださいませ。
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。