スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ヒブワクチン

髄膜炎 (HiB)

現代では、この髄膜炎ワクチン(HiB)は生後2ヶ月、4ヶ月、6ヶ月、そして12ヶ月と定期的に乳児に接種されています。

病名(Hemophilis Influenzae Type B Meningitis)にはインフルエンザという言葉が含まれていますが、インフルエンザや風邪のワクチン接種とはまったく無関係のワクチンです。
しかし、この名前のせいでインフルエンザとこのHiBワクチンを取り間違えてしまう人は非常に多く、小児科医でもよくある話です。ためしにお医者さんにクイズで出してみると、面白いかも知れません。

最初の2語、Hemophilis Influennzaeのバクテリアはもともと、インフルエンザに感染した人の体内にあると考えられていたため、このような病名が付けられたのですが、その後の研究で、普通の人の粘液膜にあることが発見され、それでも名前だけは変わらないで残ったのです。

Hemophilis Influenzaeとは、子供の鼻や喉の軽い感染症の数々に伴って起きるものです。(Neustadter, p161)[211] しかしごく稀に、その一種であるHemophilis Influenzae のB型ウイルスが、髄膜炎にかかった人(通常は子供)の体内に見られることがあります。実はこうした件が1960年代以降増え続けていて、多くの研究者が子供達のワクチン接種の実施が増えたことに原因があると主張しています。では、そうした患者にどんな対処をしているかというと、なんともう1度ワクチン接種を受けさせているのです!

Hibワクチンに関する初期的な研究は、フィンランドで行なわれました。10万件の実験の結果、HiBは18ヶ月未満の幼児には全く効果がないことが判明しています。(Peltola Pediatrics vol.60,1977)[248] しかしアメリカの子供達は、生後18ヶ月に至るまでにすでに3回もこのワクチンを接種しなくてはいけないのです!ちなみに生後24ヶ月未満の子供に関しては、効果は「不明」となっています。

1986年、New England Journal of Medicine誌が、HiB病の患者55件の研究を発表しました。該当する患者は、全員がHiBワクチンを接種した人です。この内、39人は髄膜炎を疾患し、3人が死亡しています。その他6人は聴覚機能を失いました。(Granoff)[249]

1988年にはノルウェイで17万1千件の大規模な研究調査が行なわれ、その結果「ワクチンの効果は、その接種プログラムを一般市民に対して制度化するには不適当である」とされています。(Bjune)[308]その後HiB髄膜炎の疾患者は、1988年度の300人から1991年度には200人にまで減少しました。ワクチン接種の義務化がされなかった結果、ひとりでに減っていったのです。

Hibワクチンの初版はPRPというワクチンでしたが、その効果は思わしくなく、いつものように生身の一般市民に実験接種を行なってみたところ、すでに1988年には病気の予防どころか、病気の原因になってしまっている件のほうが多いということが判明しています。(Osterholm)[318]つまり、通常なら自然に治ってしまうはずの軽いH.Ifluenzaeウイルスに喉や鼻が感染した子供達が、以前ワクチン接種を受けたせいで体の免疫機能が抑制されているために、そのウイルスが神経機能のより奥の部分にまで侵入するのを防げず、こうして侵入したウイルスが髄膜(骨髄の線状部)で繁殖するのです。このPRPワクチンは、何千人もの子供達に実験的接種を行なった後、やがて廃止に至りました。

そして1990年には接合型のHiBワクチンが登場します。これは、ワクチンが蛋白性物質に結合している状態のものですが、この接合型ワクチンは発熱や泣き出し、発作など様々な副作用をもたらしました。さらにこの接合型ワクチンでは「免疫反応があまり活性化させられず、長期間の効果は望めない」ということです。(Ward)[250]ワクチンを何かに接合すると、それに対する免疫反応はまるで全く違う病気のワクチンと言えるほどに異なるものになってしまうのです。

こうした短期性のワクチンは、ワクチン業者の売れ筋1番の定番商品ですが、人工的な免疫であるゆえに効果は一時的で、それゆえに再接種を必要とし、深刻な副作用反応を伴うものです。しかし、FDAの許可をもらうためには「この3つが必要条件になっているのか」と思うくらい、次々と認可されています。

HiBワクチンの副作用反応の中でも、乳児の糖尿病は様々な研究で立証されている副作用です。以下に、3つの例を挙げてみました。太字になっている年号は、HiBワクチン接種が始まった年です。

場所       年        乳児の糖尿病(10万件単位)
フィンランド  1966-75   12
        1981      16
        1984      19
        1988      26
        1991      29
 資料: Inf Dis in Clin Pract vol 6 1997 p.449

ピッツバーグ  1975-84   6
        1985-94   13
 資料: Diabetes Care vol 21 1998 p.1278 [313]

イギリス    1992-93   14
        1994      22
資料: Big Med J 1997 p.713 [312]

ここで挙げている糖尿病患者とは、驚くことに4歳未満の赤ちゃん達です。赤ちゃんの糖尿病なんて、1960年代以前には聞いたこともない現象でしたが…。1960年代から1980年代の間には、ワクチン接種は2倍にも増えています。

HiBワクチンには又、アルミニアムや水銀といった毒性物質が含まれていました。これらの害については、前に述べたとおりです。

H.Influenzaeも他のワクチンと同様、実験モルモットとして使われるのはいつも決まって-私達の子供達です。2006年からの予防接種表において、何の理由もなしに接種が4回から3回に減ったり、2007年に又4回に増えているのには誰も気付かなかったようですが、これも科学的な理由などではなく、政治の都合によって変わっただけのことです
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
Admin
記事一覧表記は引っ越し前のアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。 (アメブロは残しているので閲覧は可能です) まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、探したいキーワードなどから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。
プロフィール

予防接種の参考書

Author:予防接種の参考書
・このブログはアフィリエイトは一切含んでいません。
アメブロからFC2ブログへ引っ越してきました。

FC2ブログ記事中の関連記事紹介のURLがアメブロのURLのまま反映されていますので、
元ブログのアメブロは残しています。

気づいたときにFC2ブログのURLに変更していく予定ですので、何卒ご了承ください。

アメブロと同タイトルの記事がFC2ブログにもありますので、宜しくお願いします。過去記事への追記情報などもfc2ブログの記事のみに行っています。
タイトルに■をつけている記事に、よく追記情報を追加しています。
・ツイッターからの転載ツイは、嫌がらせやネットでの集団叩きが激しいことなど考慮して、一般の方はHNを伏字or削除させて頂いています。
医療関係者の方は、責任もっての発言と思われますのでHNもそのままツイ内容と一緒に貼らせて頂いています。

・2012/09以降の最新記事更新はFC2ブログのみで行います。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


国内でのワクチンに関するニュースなど紹介しています。
他に、
予防接種の参考書「大切な人を守るために」 ( 54記事 )
海外で出版されている予防接種の書籍の簡単な日本語翻訳版が読めます。(邦訳未出版ですので、お早めに読まれることをおすすめします。)

予防接種の参考書を最初の記事から読む(ここをクリック)
記事一覧表記はアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。
まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、キーワードから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。

目次 記事一覧は(ここをクリック)


(※簡易翻訳以外の記事は全てネット上や書籍に公開されている情報が元に転載して紹介しています、推進派の脅し対策として、各利用者の責任で記載されたものであり当方はその内容につき一切責任を負わないものとします。
各記事ごとに、ソース元はわかるように貼付していますので、ご不明な点はソース元でご確認ください。)

~翻訳者Hariさんのメッセージ~
私が大きく影響を受けた予防接種の参考本をご紹介させて下さい。

著者は、アメリカのホリスティック研究者であるDr.Tim O'Sheaで、
原本のタイトルはThe Sanctity of Human Blood : Vaccination I$ NOT Immunizationです。


The Sanctity of Human Blood : Vaccination is Not Immunization (Fifth Edition) [Paperback]
Tim O'Shea (Author)


翻訳本の方は、「予防接種の本当の意味ー大切な人を守るために」としました。

私自身、自分だけの時には何も深く考えずに予防接種を受けていましたが、
娘が生まれからは、
「子供の身体に注射するものだし、健康や命に関わるものだから、まずはどんなものなのかその実態と効能、危険性について親が知った上で判断したい」と思うようになりました。

同じ様に、ただ家族や医者から聞いたほんのちょっとの情報だけで、またはそのプレッシャーに押されて、

よくわからないままワクチン接種を受けてしまう方、

あるいは疑問を感じても参考になる情報をどこで探したらよいのか判らない方、

またはただ副作用が怖いらしい、といううわさだけで、確信はないが受けていないという方

色々だと思います。

私もそうした時期にこの参考書に出会い、まさに目からうろこの体験でした。
そして、自分の知りえた情報を分かち合いたいと思い、Dr.ティム オシアーに了承を得た上で、この本を日本語訳することにしました。

彼の本は、ワクチン接種の始まりと歴史から、現代のワクチンの実情に至るまで、細かい裏づけの参考資料とともに、一般の人にもわかりやすい内容で教えてくれます。

さらに、この本で使用している参考資料は、政府機関、主流の医学誌といった
「ワクチン接種を薦めている側」の資料なので、「ワクチン反対派」が感情的にいった不確定な情報なのでは、という心配がありません。

掲載している情報は、主にアメリカの状況が中心ですが、日本の現状を知るにも十分役に立つものです。
何より、ワクチン製造業者と政府間の権力及び資金関係の結びつき、メディアへの影響力などは、アメリカに限るものとは言えませんから、実に興味深いと思います。

翻訳の全文章を、私の日記に項目ごとにわけて掲載してあります。
ただし、こちらは校正チェック前の文章ですので、多少読み苦しい箇所もあるかも知れません。

今回、著者のウェブサイトに日本語版を電子書籍(e-book)という形で掲載しましたので
ご興味のある方はぜひこちらの方をご覧になって下さい。購入に
は$25かかりますが、その価値は十分あると思います。

(注※当ブログに簡易翻訳版を記事・日記にしているので
購入しなくてもある程度読めます。
上記の目次欄
でご確認ください。
翻訳者様の紹介メッセージをそのまま転載しただけで
購入をすすめているわけではありません。
いつか日本語版が日本でも出版されることを願っています。)

www.thedoctorwithin.com

books & CDs という欄をクリックすると掲示されます。

まずは、日記のほう(無料)をお読みになってから
ご検討くださると良いと思います!

それでは、
この本で得た情報が、一人でも多くの両親と子供達の役に立つことが出来ますように!





医薬品医療機器情報提供ホームページ(医薬品名、ワクチン名検索で、成分、製造法、副作用の医薬品添付文書をPDFファイルで閲覧可能)

その他
薬のチェックは命のチェック No.43[特集]ヒブ・肺炎球菌ワクチン
●予防接種前から髄膜炎は減っている。



ワクチンは効かない
偽の抗体と免疫に、感染予防効果なし。
医師の見解
まちがいだらけの予防接種

多数の人骨が発掘された731部隊「防疫研究室」跡地に建設を強行した、国立感染症研究所を提訴した裁判(上)
感染研における最近の不祥事について【バイオハザード予防市民センター】
バイオハザード予防市民センター



ブックマーク一覧

麻疹・風疹ワクチンのウイルス株の型は自然界には流行していない

日本の風疹HI法の抗体価は国際基準EIA法にすると3倍高い→ワクチン接種対象者が2.6倍に


 














にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 病気情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
リンク
ツイッターおすすめまとめ
まとめツールをブログに貼らせて頂いていますが、外したほうが良い場合は、 コメント欄からお知らせくださいませ。
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。