スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




■Toxic Vaccines? CBCD Sends Letter to FDA & CDC on Foreign DNA Fragments in Gardasil and MMR

汚れたワクチン。“@VaccineRisks: Toxic Vaccines? CBCD Sends Letter to FDA & CDC on Foreign DNA Fragments in Gardasil and MMR http://www.prweb.com/releases/2012/9/prweb9924299.htm
、ガーダシルとMMR IIなどのワクチン
Toxic Vaccines? CBCD Sends Letter to FDA & CDC on Foreign DNA Fragments in Gardasil and MMR
The CBCD sent a letter this past week to the offices of the FDA Commissioner, Dr. Margaret Hamburg,and to the offices of the CDC’s director, Dr. Thomas R. Frieden.

In a letter sent by the Center for the Biology of Chronic Disease (CBCD), the Center urges the FDA and CDC to investigate the risk associated with foreign DNA fragments in vaccines such as Gardasil and the MMR II and set clear guidelines that will mitigate this risk.

In the letter, the CBCD quoted a news story from CBS News, which declared, “Parents who send their children to private schools in California are much more likely to opt out of immunizations than their public school counterparts.” [1] http://www.cbsnews.com/8301-204_162-57509260/private-school-parents-less-apt-to-have-kids-vaccinated-than-public-school-counterparts-ap-analysis-indicates/

That article went on to note that public health officials are troubled by the fact that the rate of children entering private schools without all of their shots jumped by 10 percent last year. The fact of the matter is that parents are growing more and more concerned that the FDA is allowing certain pharmaceutical giants to play games with the health of their children.

Note the issue of Gardasil.

In its letter, the CBCD mentioned that the FDA knew that Merck’s vaccine contains foreign DNA fragments.

In fact, the FDA says on its website. "Since the early development of Gardasil, FDA and the manufacturer (Merck and Co., Inc.) have known that after purification of the vaccine, small quantities of residual recombinant HPV L1-specific DNA fragments remain in the vaccine. … The presence of DNA fragments is expected in Gardasil … these are not contaminants … The presence of these DNA fragments is expected, is not a risk to vaccine recipients, and is not a safety factor." [2] http://www.fda.gov/BiologicsBloodVaccines/Vaccines/ApprovedProducts/ucm276859.htm

Gardasil is just one example of a vaccine that contains foreign DNA fragments.

A second example the CBCD mentioned in the letter is the MMR II vaccine. According to the insert written by Merck & Co., Inc. and that can be downloaded directly from the FDA website says that Fetal cell line Wistar RA 27/3, Fetal cell line WI-38, and genetically engineered human albumin are all used in the vaccine, which means that the MMR II vaccine contains foreign DNA fragments. [3] http://www.fda.gov/downloads/BiologicsBloodVaccines/Vaccines/ApprovedProducts/UCM123789.pdf

The FDA and Merck admit that both the Gardasil and the MMR vaccines contain foreign DNA fragments. However, the FDA asserts that these foreign DNA fragments "are not contaminants" and that they pose no risk to vaccine recipients.

In simple terms, the FDA believes that foreign DNA fragments are safe.

The CBCD believes otherwise. In the Center’s letter, it was explained that there is evidence that shows that these foreign DNA fragments put the vaccine recipients in great danger.

In 2003, Dr. Hanan Polansky, published his highly acclaimed "Purple" book, in which he explains how certain foreign DNA fragments, at high concentrations, and even when broken and incapable of transcribing proteins, cause major diseases, such as, cancer, heart disease, diabetes, autoimmune diseases, and even obesity.

In other words, in his book, Dr. Hanan Polansky describes a new category of disease causing agents, namely, foreign DNA fragments.

“Dr. Polansky takes an interesting approach when relating the diseases discussed in this book. He uses a detailed quantitative analysis to explain his theories of microcompetition with foreign DNA. I especially enjoyed how he found links between these different chronic diseases. It was quite thought-provoking.” - Afshin Beheshti, PhD Research Associate, Department of Molecular Genetics, the Forsyth Institute, (Harvard Medical Center Affiliate)

In the letter, for the sake of the public's health, the CBCD urges the FDA commissioner and CDC director to assume that Dr. Polansky is correct, that is, that foreign DNA fragments can actually cause long-term, chronic disease. Under such assumption, vaccines that introduce foreign DNA fragments into the human body in high concentrations would be extremely dangerous.

Can the FDA and the CDC ignore Dr. Hanan Polansky's discovery?

Millions of kids are being vaccinated, and are therefore inoculated with foreign DNA fragments. What if Dr. Polansky’s discovery is right and these foreign DNA fragments cause diseases from cancer to heart disease, from diabetes to autoimmune diseases?

The Center’s letter urges the FDA and CDC to examine Dr. Hanan Polansky's discovery and not argue that they cannot initiate research into this area because billions of dollars will be lost if Dr. Hanan Polansky is right. What is more important, the health and lives of America’s children, or the profits of the pharmaceutical industry?

The CBCD endorses Dr. Polansky’s discovery and invites family doctors, pediatricians, scientists, the media, and the public to contact us on this issue.

For more information on the Center for the Biology of Chronic Disease, or to schedule an interview with Dr. Polansky, please visit http://www.cbcd.net or call 585-250-9999.

###

The Center for the Biology of Chronic Disease (CBCD, http://www.cbcd.net) is a research center recognized by the IRS as a 501(c)(3) non-for-profit organization. The mission of the CBCD is to advance the research on the biology of chronic diseases, and to accelerate the discovery of treatments for these diseases.

The CBCD published the “Purple” book entitled “Microcompetition with Foreign DNA and the Origin of Chronic Disease” written by Dr. Hanan Polansky. The book presents Dr. Polansky’s highly acclaimed scientific theory on the relationship between the DNA of latent (chronic) viruses and the onset of chronic diseases. Dr. Polansky’s book is available as a free download from the CBCD website.


その他
GardasilNews@RecallPropecia thank you & I will RT as well. Merck is criminal #Gardasil has injured 27,023 kids , all #Merck says is talk to legal dept via web

2012.09.22 22:53

mandolinbum夕べのニュース23で「ギャルママが取り組む子宮頸がん予防啓発運動」というのを伝えていた。見ていて何となく違和感を感じたので、「Stand for mothers」という団体のことを検索してみた。ほう、事務所は日本財団ビルの2階にあって、笹川陽平氏が名誉会長。違和感の原因はこれか。 via Tween

2012.09.21 08:57

真実に基づいて公正な番組作りを!“@news23x: この次・・・子宮頸がんから一人でも多くのママを救いたい!予防啓発活動に動き出したギャルママたちの活動を追った。ご意見は #news23x まで http://t.co/kgwlaPHK #子宮頸がん #tbs #ワクチン

※ News23 東電スポンサー


VaxCalc$61 Million Dollar Settlement for a Child Injured by DTaP Vaccine http://yhoo.it/nHHDHn #vaxfax via VaccineTweet

2012.09.24 06:57

スポンサーメルク“narumita: [米国]カイザーパーマネンテの研究グループによる、ガーダシルの安全性調査。 10/1 http://archpedi.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1363509 観察対象は18万9千6百人の女子。研究のスポンサーはメルク社。http://xnet.kp.org/newscenter/pressreleases/nat/2012/100112hpv4vaccine.html?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=study-affirms-safety-of-hpv4-vaccine-for-adolescents-and-young-women-in-routine-clinical-care ” via Twitter for iPhone

2012.10.02 15:59


1300 Girls Harmed by HPV Vaccines in UK; Bizarre Side Effects Like Paralysis and Epilepsy http://bit.ly/4r2mT6 #health via Tweet Old Post

2012.09.30 18:28
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
Admin
記事一覧表記は引っ越し前のアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。 (アメブロは残しているので閲覧は可能です) まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、探したいキーワードなどから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。
プロフィール

予防接種の参考書

Author:予防接種の参考書
・このブログはアフィリエイトは一切含んでいません。
アメブロからFC2ブログへ引っ越してきました。

FC2ブログ記事中の関連記事紹介のURLがアメブロのURLのまま反映されていますので、
元ブログのアメブロは残しています。

気づいたときにFC2ブログのURLに変更していく予定ですので、何卒ご了承ください。

アメブロと同タイトルの記事がFC2ブログにもありますので、宜しくお願いします。過去記事への追記情報などもfc2ブログの記事のみに行っています。
タイトルに■をつけている記事に、よく追記情報を追加しています。
・ツイッターからの転載ツイは、嫌がらせやネットでの集団叩きが激しいことなど考慮して、一般の方はHNを伏字or削除させて頂いています。
医療関係者の方は、責任もっての発言と思われますのでHNもそのままツイ内容と一緒に貼らせて頂いています。

・2012/09以降の最新記事更新はFC2ブログのみで行います。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


国内でのワクチンに関するニュースなど紹介しています。
他に、
予防接種の参考書「大切な人を守るために」 ( 54記事 )
海外で出版されている予防接種の書籍の簡単な日本語翻訳版が読めます。(邦訳未出版ですので、お早めに読まれることをおすすめします。)

予防接種の参考書を最初の記事から読む(ここをクリック)
記事一覧表記はアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。
まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、キーワードから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。

目次 記事一覧は(ここをクリック)


(※簡易翻訳以外の記事は全てネット上や書籍に公開されている情報が元に転載して紹介しています、推進派の脅し対策として、各利用者の責任で記載されたものであり当方はその内容につき一切責任を負わないものとします。
各記事ごとに、ソース元はわかるように貼付していますので、ご不明な点はソース元でご確認ください。)

~翻訳者Hariさんのメッセージ~
私が大きく影響を受けた予防接種の参考本をご紹介させて下さい。

著者は、アメリカのホリスティック研究者であるDr.Tim O'Sheaで、
原本のタイトルはThe Sanctity of Human Blood : Vaccination I$ NOT Immunizationです。


The Sanctity of Human Blood : Vaccination is Not Immunization (Fifth Edition) [Paperback]
Tim O'Shea (Author)


翻訳本の方は、「予防接種の本当の意味ー大切な人を守るために」としました。

私自身、自分だけの時には何も深く考えずに予防接種を受けていましたが、
娘が生まれからは、
「子供の身体に注射するものだし、健康や命に関わるものだから、まずはどんなものなのかその実態と効能、危険性について親が知った上で判断したい」と思うようになりました。

同じ様に、ただ家族や医者から聞いたほんのちょっとの情報だけで、またはそのプレッシャーに押されて、

よくわからないままワクチン接種を受けてしまう方、

あるいは疑問を感じても参考になる情報をどこで探したらよいのか判らない方、

またはただ副作用が怖いらしい、といううわさだけで、確信はないが受けていないという方

色々だと思います。

私もそうした時期にこの参考書に出会い、まさに目からうろこの体験でした。
そして、自分の知りえた情報を分かち合いたいと思い、Dr.ティム オシアーに了承を得た上で、この本を日本語訳することにしました。

彼の本は、ワクチン接種の始まりと歴史から、現代のワクチンの実情に至るまで、細かい裏づけの参考資料とともに、一般の人にもわかりやすい内容で教えてくれます。

さらに、この本で使用している参考資料は、政府機関、主流の医学誌といった
「ワクチン接種を薦めている側」の資料なので、「ワクチン反対派」が感情的にいった不確定な情報なのでは、という心配がありません。

掲載している情報は、主にアメリカの状況が中心ですが、日本の現状を知るにも十分役に立つものです。
何より、ワクチン製造業者と政府間の権力及び資金関係の結びつき、メディアへの影響力などは、アメリカに限るものとは言えませんから、実に興味深いと思います。

翻訳の全文章を、私の日記に項目ごとにわけて掲載してあります。
ただし、こちらは校正チェック前の文章ですので、多少読み苦しい箇所もあるかも知れません。

今回、著者のウェブサイトに日本語版を電子書籍(e-book)という形で掲載しましたので
ご興味のある方はぜひこちらの方をご覧になって下さい。購入に
は$25かかりますが、その価値は十分あると思います。

(注※当ブログに簡易翻訳版を記事・日記にしているので
購入しなくてもある程度読めます。
上記の目次欄
でご確認ください。
翻訳者様の紹介メッセージをそのまま転載しただけで
購入をすすめているわけではありません。
いつか日本語版が日本でも出版されることを願っています。)

www.thedoctorwithin.com

books & CDs という欄をクリックすると掲示されます。

まずは、日記のほう(無料)をお読みになってから
ご検討くださると良いと思います!

それでは、
この本で得た情報が、一人でも多くの両親と子供達の役に立つことが出来ますように!





医薬品医療機器情報提供ホームページ(医薬品名、ワクチン名検索で、成分、製造法、副作用の医薬品添付文書をPDFファイルで閲覧可能)

その他
薬のチェックは命のチェック No.43[特集]ヒブ・肺炎球菌ワクチン
●予防接種前から髄膜炎は減っている。



ワクチンは効かない
偽の抗体と免疫に、感染予防効果なし。
医師の見解
まちがいだらけの予防接種

多数の人骨が発掘された731部隊「防疫研究室」跡地に建設を強行した、国立感染症研究所を提訴した裁判(上)
感染研における最近の不祥事について【バイオハザード予防市民センター】
バイオハザード予防市民センター



ブックマーク一覧

麻疹・風疹ワクチンのウイルス株の型は自然界には流行していない

日本の風疹HI法の抗体価は国際基準EIA法にすると3倍高い→ワクチン接種対象者が2.6倍に


 














にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 病気情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
リンク
ツイッターおすすめまとめ
まとめツールをブログに貼らせて頂いていますが、外したほうが良い場合は、 コメント欄からお知らせくださいませ。
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。