スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




HPVV接種後、失神、卒倒、国内で567件報告/ワクチン接種と無関係とまた読売新聞

 子宮頸(けい)がんワクチンを接種した際の強い痛みによるショックから気を失ったり、倒れたりするケースが多発しているとして、厚生労働省は27日、医療機関に対し注意喚起を行った。

 子宮頸がんワクチンは平成22年11月から小学校6年~高校1年の女子を対象に接種費用の公費助成が行われている。注射は肩近くの筋肉に行われ、皮下注射の他の予防接種より痛みが強い。このため、注射そのものの痛みや恐怖、興奮などから失神したり、倒れたりする副反応が起きることがあるという。

 厚労省によると、接種後の意識消失などの症例は今年3月までに、延べ634万人に接種されたグラクソ・スミスクライン社のサーバリックスで683例、延べ約53万人に接種されたMSD社のガーダシルで129例。うち転倒して頭を強く打ち付けたり、鼻を骨折したりするなど二次被害が起きたケースも前者で38例、後者で13例あった。

 接種後30分から1時間で症状が現れることもあり、厚労省は(1)接種後の移動は医療従事者や保護者が付き添う(2)接種後30分程度はいすなどに腰掛け、安静にする-などの対策を徹底するよう呼びかけている。


 子宮頸がんの予防ワクチン接種後、失神した例が、過去2年余りの間に国内で567件報告されていることが27日、厚生労働省のまとめで分かった。

 注射に伴う痛みや恐怖心が原因とみられる。同省は失神によってけがする場合もあるとして、接種後30分間はなるべく立ち上がらないなど注意を呼びかけている。

 子宮頸がん予防ワクチンの接種は、中1から高1の女子を対象に2009年12月から始まった。今年3月までに、推定284万人(計約686万回分)が接種し、「気が遠くなる」など症状がでたのが812件。うち約7割が失神だった。

 同省は、症状は注射の痛みや恐怖によって神経が防御反応を起こす「迷走神経反射」で、ワクチンそのものとは無関係とみている。

最終更新:6月28日(木)7時23分

読売新聞



-添付文書より引用-
サーバリックス医薬品添付文書
【接種上の注意】
(4) ワクチン接種直後又は接種後に注射による心因性反
応を含む血管迷走神経反射として失神があらわれる
ことがある。
失神による転倒を避けるため、接種後
30分程度は座らせるなどした上で被接種者の状態を
観察することが望ましい。
(5) 本剤と他のHPVワクチンの互換性に関する安全性、
免疫原性、有効性のデータはない。


ガーダシル医薬品添付文書
【接種上の注意】
(4) ワクチン接種直後又は接種後に注射による心因性反応を含む
血管迷走神経反射として失神があらわれることがある。
失神
による転倒を避けるため、接種後30分程度は座らせるなどし
た上で被接種者の状態を観察することが望ましい。〔「副反応」
の項参照〕
(5) 本剤と他のHPVワクチンの互換性に関する安全性、免疫原性、
有効性のデータはない。



<効能・効果に関連する接種上の注意>
(1) HPV 6 、11、16及び18型以外のHPV感染に起因する子宮頸
癌又はその前駆病変等の予防効果は確認されていない。
(2) 接種時に感染が成立しているHPVの排除及び既に生じてい
るHPV関連の病変の進行予防効果は期待できない。
(3) 本剤の接種は定期的な子宮頸癌検診の代わりとなるもので
はない。本剤接種に加え、子宮頸癌検診の受診やHPVへの
曝露、性感染症に対し注意することが重要である。
(4) 本剤の予防効果の持続期間は確立していない。


-添付文書より引用終了-

医薬品添付文書は更新されるとリンク切れになります。
じっくり読みたい方は、PC保存したほうがいいです。

その他サーバリックス関連記事
その他ガーダシル関連記事



14歳、子宮頸がんワクチン接種後死亡…『接種との関連が否定できない死亡例』を読売が書き換える。


09/08/31 平成21年8月31日薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会資料

薬事・食品衛生審議会 医薬品第二部会 議事録

○濱口委員「このワクチンが実際に効いたか効いていないかを最終的に判断できるのは、
がんができたかできないかということになってくると、
例えば10代の女性に接種したあとに、40代ぐらいにならないとはっきりとした効果が判定できない




周知の情報かと思いますが念のため再掲

http://bit.ly/LBYnE5
「ワクチンのHPV感染予防効果は100%ではないこと、
ワクチンに含有されるHPV型以外のHPV感染の可能性があること、
HPVワクチンを接種した集団において子宮頸がんが減少するという証拠は未だないことから、
罹患率・
死亡率の減少効果が確認されている細胞診による子宮頸がん検診を
適正な体制で行うべきである。(予防接種部会作業チーム報告)」の周知はされている?




●副反応被害に遭った場合は
http://ameblo.jp/murdervaccine/entry-10847822014.html
ワクチン被害者救済情報・相談窓口追記しています。
霞ヶ関の相談窓口は天下り先のため全然相談にのってくれない
京都の相談窓口は、MMR被害者のお父様がやってるから頼れる。

時系列で接種後の症状を記録します。
参考:
http://satouclk.jp/ 子宮頸がんワクチン被害の記録

 

日本の子供たちの健康被害、 500名以上 !

(※産経や読売の記事では接種後失神だけのように錯覚しますが、実際は失神どころの話ではありません。
上記リンクさとう内科HPで何例かのみですが厚労省資料からピックアップし、副反応の症状、どんな後遺症になったかなど検証されています。)

国が、接種後死亡していても、因果関係不明としワクチン安全宣言をしてしまっているので
接種後の副反応を医者が認めたがらなくなる傾向があるそうです。
この記事のコメントからの情報でも、とりあってもらえずにあきらめた方が居て、
そういう方は、この記事の567件の報告にはカウントされていません。
死亡や重篤な症状ほど特に認められにくくなっています。
被害認定までの道のりは険しいので、上記リンク先にある相談窓口などを利用してみてください。


追記
「1000人中一人なるところ、0人になりました。予防率100%です」
「10人中8人なるところ、4人でした。予防率50%でした」後者のほうが効果は高い。
前者のほうが印象は大きい。http://bit.ly/OXUZ8k

参考:効果率のまやかし

(子宮頸がん・HPVワクチン)サーバリックス添付文書(http://bit.ly/N33RnL
P2の表2、「(前がん病変)CIN3+の有効性100%」というのは、
7312人中8人(0.1%)が、7344人中0人(0%)になりました、と



【(子宮頸がん)ワクチン接種の推進より検診の強化を】http://bit.ly/KNMcym
「今回の騒動の一因は、国民の間に広まった「HPV 感染=子宮頸がん発症」という誤解ではないだろうか」



【子宮頚癌ワクチンの問題点(7)-2】http://bit.ly/ObusTp
「…以上、連邦政府の推奨により、一度は速やかに採択されたHPVワクチン義務化法案が、その後、次々にくつがえされ、白紙化された要因、8項目について紹介しました。」



【公衆衛生の専門家から見たHPVワクチンhttp://bit.ly/MYPXVb
「安全性と有効性が確認されていない以上、予防接種法の下での公費助成は不可能だから、
ワクチン代ではなく研究用に事業への補助金を出すということだと思うのですが。
研究目的だなんて、国民は認識してません


【子宮頸がん予防ワクチン、富裕層は接種しない】http://bit.ly/M697WH
「日本でやたらに接種キャンペーンが進められている、HPVVですが、
米やカナダでは富裕層は接種しないようです。
HPVワクチンに限らず、子どもにワクチンを一切受けさせない親が増えているとのこと」


【何かがおかしい「乳がん」「子宮頸がん」大キャンペーン】
http://bit.ly/Lob9H5「薬害エイズや肝炎訴訟であれだけ医療不信を煽ってきたのに
なぜこの案件だけは推進にひた走るのか
なぜどのマスコミも同じ方向を向いているのがが分からなくてかなり不気味です。」

【子宮頸がんワクチン 参議院議員はたともこブログ】
http://bit.ly/LpJFRg「サーバリックスのインタビューフォームには
「薬効を裏付ける試験成績~ヒトにおける成績」の項目に「該当資料なし」と明記されている。 (1/2)

即ち、サーバリックスは、市販後、今まさに人体実験の最中であるという認識が必要。
国は、サーバリックスの承認・奨励に責任を持てるのか。」 (2/2)



こちらのツイートまとめは当ブログで記事への引用でお世話になっている読者様より
秀逸なタイトルのまとめです。

相武紗季「だいぶ先じゃないの!」の子宮頸がんワクチン(俗称)。実際効いたかわかるのは「だいぶ先」!?


合い間に入っているワクチン推進者の発言も日頃の推進のツイートと比較すると大変興味深い現象です。



その後、また「失神にのみ」注意喚起しました。
《医薬経済社》 MSD/GSK 子宮頸がんワクチン接種後の失神に再度注意喚起 http://dlvr.it/1slSlt
Did Merck's Gardasil Vaccine Kill a 3 Year-Old Toddler? http://www.morphcity.com/home/119-did-mercks-gardasil-vaccine-kill-a-3-year-old-toddler

ツイッターより

第一三共とジャパンワクチンなる合弁ワクチン会社を作ったグラクソGSKから、サーバリックスに関する注意喚起。原文。 いったい何度目の注意喚起なんだろう。品薄騒動があったり後手後手な対応ばかり。 http://www.info.pmda.go.jp/iyaku_info/file/kigyo_oshirase_201207_4.pdf via Safari on iOS


医師数千人に不適切な金銭供与数億円騒動で、昨年製薬協からも追い出されたメルクMSDからガーダシルに関する注意喚起。原文。 先行して海外では随分前から販売されていたのに、日本での注意喚起はやはり後手後手。 症例の詳細記載もなく不誠実。 http://www.info.pmda.go.jp/iyaku_info/file/kigyo_oshirase_201207_3.pdf via Safari on iOS




これは必見!RT @: とてもわかりやすいです!“@: 子宮頸がんワクチンについて。『そうだよなあ、納得!』となります。。脳神経外科医のブログhttp://ameblo.jp/emkanayoshi/entry-11119393801.html#main via TweetDeck

2012.07.26 17:50

最後、接種者が未接種者イジメだって。やはりハラスメントは連鎖する…。侮蔑しなきゃ気が済まない推進学者の責任は重い。":これは必見:  :子宮頸がんワクチンについて脳神経外科医ブログhttp://ameblo.jp/emkanayoshi/entry-11119393801.html#main via Mobile Web







スポンサーメルク“narumita: [米国]カイザーパーマネンテの研究グループによる、ガーダシルの安全性調査。 10/1 http://archpedi.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1363509 観察対象は18万9千6百人の女子。研究のスポンサーはメルク社。http://xnet.kp.org/newscenter/pressreleases/nat/2012/100112hpv4vaccine.html?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=study-affirms-safety-of-hpv4-vaccine-for-adolescents-and-young-women-in-routine-clinical-care ” via Twitter for iPhone

2012.10.02 15:59
スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

仙谷由人氏の後ろには医科研の上昌広教授がいます。その仲間には、ナビタスクリニックの久住英二医師がいます。首謀者は、仙谷氏と上教授のどちらなのでしょうか?

田中康夫氏は上教授と仲がよかったはず。その田中氏がここまで言うとは。

今年は、ワクチンデモが7月5日だそうです。厚労省は被害をくい止めるために、ワクチンデモを牽制しているのでしょうか?今年ロハスが報道するのか、注目しましょう!!↓

田中康夫 ‏@loveyassy
仙谷由人恫喝番長が首謀。医療の名の下に巨額利権が渦巻く新手の公共事業=子宮頸がんワクチン!グラクソ・スミスクラインのサーバリックス、メルクMSDのガーダシル。ダムを造れば洪水を防げるの幻説と同じ。子宮頸がんワクチン接種後567人失神状態 asahi.com/national/updat…

2. 無題

いつも記事まとめありがとうございます~。
御用市民大量発生のmixiでは、
また副反応リスクを懸念するひとへの
レッテル貼り、仲間と集まってターゲットをきめて叩き、一部のエア御用をとりまきにして
ひろがってました。
医者でもないのに接種をすすめまくるという違法行為も相変わらず。

副反応被害者にまで、癌になりたいの?とか
副反応は効いてる証拠!とか暴論がひどかったです。
その副反応被害者のかたが、日記にしていたのですが
接種した医者は、明らかに接種部位からの症状でもあるのに、とりあってくれず、放置したそうです。
だから医者が最悪な場合、副反応としてカウントされてないようですから
この報告件数より、被害者は、まだ多いだろうと推測はできます。

3. 無題

書き忘れました。
副反応にあわれたかたは、副反応の時系列を記録したほうがよいので
http://satouclk.jp/
こちらなんかを参考に記録をのこしたほうがよいと、記事に追加して頂けませんか?
泣き寝入りしてるかたがまだまだ多そうです。

それにしても、未接種は癌になる!とか、
素晴らしいワクチンのおかげで日本は病気は減ったとか(ポリオ以外は日本は集団接種導入前に減っているのに…)
こんな素晴らしいものを拒否して癌になりたいひとびとが!とか、、
正義と勘違いしてやってるからたちが悪いんですが
VPDの信心が足りないから病気になる、病気になっても知らないぞという脅しまで飛び出すわで
すさまじかったです。
他のワクチンではエア御用がここまで大量発生しないですが
HPVに関してはエア御用大量発生という状態でした。
田中康夫さんがTwitterで、首謀者は仙谷、医療のなのもとに、あらたな公共事業、ダムを作れば洪水ふせげると同じみたいなことつぶやいてました
他のワクチンよりかなり政治力強いんでしょうかね

4. 情報ありがとうございます

皆さま、いつも情報提供ありがとうございます。
田中康夫氏のツイートはそれだったのですね。
あらたな公共事業ですか・・・
九電のヤラセ討論会のように、御用市民が大量投入されてる可能性大ですね。
田中氏に、恫喝番長って言われてるくらいだから、相当なことをやってるんでしょうね。

こんな素晴らしいものを!って、そのうちツボでも買わされそうです。
mixiは、推進の名のもとに、リスク懸念するひとたちへの
中傷もセットで暴言がすごく酷いですよね
それが見るの嫌で、その類の人が集まるところは、殆ど閲覧していません・・・。

いつも予防接種は迷うママの会などのROMばかりになっています。

副反応の被害を認めない医者やはり氷山の一角なのでしょう。
薬のチェックは命のチェックを引用させて頂いたときにも、
国が安全宣言を出してしまったら、被害を訴えても医者が報告しなくなるとありましたよね。

去年、サーバリックス接種後死亡しても因果関係なしにしましたから、
あらゆる症状は、因果関係なしですすめられそうです。
薬害として集団訴訟でも起こさない限り、もう日本では
副反応被害は、すべて紛れ込み事故扱いにされそうな勢いですよね。

時系列で記録することは大事ですね。MRワクチン被害者の母親も言われていたと思います。
行政をたらいまわしにされて、時間もお金もかかったと苦労されて
重い被害ほど認定されにくく、軽い副反応ほど認定されやすい
どこが被害者に寄り添ったシステムなのか?
偽善はいい加減にしてほしいですね。

5. 無題

読者さんがツイッターでもつぶやかれてましたけども
不妊説の都市伝説系は、彼らの餌食でよいターゲットにされてますよね.

これは聖路加の堀成美さんが、海外研修で
一般人の反対するひとの叩き方のようなものを徹底するように教え込まれたそうですよね。

そのときに、デマ=アフィサイトとか、
反対=陰謀論系とか、叩きやすいレッテルを作って、そういうひとを見つけてターゲットにしてツイッターのお友達先生方と、余計なひとことを入れながら啓蒙活動^^;してますよね

まさにこのワクチンの不妊説がそのようなサイトが多くできていて
推進時の、まるでマニュアルのようにターゲットにしやすくなっていますよね。

以前、mixiで裁判連勝中のかたが、
政府、経済界、学会などが束になって推進する施策に正面から反対するわけで、ヒト、カネ、モノで圧倒的劣位に立っていて
優位に立つ者(ワクチン推進派など)は、
①徹底的に叩き潰す作戦(大坂の陣作戦)、
②ウチゲバなどの内部分裂により自滅するのを誘う作戦(関ヶ原作戦)、
③ヒトカネモノの供給を遮断し、活動を先細りにさせる作戦(小田原攻め作戦)、なんかを繰り出してきます。

と、言われていましたよね。

堀さんの研修内容で、反対意見の一般人の悪い見本としてあげて、
「これらは叩いていいよ」という上からのお墨付きの餌食というか、与えられたおもちゃがあるわけですし、
それと、ぴったりな噂などが出てくるっていうのが、非常に気になりますね。

御用市民な精神の持ち主のかたは、お上が叩いていいというGOサインを出している「おもちゃ」に、
徒党を組んで飛びついてきますから、お上も楽ですね。

6. 無題

厚労省を責めている人達がいるようです。しかし、このワクチンの場合は、責める相手が少し違うのではないかと思っています。なぜなら、医科研の上教授とその仲間の久住医師らがアジテーターとして介在しているからです。特に、久住医師は公費接種を呼び掛けてきた張本人です。いつもなら今回のような報道には黙っていないはず。しかし、なぜか沈黙しています。↓

http://medg.jp/mt/2010/02/vol-74.html

『年間500億円の費用がかかります。ですが、国民1人あたり約500円の費 用負担で、日本で年間1万人以上の方が発病する子宮頸がんの7割を減らすことができるのです。500円が高いか安いか、皆さん一人ひとりにお考えいただきたいと思います。』と久住医師は書いています。本当に7割も減るのでしょうか?

ところで、私は高畑氏の「+Action for Children」に注目しています。日経新聞のワクチントークショーの広告やワクチンデモにも名前がありました。高畑氏には、コーディネーターという肩書きがあるようですが、そのために作ったのでしょうか?

ワクチン行政を混乱させているのは誰なのか、皆さんで注目していきましょう!!製薬会社は、広告宣伝に使うお金があるのなら、被害者の救済にも使うべきです。デモに参加している患者会が製薬会社からいくら補助金をもらっているのか、明らかにして欲しいです。でなければ、税金の使い道として納得ができません!!

7. こちらもお勧めです

togetterで子宮頸がん(HPV)ワクチンについてまとめました。

日頃、こちらのサイトもお世話になっております。ありがとうございます。

長いまとめですが、情報多岐にわたり、twごとに出所のリンクはなるべく付けた次第です。
お時間あります時にゆっくりご覧いただければと思います。

【相武紗季「だいぶ先じゃないの!」の子宮頸がんワクチン(俗称)。実際効いたかわかるのは「だいぶ先」!?】
http://togetter.com/li/334696

9. Re:無題

>病気喧伝反対!さん
ごもっともです。
効くかどうかわかるのはだいぶ先、副反応はすごい発現率で、これだけ莫大な公費が使われているなんて。
ツイッターでも火消しのように活動する医療者もたくさんいて、製薬会社と仲良くやってるのかなと。
そういう方達のまわりに、患者会のワクチン推進のかたがたが相互フォローになっていたりして
ワクチンに否定的なひとを見つけては、皆でからんでいってるのを見かけます。

誰も聞いちゃいないのに「利益相反はありません」と言い出す、ワクチン売ってる小児科医まで。
ますます胡散臭かったです。

病気宣伝反対さんが、上記コメントであげられている医療者の名前は、しっかり憶えて記録に残していかないといけませんね。
どういうひとたちが中心になって推進し、
副反応にはダンマリで、それについては、
下のツイッターの火消し要員が頑張っている。

効くかどうかわからないと厚労省議事録にもあるものを、効くと宣伝し、副反応は無視し、懸念する一般人を叩いている。
ネットでのご活動も、しっかり見ていると、
弱い者は無視する、いじめの見て見ぬふりがワクチン推進社会の中に出来てしまっているということも残念な気持ちになります。

副反応で亡くなった方たちの魂も浮かばれませんね。
検索フォーム
Admin
記事一覧表記は引っ越し前のアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。 (アメブロは残しているので閲覧は可能です) まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、探したいキーワードなどから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。
プロフィール

予防接種の参考書

Author:予防接種の参考書
・このブログはアフィリエイトは一切含んでいません。
アメブロからFC2ブログへ引っ越してきました。

FC2ブログ記事中の関連記事紹介のURLがアメブロのURLのまま反映されていますので、
元ブログのアメブロは残しています。

気づいたときにFC2ブログのURLに変更していく予定ですので、何卒ご了承ください。

アメブロと同タイトルの記事がFC2ブログにもありますので、宜しくお願いします。過去記事への追記情報などもfc2ブログの記事のみに行っています。
タイトルに■をつけている記事に、よく追記情報を追加しています。
・ツイッターからの転載ツイは、嫌がらせやネットでの集団叩きが激しいことなど考慮して、一般の方はHNを伏字or削除させて頂いています。
医療関係者の方は、責任もっての発言と思われますのでHNもそのままツイ内容と一緒に貼らせて頂いています。

・2012/09以降の最新記事更新はFC2ブログのみで行います。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


国内でのワクチンに関するニュースなど紹介しています。
他に、
予防接種の参考書「大切な人を守るために」 ( 54記事 )
海外で出版されている予防接種の書籍の簡単な日本語翻訳版が読めます。(邦訳未出版ですので、お早めに読まれることをおすすめします。)

予防接種の参考書を最初の記事から読む(ここをクリック)
記事一覧表記はアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。
まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、キーワードから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。

目次 記事一覧は(ここをクリック)


(※簡易翻訳以外の記事は全てネット上や書籍に公開されている情報が元に転載して紹介しています、推進派の脅し対策として、各利用者の責任で記載されたものであり当方はその内容につき一切責任を負わないものとします。
各記事ごとに、ソース元はわかるように貼付していますので、ご不明な点はソース元でご確認ください。)

~翻訳者Hariさんのメッセージ~
私が大きく影響を受けた予防接種の参考本をご紹介させて下さい。

著者は、アメリカのホリスティック研究者であるDr.Tim O'Sheaで、
原本のタイトルはThe Sanctity of Human Blood : Vaccination I$ NOT Immunizationです。


The Sanctity of Human Blood : Vaccination is Not Immunization (Fifth Edition) [Paperback]
Tim O'Shea (Author)


翻訳本の方は、「予防接種の本当の意味ー大切な人を守るために」としました。

私自身、自分だけの時には何も深く考えずに予防接種を受けていましたが、
娘が生まれからは、
「子供の身体に注射するものだし、健康や命に関わるものだから、まずはどんなものなのかその実態と効能、危険性について親が知った上で判断したい」と思うようになりました。

同じ様に、ただ家族や医者から聞いたほんのちょっとの情報だけで、またはそのプレッシャーに押されて、

よくわからないままワクチン接種を受けてしまう方、

あるいは疑問を感じても参考になる情報をどこで探したらよいのか判らない方、

またはただ副作用が怖いらしい、といううわさだけで、確信はないが受けていないという方

色々だと思います。

私もそうした時期にこの参考書に出会い、まさに目からうろこの体験でした。
そして、自分の知りえた情報を分かち合いたいと思い、Dr.ティム オシアーに了承を得た上で、この本を日本語訳することにしました。

彼の本は、ワクチン接種の始まりと歴史から、現代のワクチンの実情に至るまで、細かい裏づけの参考資料とともに、一般の人にもわかりやすい内容で教えてくれます。

さらに、この本で使用している参考資料は、政府機関、主流の医学誌といった
「ワクチン接種を薦めている側」の資料なので、「ワクチン反対派」が感情的にいった不確定な情報なのでは、という心配がありません。

掲載している情報は、主にアメリカの状況が中心ですが、日本の現状を知るにも十分役に立つものです。
何より、ワクチン製造業者と政府間の権力及び資金関係の結びつき、メディアへの影響力などは、アメリカに限るものとは言えませんから、実に興味深いと思います。

翻訳の全文章を、私の日記に項目ごとにわけて掲載してあります。
ただし、こちらは校正チェック前の文章ですので、多少読み苦しい箇所もあるかも知れません。

今回、著者のウェブサイトに日本語版を電子書籍(e-book)という形で掲載しましたので
ご興味のある方はぜひこちらの方をご覧になって下さい。購入に
は$25かかりますが、その価値は十分あると思います。

(注※当ブログに簡易翻訳版を記事・日記にしているので
購入しなくてもある程度読めます。
上記の目次欄
でご確認ください。
翻訳者様の紹介メッセージをそのまま転載しただけで
購入をすすめているわけではありません。
いつか日本語版が日本でも出版されることを願っています。)

www.thedoctorwithin.com

books & CDs という欄をクリックすると掲示されます。

まずは、日記のほう(無料)をお読みになってから
ご検討くださると良いと思います!

それでは、
この本で得た情報が、一人でも多くの両親と子供達の役に立つことが出来ますように!





医薬品医療機器情報提供ホームページ(医薬品名、ワクチン名検索で、成分、製造法、副作用の医薬品添付文書をPDFファイルで閲覧可能)

その他
薬のチェックは命のチェック No.43[特集]ヒブ・肺炎球菌ワクチン
●予防接種前から髄膜炎は減っている。



ワクチンは効かない
偽の抗体と免疫に、感染予防効果なし。
医師の見解
まちがいだらけの予防接種

多数の人骨が発掘された731部隊「防疫研究室」跡地に建設を強行した、国立感染症研究所を提訴した裁判(上)
感染研における最近の不祥事について【バイオハザード予防市民センター】
バイオハザード予防市民センター



ブックマーク一覧

麻疹・風疹ワクチンのウイルス株の型は自然界には流行していない

日本の風疹HI法の抗体価は国際基準EIA法にすると3倍高い→ワクチン接種対象者が2.6倍に


 














にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 病気情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
リンク
ツイッターおすすめまとめ
まとめツールをブログに貼らせて頂いていますが、外したほうが良い場合は、 コメント欄からお知らせくださいませ。
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。