スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




MRワクチンで脳症の障害、麻疹ワクチンで髄膜脳炎になり死亡

いつもROMさせて頂いているコミュニティから今回も転載させて頂いています
引用元は、「新・予防接種へ行く前に」のコラムより。

●副作用認定までの険しい道のり

・不安をかかえながらの接種

孫がMRワクチンを受けたのは、2007年4月25日。
1歳半検診のとき、保健師から強くすすめられたのです。
孫には熱性けいれんを起こしたことがあり、
「1年ぐらい間をおきたい」と母親が伝えたにもかかわらず、
「六ヶ月経過しているし、大丈夫でしょう」といわれました。

接種当日も、かかりつけ医に再度、不安を伝えたのですが…。

孫は、接種8日後に熱性けいれんを、23日後には発熱・けいれん、意識障害を起こし、「急性脳症」と診断されます。

一命はとりとめたものの、痙性四肢まひや、精神遅滞など、重い障害が残りました。

「副作用かも」という疑いは募りましたが、どこにどう訴えたらいいのか。
市からは救済制度があることん説明してもらえませんでした。


・納得できるはずがない国の判断

同年11月、予防接種法にもとづく救済制度(医療費や障害児養育年金などの支給)の申請にやっとこぎつけます。

でも翌年7月、国の審査会が下した判断は「否認」でした。

その理由は、「因果関係について否認する明確な根拠はないが、通常の医学的見地によれば否定する論拠がある」とのこと。

“否認する根拠はないが、否認する論拠はある”

-このように意味不明な説明で、被害者家族はどう納得すればいいのでしょう。

否認する論拠や、どんなやりとりがあったのかを知りたいと、
私たちは、情報公開制度を利用して、国の審査会議事録をとりよせました。

ところが、委員の自由な発言を保障するとして、発言内容の多くは黒く塗りつぶされています。

また議事録を読むかぎりでは、子どもの将来を左右する重大な審議をしているという真剣みはほとんどうかがえませんでした。

現行の救済制度は申請に多大な時間と労力、資金、そして根気を必要とします。

市、県、国へ提出しなければならない書類は数が多いだけでなく、一市民が内容を理解して、必要な情報や意見を集めて作成するのは、正直いってとても大変なことです。
想像もしなかった被害にあい、悲しみ、怒り、混乱している私たち家族を、さらに追いつめるかのようでした。

・県が因果関係を認める

2008年11月、私たちは、県に救済を求める審査請求を提出する決心をしました。
この審査請求にあたっては、やはりご子息が予防接種被害にあわれた方を中心に、医師や専門家の先生から多大な力添えをいただきました。
おかげで、口頭で意見を述べて県の担当者に直接訴えること、県が選定した鑑定人に加えて、こちらからも鑑定人を推薦することなどを提案し、実現することができました。

県の裁決では、四人の鑑定人のみなさんから、「救済されるべき」と判断がありました。

また、過去の判例、ワクチン製造元も「否定できない」としていることなどを理由として、
ワクチン接種との因果関係が認められました。

そのうえ、国が否定したその理由説明が不適切だという私たちの主張にも、理解がしめされました。

つまり、国の審査により市が行った不支給を、県が取り消すという結果にいたったのです。

この裁決を受けて、2011年夏、国は被害を認定しました。

被害を受けてから、じつに四年の月日が流れていました。

つらく理不尽な思いはたくさんしましたが、このような結論にいたったことは、私たち家族はもちろん、孫自身にとって、せめてもの癒しといえます。


・メリット、デメリットを伝えて

孫の母親も、私も、定期の予防接種は必要なもの、医師や保健師がいうことは正しいと思ってきました。

あのとき、単独ワクチンを選ぶことが可能なこともふくめ、予防接種のデメリットなどについてのちゃんとした説明があれば。
そして、医師がより慎重に予防接種を考えてくれていれば…。

くやしさがあふれてきます。

孫の場合は、MRワクチンが導入されて間もない時期で、行政は「接種率を上げること」しか関心がなかったのではと勘ぐりたくもなります。

市が親に渡す予防接種の説明書を見てみると、孫の事故が起きる前と後では雲泥の差です。
今では副作用や救済制度の記載もあり、著しく改善されました。

また、MRワクチンの添付文書にも変化がありました。

孫の事例が反映され、「重大な副作用」に「脳症」が書き加えられたのです。

被害にあったという厳しい事実は変わりませんが、せめて私たちの経験が今後にいかされていくことを願うばかりです。

孫は当初まったくの寝たきり状態でしたが、家族一丸になってのリハビリの結果、
いまは腹這いで動けるほどに。

また、文字盤を使っての会話もできるようになりました。

孫が失ったものを少しでも回復できるよう、今後もリハビリにつとめてまいりたいと思います。


(引用注:本名での寄稿でしたが、ワクチン被害者への自宅への嫌がらせが過去にも多数あるので伏せておきました。)

●納得できる論拠をしめしてほしい

ワクチントーク全国 青野典子さん

・厚生労働省のおかしな副作用認定基準
徳島県で2004年5月、麻疹ワクチンを接種して、3日後に髄膜脳炎を起こし、1歳男児が死亡しました。

父親は予防接種法にもとづく死亡一時金と葬祭料を請求しましたが、町は因果関係を否認する国の通知にもとづき「不支給」としました。

そこで、父親は不支給処分の取り消しを求め徳島地裁に提訴したところ、一審(地裁)二審(高裁)ともに、「予防接種から3日後に死亡することも十分ありうる」などと因果関係を認め、2011年2月、原告が勝訴しました。
国からの否認理由には「医学的見地により否定する論拠があり否認する」と記されていますが、その論拠をしめさずに、論拠があるとして否認するということは、だれでも納得できることではないでしょう。

・裁判で認められた因果関係

判決文によれば国の姿勢はさらに問題です。
「麻疹ワクチン接種の副反応としての脳炎、脳症が発症するとの医学的知見は存在しない。
麻疹ワクチン添付文書に『極めてまれに脳症の発症が報告されている』と記載があるが、この添付文書の基になっている文献には否定的な見解がしめされている。
また弱毒性麻疹ウイルスがわずか二日で発熱という髄膜脳炎症状を発生させたり、ほかのウイルスを活性化することは医学的にありえない」
などとしています。

しかし、国のこの見解に対し、裁判では「麻疹ウイルスも脳炎を発症させるウイルスとされていることに加え、野生株のウイルスによって起きそうな症状は、麻疹ワクチンに含まれる弱毒性ウイルスによっても起きうることからすると、
麻疹ワクチンにふくまれる麻疹ウイルスによって脳炎が発生すること自体は否定できない。
自然麻疹の潜伏期間は10日前後であるが、麻疹生ワクチン注射では血液中に直接麻疹生ウイルスが入るので、
潜伏期間が短縮されると考えられてきた(予防接種の手引き第11版)
ゼラチンなどの安定剤が除かれたため、添加物による副反応が事実上消失したが、接種日から6日までの発熱も依然として出ていることからも、因果関係を否定すべきでない」として、因果関係が認められました。


・報告と認定はべつもの?

認定基準の見直しをすべき判決内容だと考え、厚生労働省の担当者に質問したところ、
「個別に総合的な判断をしているのであって、認定基準というのはない」
ということでした。

医学的知見にもとづき認定委員のそれぞれの先生が判断することだということです。

予防接種後の報告基準はあるが、認定基準はない。

では、報告基準が判断の基礎になるのかと問えば、
「報告は幅広く上げてもらうようにしているので認定とはまったく違うものだ」というのです。

「否定する論拠がある」として否認した厚生労働省の判断がこの裁判でくつがえされたのです。

このケースだけではなく、裁判や再審査請求をして認定されても、医学的知見として国が集積していかなければ今後に生かされることはないし、総合的判断にはなっていかないと思います。

(引用注:なお麻疹は国立感染症研究所調べで、麻疹生ワクチンから感染した例も報告あり。
麻疹ウイルス分離・検出状況 2009~2011年(2011年9月21日現在報告数)
http://t.co/s7i618sz
A型(ワクチンタイプ):1月2件、2月1件、5月1件、6月2件、7月1件、計7件
生ワクチンのためワクチンから感染してる人の件数です。)


-転載ここまで-

医薬品添付文書

乾燥弱毒生麻しん風しん混合ワクチン「タケダ」

乾燥弱毒生麻しんワクチン「タケダ」

はしか風しん混合生ワクチン「北里第一三共」

はしか生ワクチン「北里第一三共」




ワクチン被害者救済情報(相談窓口など追記)

http://itiguuoterasu.blogzine.jp/blog/2011/11/post_dacc.html

※麻疹ワクチンのウイルス株の型は自然界には流行していない。

その他、MRワクチンを含む記事


風疹流行、首都圏でも拡大 風疹対策して の バイアス対策

ワクチン接種による急性散在性脳脊髄炎ADEM

感染研HPより 風疹・麻疹感染者の65%~76%が風疹・麻疹ワクチン接種して感染していた


日本の風疹HI法の抗体価は国際基準EIA法にすると3倍高い→ワクチン接種対象者が2.6 倍に増加

風疹 この5年で最悪の流行に(※ワクチン株の型は自然界に流行していない


別種の生ワクチンの併用で新種のウィルスが誕生・パンデミックを起こ

 

MRワクチンで脳症の障害、麻疹ワクチンで髄膜脳炎になり死亡

※医者でない保健師からのMRワクチン強要で脳障害に。

スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

1. ワクチンの賞味期限に合わせたキャンペーン

以前はコメント承認ありがとうございました。
こちらの手記のMRワクチン被害の男の子の接種時期をみて
ふと気づいたのですが、
新・予防接種へ行く前に153pに、

>MRワクチンが認可された時、2回接種の浸透率が上がらず
『2007年にあちこちの自治体で6月15日まで公費で』とキャンペーン。

6月15日が最初に作ったワクチンの賞味期限切れる日。

と、ありました。
男児は2007年4月に保健師に強くすすめられたのですね・・・

2. 無題

保健師は使用期限のために接種をすすめたわけではないでしょう。

3. Re:無題

>ことりさん
使用期限のために接種をすすめた、と一言も書いておりません。

4. すみません

上にコメントした読者です。
私がワクチンの賞味期限に合わせた公費キャンペーンの日付と
このMRワクチン被害の日付を並べて書いたから誤解されたのかもしれません。
安易に国と製薬会社の公費キャンペーンに乗っかる保健師が居るかのようで
保健師の仕事をされてる方が読めば気分を害されるかもしれない書き方でした。
もしそうなら申し訳ないです。

検索フォーム
Admin
記事一覧表記は引っ越し前のアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。 (アメブロは残しているので閲覧は可能です) まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、探したいキーワードなどから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。
プロフィール

予防接種の参考書

Author:予防接種の参考書
・このブログはアフィリエイトは一切含んでいません。
アメブロからFC2ブログへ引っ越してきました。

FC2ブログ記事中の関連記事紹介のURLがアメブロのURLのまま反映されていますので、
元ブログのアメブロは残しています。

気づいたときにFC2ブログのURLに変更していく予定ですので、何卒ご了承ください。

アメブロと同タイトルの記事がFC2ブログにもありますので、宜しくお願いします。過去記事への追記情報などもfc2ブログの記事のみに行っています。
タイトルに■をつけている記事に、よく追記情報を追加しています。
・ツイッターからの転載ツイは、嫌がらせやネットでの集団叩きが激しいことなど考慮して、一般の方はHNを伏字or削除させて頂いています。
医療関係者の方は、責任もっての発言と思われますのでHNもそのままツイ内容と一緒に貼らせて頂いています。

・2012/09以降の最新記事更新はFC2ブログのみで行います。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


国内でのワクチンに関するニュースなど紹介しています。
他に、
予防接種の参考書「大切な人を守るために」 ( 54記事 )
海外で出版されている予防接種の書籍の簡単な日本語翻訳版が読めます。(邦訳未出版ですので、お早めに読まれることをおすすめします。)

予防接種の参考書を最初の記事から読む(ここをクリック)
記事一覧表記はアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。
まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、キーワードから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。

目次 記事一覧は(ここをクリック)


(※簡易翻訳以外の記事は全てネット上や書籍に公開されている情報が元に転載して紹介しています、推進派の脅し対策として、各利用者の責任で記載されたものであり当方はその内容につき一切責任を負わないものとします。
各記事ごとに、ソース元はわかるように貼付していますので、ご不明な点はソース元でご確認ください。)

~翻訳者Hariさんのメッセージ~
私が大きく影響を受けた予防接種の参考本をご紹介させて下さい。

著者は、アメリカのホリスティック研究者であるDr.Tim O'Sheaで、
原本のタイトルはThe Sanctity of Human Blood : Vaccination I$ NOT Immunizationです。


The Sanctity of Human Blood : Vaccination is Not Immunization (Fifth Edition) [Paperback]
Tim O'Shea (Author)


翻訳本の方は、「予防接種の本当の意味ー大切な人を守るために」としました。

私自身、自分だけの時には何も深く考えずに予防接種を受けていましたが、
娘が生まれからは、
「子供の身体に注射するものだし、健康や命に関わるものだから、まずはどんなものなのかその実態と効能、危険性について親が知った上で判断したい」と思うようになりました。

同じ様に、ただ家族や医者から聞いたほんのちょっとの情報だけで、またはそのプレッシャーに押されて、

よくわからないままワクチン接種を受けてしまう方、

あるいは疑問を感じても参考になる情報をどこで探したらよいのか判らない方、

またはただ副作用が怖いらしい、といううわさだけで、確信はないが受けていないという方

色々だと思います。

私もそうした時期にこの参考書に出会い、まさに目からうろこの体験でした。
そして、自分の知りえた情報を分かち合いたいと思い、Dr.ティム オシアーに了承を得た上で、この本を日本語訳することにしました。

彼の本は、ワクチン接種の始まりと歴史から、現代のワクチンの実情に至るまで、細かい裏づけの参考資料とともに、一般の人にもわかりやすい内容で教えてくれます。

さらに、この本で使用している参考資料は、政府機関、主流の医学誌といった
「ワクチン接種を薦めている側」の資料なので、「ワクチン反対派」が感情的にいった不確定な情報なのでは、という心配がありません。

掲載している情報は、主にアメリカの状況が中心ですが、日本の現状を知るにも十分役に立つものです。
何より、ワクチン製造業者と政府間の権力及び資金関係の結びつき、メディアへの影響力などは、アメリカに限るものとは言えませんから、実に興味深いと思います。

翻訳の全文章を、私の日記に項目ごとにわけて掲載してあります。
ただし、こちらは校正チェック前の文章ですので、多少読み苦しい箇所もあるかも知れません。

今回、著者のウェブサイトに日本語版を電子書籍(e-book)という形で掲載しましたので
ご興味のある方はぜひこちらの方をご覧になって下さい。購入に
は$25かかりますが、その価値は十分あると思います。

(注※当ブログに簡易翻訳版を記事・日記にしているので
購入しなくてもある程度読めます。
上記の目次欄
でご確認ください。
翻訳者様の紹介メッセージをそのまま転載しただけで
購入をすすめているわけではありません。
いつか日本語版が日本でも出版されることを願っています。)

www.thedoctorwithin.com

books & CDs という欄をクリックすると掲示されます。

まずは、日記のほう(無料)をお読みになってから
ご検討くださると良いと思います!

それでは、
この本で得た情報が、一人でも多くの両親と子供達の役に立つことが出来ますように!





医薬品医療機器情報提供ホームページ(医薬品名、ワクチン名検索で、成分、製造法、副作用の医薬品添付文書をPDFファイルで閲覧可能)

その他
薬のチェックは命のチェック No.43[特集]ヒブ・肺炎球菌ワクチン
●予防接種前から髄膜炎は減っている。



ワクチンは効かない
偽の抗体と免疫に、感染予防効果なし。
医師の見解
まちがいだらけの予防接種

多数の人骨が発掘された731部隊「防疫研究室」跡地に建設を強行した、国立感染症研究所を提訴した裁判(上)
感染研における最近の不祥事について【バイオハザード予防市民センター】
バイオハザード予防市民センター



ブックマーク一覧

麻疹・風疹ワクチンのウイルス株の型は自然界には流行していない

日本の風疹HI法の抗体価は国際基準EIA法にすると3倍高い→ワクチン接種対象者が2.6倍に


 














にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 病気情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
リンク
ツイッターおすすめまとめ
まとめツールをブログに貼らせて頂いていますが、外したほうが良い場合は、 コメント欄からお知らせくださいませ。
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。