スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




14歳、子宮頸がんワクチン接種後死亡…『接種との関連が否定できない死亡例』を読売が書き換える。

http://ameblo.jp/don1110/entry-11017264718.html


予防接種の参考本:ティム オシアー著(科学的根拠のない予防接種。)

14歳、子宮頸がんワクチン接種後死亡…国内初

 子宮頸(けい)がん予防ワクチンの接種を受けた国内在住の14歳の女子中学生が、2日後に死亡していたことが分かり、12日、厚生労働省の専門調査会で報告された。ワクチンは英グラクソ・スミスクラインが製造した「サーバリックス」で、接種との関連が否定できない死亡例、国内では初めて。


 報告によると、中学生は今年7月28日に接種を受け、30日朝に心肺停止の状態で見つかり、死亡が確認された。中学生には突然不整脈を起こす「心室頻拍」の持病があり、直接の死因は不整脈と推定されている。ワクチン接種との因果関係は不明という。


 サーバリックスは2007年5月に豪州で初承認され、現在114か国以上で使用されている。日本では09年12月に販売が始まり、これまでに約238万人が接種を受けたと推定される。
(読売新聞 9月12日(月)20時49分配信)



これは怪しげな動画を頻繁にプロデュースしながら、私と同じ立場で子宮頸がんワクチンを応援しているオールドボーイさんが22:26にコピペってくれたものです。



しかし、いくらなんでも「接種との関連が否定できない死亡例」という表現はグラクソさんに失礼ではないかと気になりました。

それで、念のためにゴミウリ・ニュースを確認(23:51)したら、ちゃんと修正してましたよ。


14歳、子宮頸がんワクチン接種後死亡…国内初
 子宮頸(けい)がん予防ワクチンの接種を受けた国内在住の14歳の女子中学生が、2日後に死亡していたことが分かり、12日、厚生労働省の専門調査会で報告された。
 ワクチンは英グラクソ・スミスクラインが製造した「サーバリックス」で、接種後の死亡例は国内では初めて。ワクチン接種との直接的な因果関係は認められないという


 報告によると、中学生は今年7月28日に接種を受け、30日朝に心肺停止の状態で見つかり、死亡が確認された。中学生には突然不整脈を起こす「心室頻拍」の持病があり、直接の死因は不整脈と推定されている。

 サーバリックスは2007年5月に豪州で初承認され、現在114か国以上で使用されている。日本では09年12月に販売が始まり、これまでに約238万人が接種を受けたと推定される。
(2011年9月12日20時49分 読売新聞)


さすがゴミウリです。迅速に対応しますね。


子宮頸がんワクチン公費助成・地方議員調査



7/30に亡くなり、9/12の会議で公表
ガーダシルが9/15により公費助成開始


ガーダシル 公費助成の流れ

>8月25日付けで厚労省より各都道府県に
子宮頸がんワクチンについては、これまでのサーバリックスに追加してガーダシルを9月15日(木)より公費助成の対象にするべく対応するようにと指示が出ました。
内容を要約すると以下の通りです。
1.価格の変更なし
2.ガーダシルは、当初の流通量が限られるため配慮を願う
3.9月15日から対象とする



↓ツイッターでワクチン推進活動されている堀成美さんツイートより(コメントにも情報を頂いています)

予防接種に通じている小児科の専門団体が注意喚起をしました。しかしHPVワクチン(子宮頸がん)については、産婦人科、思春期に慣れいていない診療科まで製薬会社が販売ルートを拡大しました

その意味で臨床の準備が十分だったとはいえないと思っています。実際、思春期のワクチンについての理解は教育・医療関係者の間でも不足しています。

予防接種や採血の恐怖等に誘発される迷走神経反射の説明(英語ですが)http://1.usa.gov/qFnDzl 医療者は安楽な体位、不安の緩和に努めましょう(米国CDC)http://1.usa.gov/nH9wuJ  RT

会議で報告されたサーバリックス接種した2日の後の死因や致死性不整脈と推定されている。記事にある委員コメント「他の予防接種に比べて失神などの副作用報告が目立つ」は思春期の予防接種の特徴で(常識)、「基礎疾患がある子供は、急いで接種する必要がない」は乳幼児ワクチンでは逆なので注意。


以上、抜粋終わり。

これは、初耳ですね。

基礎疾患者に、接種する必要はないという呼びかけ、見たことありません。

呼びかけもせず、今回、死亡者が出たら、後付けの設定のように

こんなことを言ってるわけです。

「基礎疾患がある子供は、急いで接種する必要がない」

犠牲になられた保護者の方、接種前の医師の発言記録していますか??

この議事録の発言をもとに、医師側の過失を追及できると思います。

接種後の失神の副作用も、推進派に言わせると「常識」だそうだが

看護士の話では、筋注で失神なんて聞いたことがないと、現場の声。

mixiの「予防接種は受けません」というコミュニティにも

被害者の裁判に詳しい方、実際被害認定を受けておられる方いますので

保護者の方が、もしこのブログを見ていたら

泣き寝入りをしないで!と伝えたい。

上記の医療従事者向けへの指示にすぐうつるなど、

ほんの少しの発言でもわかるように、推進派からすれば

死亡者のことよりも、接種率が下がることのほうが心配なんです。

乳児は基礎疾患ある人が優先して打つようにということですが

3月ヒブ同時で連続7名亡くなったとき、基礎疾患ありの子もいれば

なしの子もいました。

そして、こちらの議事録を見たらわかるように

ワクチンとの因果関係があったかなかったかを決める先生は

製薬会社から寄付金をもらっています。

2月の会議の議事録 http://bit.ly/oaFeLl
http://megalodon.jp/2011-0916-2249-59/www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001nzop.html

五十嵐先生グラクソ・スミスクライン株式会社から
50万円超500万円以下の受取
、ファイザー株式会社、MSD株式会社から50万円以下の受取

 また、参考人におきましては、庵原先生北里研究所、化学及血清療法研究所、阪大微生物病研究会、デンカ生研株式会社、グラクソ・スミスクライン株式会社、ファイザー株式会社から50万円以下の受取

岡田先生化学及血清療法研究所、阪大微生物病研究会、グラクソ・スミスクライン株式会社、サノフィパスツール株式会社、ファイザー株式会社、MSD株式会社から50万円以下の受取

神田先生グラクソ・スミスクライン株式会社、ノバルティスファーマ株式会社、ファイザー株式会社から50万円超500万円以下の受取、化学及血清療法研究所から50万円以下の受取

 また、検討会の委員の先生では、岡部先生北里研究所、化学及血清療法研究所、阪大微生物病研究会、デンカ生研株式会社、グラクソ・スミスクライン株式会社、ノバルティスファーマ株式会社、サノフィパスツール株式会社、ファイザー株式会社、MSD株式会社から50万円以下の受取

鈴木先生グラクソ・スミスクライン株式会社、ノバルティスファーマ株式会社50万円以下の受取、
多屋先生北里研究所、化学及血清療法研究所、阪大微生物病研究会、グラクソ・スミスクライン株式会社、ファイザー株式会社から50万円以下の受取



お金もらっていて、ワクチンとの因果関係を認めるわけがありません。


ないわけなかろうに。RT ほら、逃げた。「因果関係なし」
子宮頸がんワクチン接種後に死亡=中学生「因果関係なし」 http://t.co/oX1Sr9o


山下俊一の100mSV/年といい子宮頚がん予防ワクチンといい、
公式発表鵜呑みのおとなしい民族は被験者として最適というわけだ。



※ワクチン被害者救済情報 ( 1 )


関連記事

ワクチン接種コンテスト (アメリカ)


子宮頸がんワクチン、新規接種を当分見合わせ


世界初の昆虫細胞由来の遺伝子組み換えワクチン


ワクチンには何が入ってるの?-転載-


新型インフルエンザ輸入ワクチンとHPVワクチンの副作用は不妊化?


あらためてサーバリックス医薬品添付文書 再掲
(医薬品医療機器情報提供ホームページより)
http://www.info.pmda.go.jp/



予防接種の参考本:ティム オシアー著(科学的根拠のない予防接種。)

※予防効果は確認されていない。
推進派は↑これ絶対言いませんから。



ちなみに、MSD株式会社のガーダシル水性懸濁筋注
こちらも、※予防効果は確認されていない。

です。


><効能・効果に関連する接種上の注意>
(1) HPV 6 、11、16及び18型以外のHPV感染に起因する子宮頸
癌又はその前駆病変等の予防効果は確認されていない。
(2) 接種時に感染が成立しているHPVの排除及び既に生じてい
るHPV関連の病変の進行予防効果は期待できない。
(3) 本剤の接種は定期的な子宮頸癌検診の代わりとなるもので
はない。本剤接種に加え、子宮頸癌検診の受診やHPVへの
曝露、性感染症に対し注意することが重要である。
(4) 本剤の予防効果の持続期間は確立していない。


http://web177.net/index.php?tenpu1

サーバリックスの添付書で認めている事実から結論を言うなら

①ワクチン接種によって100%の予防はできない
②HPV-16型及び18型以外は効果ない
③薬の持続期間は不明
④血管迷走神経反射として失神があらわれる事がある等副作用がある

つまり、接種しても子宮頸がんを100%は防げなく、しかもワクチンの効果がいつまで続くものか不明。

ハイリスク、ローリターンですね。
公費によって無料化し接種を勧めているのが疑問です。


堀口貞夫さん(産婦人科医)
子宮頸がんワクチンにつていの講演。
子宮頸がんを起こすとされているヒトパピローマウイルスは100~200種類あり、
がん化するハイリスクのものは15種類。
ワクチン対象となるのはそのうち16、18型のみで、日本人の子宮頸がん患者全体の約6割。
4割はワクチンで防げないということと
さらに急増しているといわれる20代の16・18型は1割程度。
ワクチン接種は検診に変えられるものではない。

ウイルスは感染してもすぐに発症するわけではなく
途中で剥がれ落ちて消えてしまうことも多く
感染者のうち約0.15%が癌化する。
癌化するには十数年かかることもある。
検診では癌化する2~3段階手前のものがわかるので
子宮頸がんは検診をしたら防げる。

感染する前の女性に接種する必要があるということから
10代の女性に勧められているが
まだ数年の実績のため、どの程度持続するかもわかっていない。
感染ルートもはっきりとしていない。

ワクチン値段は1回につき15000円程度で
3回の接種が必要とされている。
高いために公費負担が求められているが、
原価が12000円程度で、ほとんどがワクチンメーカーへいくことになる。
 
ワクチンの製造元であるグラクソスミス・クライン社は、
去年輸入された新型インフルエンザワクチンと同じ会社であることから
同社のワクチンのみが承認されている合理的な理由の説明も必要である。



米でHPV(子宮頸癌)ワクチンで新たに3人死亡。  
2009年から現在まで49人死亡。
http://www.activistpost.com/2011/09/3-girls-dead-others-hospitalized-after.html

製薬会社メルク社から献金もらったカリフォルニア州政治家リスト。
http://bit.ly/ofHlWp


子宮頸がんワクチン接種を「一人でも少なく」しよう
http://ow.ly/6uXHM FDA(米国食品医薬品局)がHPVと子宮頸癌の関係を認めていなかった。
90%の確率で自然に消える感染症を予防するために、
深刻な副作用の危険のあるワクチンを接種する理由は、全然ない。


子宮頸癌ワクチンは、それが予防すると言われている癌そのものより危険である。
http://ow.ly/6uXs4 11歳の女子は子宮頸癌にならない。
子宮頸癌になるかどうか25年間もわからない。
れを義務化するのは、単にメルクの利益のため-ダイアン・ハーパー博士


ツイッターより
@nik●●
09/16 00:22
皆さんアリガトウ。2010年12月より子宮頸癌ワクチン承認、接種開始。
2010年2月4月8月と三回接種したので私は日本人の中でもかなり早く接種した方だと思います。
その半年後子宮頸癌になりました。
放射能しかり不必要性と危険性を皆さん知って自分で判断して自分で守るのです。
返信 RT 公式RT

静岡の某局の夕方のニュースで、子宮頸がんワクチンが年内無料だから、忘れないようにと わかり易いニュースとして 誰かのマネして話してる あなたは本当に調べてアナウンスしているのですか? それを観ていた人は接種が義務だと思いましたよ・・まだ安全が不確かなのに・・

HPVワクチンを「子宮頸がん(予防)ワクチン」と呼ぶのは違和感を感じる。子宮頸がん死亡を減らせると結論されてもいないのに、明らかに過大広告であろう。

先生が指摘されてるのは俗称はの使用や、過剰な宣伝の問題です。 RT @himawarishinsen: ショックです。自分がけいがんのため、娘に接種させました“@laparoya: RT @kimuramoriyo: 「子宮頸がん(予防)ワクチン」と呼ぶのは

2011.09.27 21:0

万能では、ないとわかりました。ありがとうございます“@narumita: 16と18型の感染予防効果が目的です。それ以外の型はカバーしてないので定期健診の大切さも伝えていきたいですね。 RT @himawarishinsen: そうですか…効果はあるということですね。ありがとうご

2011.09.27 22:56

 
やはり最近の製薬会社と行政や医療専門家らによるワクチンキャンペーンが誇大広告だったと自ら認め始めた。 このワクチンを消費させたくて仕方ない彼ら彼女らが、専門家の立場を利用して煽った行為は許しがたい。過去のあの人たちの有効で安全でお得で自らの家族も接種発言はなんだたんだ。


サーバリックス 議事録
保存推奨
http://t.co/tVW5bRUL 
http://t.co/R3lAnWWE 
http://t.co/hpjRD9UT
れは承認された時http://t.co/9mSTqgcQ


HPVワクチンの臨床使用を求める医療上の要望により、厚生労働省の指導により、国内臨床試験の終了を待たず本剤の製造販売承認申請

サーバリックス「このワクチンが実際に効いたか効いていないかを最終的に判断できるのは、がんができたかできないかということになってくると、例えば10代の女性に接種したあとに、40代ぐらいにならないとはっきりとした効果が判定できない」

サーバリックスは、アジュバントに2種類が使われているのだが、MPLだけのアジュバント効果が基礎データにはなく、なぜ二つ加えなければいけなかったのか、今この時点では正確には分からない

昆虫細胞の安全性「ワクチン(サーバリックス)を3回打ったあとの昆虫細胞に対する抗体は検出されなかったのか」「昆虫細胞に対する抗体については、ある程度検出はされております」

サーバリックスは「厚生労働省の指導により、国内臨床試験の終了を待たずに平成19年9月26日に本剤の製造販売承認申請」





スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

1. 製薬会社に天罰を

【北里大学での残虐実験】病院の検査技師ですが、間違いなくどれもこれも無意味な死であったと思います。不必要な実験動物があまりに溢れている現実に愕然とします。北里大学 http://t.co/SOjVLHY 

3. 工作の要?

堀成美氏
http://researchmap.jp/hori_narumi/
プロフィール
神奈川県横須賀市出身。神奈川県立横須賀高校を卒業し神奈川大学法学部法律学科へ入学。タイに留学から帰国後、東京女子医大看護短期大学(現在は看護学部)に入学。
民間病院勤務の後に東京都立駒込病院感染症科にて感染症の臨床に関わり始める。同時に、地域における感染症予防を含めた「性の健康」教育を開始。

その後、実践の中で感染症の教育や施策における医療・看護モデルの限界を感じ、教育での学びを深めるため、東京学芸大学大学院(修士課程・博士課程)にて学ぶ(教育学修士)。
国立感染症研究所FETP(実地疫学専門家養成コース)/国立保健医療科学院(健康危機管理分野)修了し(Master of Public Health)、2009年4月より聖路加看護大学にて看護教育に関わる。

東京都看護協会 感染対策委員会委員長(2011年4月~)
日本思春期学会 理事(2011年4月~)
日本エイズ学会 評議員(2007年4月~)
検索フォーム
Admin
記事一覧表記は引っ越し前のアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。 (アメブロは残しているので閲覧は可能です) まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、探したいキーワードなどから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。
プロフィール

予防接種の参考書

Author:予防接種の参考書
・このブログはアフィリエイトは一切含んでいません。
アメブロからFC2ブログへ引っ越してきました。

FC2ブログ記事中の関連記事紹介のURLがアメブロのURLのまま反映されていますので、
元ブログのアメブロは残しています。

気づいたときにFC2ブログのURLに変更していく予定ですので、何卒ご了承ください。

アメブロと同タイトルの記事がFC2ブログにもありますので、宜しくお願いします。過去記事への追記情報などもfc2ブログの記事のみに行っています。
タイトルに■をつけている記事に、よく追記情報を追加しています。
・ツイッターからの転載ツイは、嫌がらせやネットでの集団叩きが激しいことなど考慮して、一般の方はHNを伏字or削除させて頂いています。
医療関係者の方は、責任もっての発言と思われますのでHNもそのままツイ内容と一緒に貼らせて頂いています。

・2012/09以降の最新記事更新はFC2ブログのみで行います。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


国内でのワクチンに関するニュースなど紹介しています。
他に、
予防接種の参考書「大切な人を守るために」 ( 54記事 )
海外で出版されている予防接種の書籍の簡単な日本語翻訳版が読めます。(邦訳未出版ですので、お早めに読まれることをおすすめします。)

予防接種の参考書を最初の記事から読む(ここをクリック)
記事一覧表記はアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。
まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、キーワードから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。

目次 記事一覧は(ここをクリック)


(※簡易翻訳以外の記事は全てネット上や書籍に公開されている情報が元に転載して紹介しています、推進派の脅し対策として、各利用者の責任で記載されたものであり当方はその内容につき一切責任を負わないものとします。
各記事ごとに、ソース元はわかるように貼付していますので、ご不明な点はソース元でご確認ください。)

~翻訳者Hariさんのメッセージ~
私が大きく影響を受けた予防接種の参考本をご紹介させて下さい。

著者は、アメリカのホリスティック研究者であるDr.Tim O'Sheaで、
原本のタイトルはThe Sanctity of Human Blood : Vaccination I$ NOT Immunizationです。


The Sanctity of Human Blood : Vaccination is Not Immunization (Fifth Edition) [Paperback]
Tim O'Shea (Author)


翻訳本の方は、「予防接種の本当の意味ー大切な人を守るために」としました。

私自身、自分だけの時には何も深く考えずに予防接種を受けていましたが、
娘が生まれからは、
「子供の身体に注射するものだし、健康や命に関わるものだから、まずはどんなものなのかその実態と効能、危険性について親が知った上で判断したい」と思うようになりました。

同じ様に、ただ家族や医者から聞いたほんのちょっとの情報だけで、またはそのプレッシャーに押されて、

よくわからないままワクチン接種を受けてしまう方、

あるいは疑問を感じても参考になる情報をどこで探したらよいのか判らない方、

またはただ副作用が怖いらしい、といううわさだけで、確信はないが受けていないという方

色々だと思います。

私もそうした時期にこの参考書に出会い、まさに目からうろこの体験でした。
そして、自分の知りえた情報を分かち合いたいと思い、Dr.ティム オシアーに了承を得た上で、この本を日本語訳することにしました。

彼の本は、ワクチン接種の始まりと歴史から、現代のワクチンの実情に至るまで、細かい裏づけの参考資料とともに、一般の人にもわかりやすい内容で教えてくれます。

さらに、この本で使用している参考資料は、政府機関、主流の医学誌といった
「ワクチン接種を薦めている側」の資料なので、「ワクチン反対派」が感情的にいった不確定な情報なのでは、という心配がありません。

掲載している情報は、主にアメリカの状況が中心ですが、日本の現状を知るにも十分役に立つものです。
何より、ワクチン製造業者と政府間の権力及び資金関係の結びつき、メディアへの影響力などは、アメリカに限るものとは言えませんから、実に興味深いと思います。

翻訳の全文章を、私の日記に項目ごとにわけて掲載してあります。
ただし、こちらは校正チェック前の文章ですので、多少読み苦しい箇所もあるかも知れません。

今回、著者のウェブサイトに日本語版を電子書籍(e-book)という形で掲載しましたので
ご興味のある方はぜひこちらの方をご覧になって下さい。購入に
は$25かかりますが、その価値は十分あると思います。

(注※当ブログに簡易翻訳版を記事・日記にしているので
購入しなくてもある程度読めます。
上記の目次欄
でご確認ください。
翻訳者様の紹介メッセージをそのまま転載しただけで
購入をすすめているわけではありません。
いつか日本語版が日本でも出版されることを願っています。)

www.thedoctorwithin.com

books & CDs という欄をクリックすると掲示されます。

まずは、日記のほう(無料)をお読みになってから
ご検討くださると良いと思います!

それでは、
この本で得た情報が、一人でも多くの両親と子供達の役に立つことが出来ますように!





医薬品医療機器情報提供ホームページ(医薬品名、ワクチン名検索で、成分、製造法、副作用の医薬品添付文書をPDFファイルで閲覧可能)

その他
薬のチェックは命のチェック No.43[特集]ヒブ・肺炎球菌ワクチン
●予防接種前から髄膜炎は減っている。



ワクチンは効かない
偽の抗体と免疫に、感染予防効果なし。
医師の見解
まちがいだらけの予防接種

多数の人骨が発掘された731部隊「防疫研究室」跡地に建設を強行した、国立感染症研究所を提訴した裁判(上)
感染研における最近の不祥事について【バイオハザード予防市民センター】
バイオハザード予防市民センター



ブックマーク一覧

麻疹・風疹ワクチンのウイルス株の型は自然界には流行していない

日本の風疹HI法の抗体価は国際基準EIA法にすると3倍高い→ワクチン接種対象者が2.6倍に


 














にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 病気情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
リンク
ツイッターおすすめまとめ
まとめツールをブログに貼らせて頂いていますが、外したほうが良い場合は、 コメント欄からお知らせくださいませ。
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。