スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




日本未承認の輸入不活化ポリオワクチンでの副作用認定は裁判を行う

輸入業者RHC(http://ow.ly/9Pxbn)を通じて、フランスから輸入している「Imovax Polio」(http://ow.ly/9Px9r

「輸入ワクチン副作用被害救済制度」


輸入ワクチン副作用被害救済制度

RHCでは、独自の「輸入ワクチン副作用被害救済制度規定」を導入し、医師のみなさまがより安心して
ワクチンをお使いいただける環境も用意しております。

「輸入ワクチン副作用被害救済制度規定」の詳細については、下記をご覧ください。


3 この制度で「ワクチンの副作用」とは、ワクチンが適正な使用目的に従い適正に使
用された場合においても生じた有害事象のうち、当該ワクチンとの因果関係について、
少なくとも合理的な可能性があり、因果関係を否定できないと認定された反応をいう。
但し、因果関係の認定は、確定判決によることを原則とし、確定裁判の得られない場合
はRHCの設置する因果関係等判定委員会が行う


==============================

米国産のウシ由来の原材料を使用している医薬品等について。
PMDA発表資料より。
http://bit.ly/Inegxe
サノフィのイモバックスポリオ(不活化)


==============================

コミュより転載。

IPVの保険について
座長はいつもの岡部さん(不活化ポリオ推進のひとたちに
ポリオ研究所に天下るくせにって叩かれている岡部さんです。)

厚労省管轄の第二回不活化ポリオワクチンの円滑な導入に関する検討会議事録平成23年10月14日(金)
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001rlbw.html

http://t.co/HJXjSQLH

>保坂構成員(日医):…個人輸入のワクチンの健康被害については保険がかかっていると言われていますけれど、全くそれは無意味に等しいくらいの保険だということもよく理解していただきたいと思います。

>保坂構成員(日医):…意味がないというのは、要するに患者さんが訴訟を起こして、訴訟の結果、患者さんが勝訴する。だけれども、保険会社が払うのは、それでも医師側、接種側に責任がない場合には保険会社が払いますというものと聞いています。引用終了。

ほとんど、VPD加盟の個人輸入している医者たちがネットでも推進していましたが、
泣き寝入りってわかっていたんですね。


そして↑この議事録には、


流行リスクがあったときOPV緊急輸入 

岡部座長(感染研):…自然発生があった。そうすると、その周辺も含めて一斉投与をOPV、生ワクチンでやるというのがWHOの方式なので

…引用終了

推進者のセールストークである「もしも日本に持ち込まれたら!」という状態が起こったとき
結局、生ワクチンを一斉投与という方式だそうです。


その他ポリオを含む関連記事

生ポリオワクチン


生ポリオワクチン2

 


日本未承認の輸入不活化ポリオワクチンでの副作用認定は裁判を行う

 












スポンサーサイト

麻疹ワクチン普及の結果0歳児の赤ちゃんが感染

新・予防接種へ行く前にP58より (※)内は引用者注※

このように殆どの子がかかっていた麻しんは、いまは「まれな病気」となりました。
いま問題とされるのはむしろ、成人となって発症感染するケースです。

いまの子育て世代は、ワクチンで免疫を得ている、いわば「ワクチン世代」
成長過程でまわりに病気自体もないため、ワクチンで得た免疫をさらに高める作用もはたらかない

(※
ブースター効果のまぼろし参照)


それが成人して麻しんにかかる大きな要因です。

ワクチンの効果は長く続かない。自然に病気にかかって免疫を得る機会は失われている。
このことが、自然に病気から守られていたはずの赤ちゃんに影響を与えています。

2010年のデータを見ると、患者報告全数457人のうち、0歳が30人、1歳が104人にものぼっています。
【感染症発生動向調査 2011年1月7日現在 年齢群別麻しん累積報告数 2010年第1週~52週】

以前は、1歳までは麻しんにかかることはまずありませんでした。
へその緒を通じて、お母さんから充分な免疫をもらっていたからです。

最近1歳未満でも麻しんにかかる赤ちゃんが出てきたのは、お母さんがワクチンを受けた世代になり
自然感染による終生免疫をもっていないからです。

私たちはこの事実を重く受け止めないわけにはいきません。

いまのところ死亡例がないのは幸いですが、赤ちゃんが麻疹に感染しているという事実を前にして
私たちはどんな選択をすればいいのかは大きな問題です。

妊娠中に母体に予防接種をして、免疫を強めるといった提案も出てくるのかもしれません。

体調のよいときが原則 麻しんワクチン

省略 続きは本書をどうぞ。

麻疹ワクチンいよって脳炎、脳症を発症した例もあります。
予防接種を受ければ、軽く病気にかかるわけですから、麻しんと同じ合併症生じる可能性があります。

(※麻疹ワクチンも生ワクチン 

※ワクチンには何が入ってるの?(医薬品添付文書のURLなど。)



引用注:なお麻疹は国立感染症研究所調べで、麻疹生ワクチンから感染した例も報告あり。
麻疹ウイルス分離・検出状況 2009~2011年(2011年9月21日現在報告数)
http://t.co/s7i618sz
A型(ワクチンタイプ):1月2件、2月1件、5月1件、6月2件、7月1件、計7件
生ワクチンのためワクチンから感染してる人の件数です。)




MRワクチンをどう考える?

省略 

MRの場合、「予防接種後副反応報告」が発表されたのは導入後二年を過ぎてからでした。
本来なら導入の際には、大規模な調査が必要なはずです。

それなのに新しいワクチンをつくって、打って、副作用報告が出るのは数年先。
ワクチンを打たないと危険だと脅される……。
ずさんな計画と言わざるを得ません。

主な副作用としては、発熱、発疹。ワクチンの添付文書には、重大な副作用として
急性散在性脳脊髄炎(ADEM)アデム、脳炎、脳症との記述があります。

(※MRワクチンで脳症の障害、麻疹ワクチンで髄膜脳炎になり死亡)


省略

また、単独ワクチンでも、混合ワクチンでも、打たない選択でも、尊重されるべきです。




(※打たない選択

※米国の医師・学者83名が署名した「ワクチンのすべて」日本語版リリース

ワクチンのすべて
PDF版:ワクチンのすべて

※MRワクチンに限ったものではないが、ワクチン行政に疑問を投げかけ、接種しない選択があると訴えている。

※米国での接種免除の申請 )




※麻疹ワクチンのウイルス株の型は自然界には流行していない。






ヒブワクチン・プレベナー接種後の死亡例4例が追加される



(ヒブワクチン・プレベナーワクチン接種後死亡事例、合計12例になる)





2012年1月16日 平成23年度第9回薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全対策調査会及び第1回インフルエンザ予防接種後副反応検討会及び第3回子宮頸がん等ワクチン予防接種後副反応検討会 議事録

健康局結核感染症課/医薬食品局安全対策課

○日時

平成24年1月16日 17:00~18:23

 http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r985200000255q7.html


本日出席をされた委員の方々の過去3年間における関連企業からの寄附金・契約金等の受領状況を報告いたします。
 議題1に関しまして、インフルエンザワクチンの製造販売業者であります、一般財団法人阪大微生物病研究会、以下、阪大微研と呼びます。一般財団法人化学及血清療法研究所、以下化血研と呼びます。北里第一三共ワクチン株式会社、デンカ生研株式会社から、また、議題2に関しましては、子宮頸がん予防ワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンの各製造販売業者であります、サノフィパスツール株式会社、グラクソ・スミスクライン株式会社、ファイザー株式会社、MSD株式会社から、過去3年における寄附金等の受取について申告いただきました。
 なお、競合品目・競合企業につきましては、事前に各委員に資料をお送りして確認いただいております。
 各委員からの申し出の状況から、今回の審議への不参加の委員はおりませんでした。
 五十嵐先生からグラクソ・スミスクライン株式会社、MSD株式会社から50万円を超え500万円以下の受取、ファイザー株式会社から50万円以下の受取との申告がありましたので、議題2に関しては議決に御参加いただけません。
 また参考人におきましては、庵原先生から阪大微研、化血研、北里第一三共株式会社、グラクソ・スミスクライン株式会社、ファイザー株式会社、MSD株式会社から50万円以下の受取。岡田先生から化血研、北里第一三共株式会社、デンカ生研株式会社、グラクソ・スミスクライン株式会社、ファイザー株式会社、MSD株式会社から50万円以下の受取。神田先生から、グラクソ・スミスクライン株式会社、ファイザー株式会社から50万円を超え500万円以下の受取。
 予防接種後副反応検討会の委員におきましては、稲松先生からMSD株式会社から50万円以下の受取。岡部先生からグラクソ・スミスクライン株式会社、サノフィパスツール株式会社、ファイザー株式会社、MSD株式会社から50万以下の受取。鈴木先生からグラクソ・スミスクライン株式会社、ノバルティスファーマ株式会社から50万円以下の受取。多屋先生から阪大微研、化血研、北里第一三共株式会社、グラクソ・スミスクライン株式会社、サノフィパスツール株式会社、ファイザー株式会社、MSD株式会社から50万円以下の受取。永井先生からグラクソ・スミスクライン株式会社から50万円を超え500万円以下の受取、ファイザー株式会社、MSD株式会社から50万円以下の受取との申告がありましたのでお知らせいたします。





続きまして、資料2-6でございますが、ヒブワクチン、肺炎球菌ワクチン接種後に血小板減少性紫斑病が発生した症例の一覧でございます。
 前回の専門家会議におきまして、多屋委員より両ワクチンの接種後の血小板減少性紫斑病の発生状況についてとりまとめるよう御指示がございました。これまでに報告された24例を一覧にまとめたもので、他のワクチンの接種状況と先行する感染症の有無及びPMDAの専門家の意見が右側に示されてございます。
 今回報告されている24例で専門家の意見により血小板減少性紫斑病と思われると報告されているのは、5ページ目の症例10と12ページ目の24でございますが、現時点での評価ということです。
 ワクチンの接種から血小板減少性紫斑病発現までの日数が短い症例につきましては、専門家の評価は分かれるところでございますが、2人以上が因果関係が否定できる、または可能性が低いとされる症例は症例番号の4及び20の2症例でございました。この4症例を除外した21例では、アクトヒブを接種したものが13症例、プレベナーを接種したものは15症例でございました。この数値は他の予防接種や感染症、また他の自然発生について考慮されておりませんので、現在のデータで最大限の数値ということとなります。
 また、現在のデータでは他のワクチンの接種状況や先行する感染症の有無が不明とされている症例も多く、また自然発生する紛れ込みなどを考慮する必要がございますが、今後とも発生状況の把握に努めてまいりたいと思います。
 続きまして、ヒブワクチン及び小児用肺炎球菌ワクチンに関する死亡症例について御説明いたします。資料2-7をごらんください。
 これまでに報告された同時接種及び単独接種での死亡症例について、通し番号を付けてございます。今回報告のありました症例は4件でございますが、同時接種が3症例で、Noが9~11とされていますが、以前に1~8の報告がございましたのでNoは9からになっております。
 2ページ目に単独接種された例がNo.3として記されておりますが、これもNo.1、2については以前に御報告した症例でございます。単独接種された症例となっておりますが、ワクチンの1と2の欄でプレベナーとアクトヒブと書かれております。これは、同時接種ではなくアクトヒブを接種した後、7日後にプレベナーを接種して、プレベナー接種の2日後に死亡されたという症例でございます。
 また、3ページ以降に症例の詳細な経過が記載されておりますが、御遺族の申出により委員限りとされている症例がございますので御承知おきください。
 まず症例のNo.9ですが、プレベナーとアクトヒブの同時接種の2日後の朝、呼吸していないことを発見されたものでございます。
 専門家の調査結果ですが、死因は窒息の可能性が高く、ワクチン接種との因果関係は不明とされています。
 No.10のプレベナー、アクトヒブ及びDPTの同時接種の翌日に痙攣重積の疑いのために入院され、入院2日後に軽快して退院されましたが、接種11日後に突然死された症例でございます。
 調査結果は解剖所見からは死因は乳幼児突然死症候群とされておりまして、接種直後の意識低下はワクチンとの因果関係は否定できないが、死亡とワクチン接種後の因果関係は不明とされております。
 No.11のプレベナーとDPTの同時接種の症例でございますが、接種7日後、劇症型心筋炎で死亡された症例でございます。専門家の調査結果は、死因は心筋炎とされていますが、解剖は行われておらず、死亡とワクチン接種との因果関係は不明とされております。
 続きまして、単独接種のNo.3でございますが、アクトヒブを接種7日後にプレベナーを接種された症例でございまして、プレベナー接種2日後に死亡されたというものでございますが、専門家の評価として解剖は行われておらず、死因もワクチン接種との因果関係も不明とされています。
 以上、新たに死亡症例が同時接種で3例、単独接種で1例の報告がございましたが、いずれの症例につきましても専門家によりワクチン接種との直接的な明確な因果関係は認められないと評価されているものでございます。
 長くなりましたが、以上でございます。




厚労省HPより転記終わり



ヒブワクチンなどに関連する他の記事


ワクチン同時接種で男児死亡=全国8例目、再開後は初―熊本市 2011年06月13日









製薬会社からお金もらってる研究者は副作用ありませんという論文を書く強い傾向

製薬会社から寄付金をもらう小児科学会先生が国に要望書提出





■MSD メルク (サノフィMSD サノフィパスツール)

メルクに関する情報をコミュニティより転載して集めてみました。

製薬会社の論文ゴーストライター問題。
http://bit.ly/wmKm2n ジョンソン&ジョンソンは日本ではヤンセン社として、
メルク社は日本ではMSD社として販売活動。


偽学術論文掲載でエルセビアに資金提供をしていたメルク社。
この事実はバイオックス訴訟で明らかになった。
http://bit.ly/wpNGF3
何故か世界でトップクラスの製薬会社として君臨し続けています

メルクとサノフィは動物薬でも仲良し http://bit.ly/woSd8M

MSD、歴代外国人社長の下で続く医師への金銭提供問題。 http://bit.ly/xuL0dP

メルク社は危険性がわかっていたのに早期に回収をしなかったのか!? http://bit.ly/ys8W7l via

メルク社、関節炎治療薬自主回収 http://bit.ly/zBEOyg

メルク社がワクチン接種立法化に関わっているという驚愕 http://bit.ly/wfBina

メルク社、B型肝炎ワクチン回収 http://bit.ly/rQ7oDD

メルク社、ヒブワクチン回収 http://bit.ly/z0C99R

メルク社インフルエンザワクチン自主回収 http://bit.ly/yxZSOr

メルク社の混合ワクチンで発熱、けいれんの副作用。 http://bit.ly/y9W9CG

MDMAは1914年にメルク社が特許取得
http://bit.ly/zdPTAo
押尾学氏の事件でも話題になったMDMAも元々はメルクでした。

こういう合成薬物がHIVやB型肝炎を広めている要因のひとつであるのと言われている現実があり、
そしてHIVや肝炎治療薬やB型肝炎ワクチンを売るのもメルク

60億円を社長秘書に抜かれてもびくともしない製薬会社。メルク
http://nkbp.jp/yuwUj0

そのメルクのガーダシルHPVワクチンに関する製薬会社のロビー活動。 http://bit.ly/FPR09e

MSD(メルク社の日本での販売会社)、3400人の医師に、2億2千万円の不適切な金銭供与。 http://bit.ly/yXTlsj


http://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/39388/Default.aspx

消費者団体 サノフィパスツールとメルクのワクチン値引き問題に懸念

公開日時 2010/07/22 05:00

米消費者団体CitizensforResponsibilityandEthicsinWashington(CREW)は、サノフィパスツールおよびメルクが、特定の医師グループに値引きを条件に同社のワクチンおよびを買わせようとしたとして、連邦取引委員会(FTC)に2社を連邦取引法(FTCA)違反の嫌疑で捜査するよう求める文書を送付した。


メルク社のバイオックススキャンダル。 http://bit.ly/MdXEom

元CDC長官、メルク社ワクチン部門社長に就任し高給を獲得。 http://bit.ly/KSfeym


Merck社 社内承認前に出荷された3種混合MMRワクチンを回収: http://bit.ly/NwRpiy

[企業] Merck社はおたふく風邪ワクチンの効果を水増しした/元従業員の訴え: http://bit.ly/MZde5P


Merck lied about Mumps Vaccine-is anyone surprised drug companies lie?
It would be shocking if they told the truth! http://ow.ly/eVsxp ^MD via HootSuite

2012.11.01 06:20


製薬会社メルクおたふく風邪のワクチンのデータを改ざん・おたふく風邪を流行させる

Former Merck scientists file suit against Merck under False Claims Act http://www.naturalnews.com/036298_Merck_scientists_False_Claims_Act.html



 メルクのワクチン「ロタテック」に豚ウイルス汚染 - WSJ日本版 - http://jp.WSJ.com http://on.wsj.com/yARLd8

メルク、抗血栓薬の2つの治験で脳梗そく患者に出血リスク増加 - WSJ日本版 - http://jp.WSJ.com http://on.wsj.com/yFiabR

メルク、MRSA予防ワクチンの治験を安全性の懸念で打ち切り - WSJ日本版 - http://jp.WSJ.com http://on.wsj.com/xuvYDc

Merck Accused of Lying About Mumps #Vaccine http://ow.ly/c89PNメルクは、ワクチンの有効性について嘘をつく
Did Merck's Gardasil Vaccine Kill a 3 Year-Old Toddler? http://www.morphcity.com/home/119-did-mercks-gardasil-vaccine-kill-a-3-year-old-toddler


ツイッターより

米国における過去の薬害。 メルクによるバイオックス騒動。 産官学癒着しまくりの吐き気すら催す事件。 危険性を予見していたであろう産官学複合体のにより、バイオックスは多くの患者の体内に放り込まれ悲劇を生んでしまった。 http://www.yakugai.gr.jp/attention/attention.php?id=61 via Safari on iOS


加藤茂明捏造論文撤回の筆頭著者は,北川浩史群馬大教授
論文10にはメルク社の名前論文14にはアステラス製薬の名前が。



Merck is the only manufacturer of the MMR vaccine, and they are having many serious problems with it now #vaxfax http://bit.ly/PA5cS4

また不適切なマーケティングで不必要な人にまで高額な薬を売りさばくつもりだろうか?“@jascience: 《医薬経済社》 MSD・白沢副社長 スボレキサント、オダナカチブを13年に申請 http://dlvr.it/25xcgM #iryou #followmeJP” via Twitter for iPhone

2012.09.06 21:22

どんな関係なんだ!?“@jascience: 《医薬経済社》 キョーリン製薬グループ工場 MSDの吉田氏が社長就任 http://dlvr.it/26Fhk1 #iryou #followmeJP” via Twitter for iPhone

2012.09.06 21:23

進行中。。“@risfax_iyaku: 【2012/09/05 RISFAX】MSDの白沢博満副社長執行役員グローバル研究開発本部長は4日、都内で開いた事業説明会で、同社の開発パイプラインについて語った。国内では42件の開発プログラムが進行中であることを紹介した。” via Twitter for iPhone

2012.09.06 21:21

ルールも守れない企業は不要です“@jascience: 《日刊薬業》 MSD・アルバレズ社長  メルク全体で「日本の重要性増している」 http://dlvr.it/25qttC #iryou #followmeJP” via Twitter for iPhone

2012.09.06 21:20





第一三共 アクトヒブ開発発売時にはサノフィパスツール第一三共ワクチンとかいう合弁会社を作っていたかと思ったら、今年グラクソとの合弁でジャパンワクチンなる会社を。 via Twitter for iPhone

2012.09.07 23:40

【熊本の化血研】 世界のワクチン会社と提携協力関係。 天然痘では米国政府と。 インフルエンザでは英国グラクソと(日本の厚労省からも補助金受給)。 狂犬病ではスイスノバルティスと。 MMRでは米国メルクと。 via Twitter for iPhone

2012.09.07 23:29

"化学及血清療法研究所は、製薬会社大手のノバルティスが製造し、海外で売っているヒト用の狂犬病ワクチンを日本で供給、販売する契約を同社と結んだと発表した。臨床試験を経て厚生労働省の承認取得後、ワクチンを輸入・販売する。" 2010年の記事 http://qq.kumanichi.com/medical/2010/08/post-1540.php via Safari on iOS




スポンサーメルク“narumita: [米国]カイザーパーマネンテの研究グループによる、ガーダシルの安全性調査。 10/1 http://archpedi.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=1363509 観察対象は18万9千6百人の女子。研究のスポンサーはメルク社。http://xnet.kp.org/newscenter/pressreleases/nat/2012/100112hpv4vaccine.html?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=study-affirms-safety-of-hpv4-vaccine-for-adolescents-and-young-women-in-routine-clinical-care ” via Twitter for iPhone

2012.10.02 15:59


メルク社のワクチン製造プラントに欠陥。米国2008年。
:http://murdervaccine.blog.fc2.com/blog-entry-295.html



 ガーダシル治験でMSDに不信感、GCPを逸脱( 2011年9月5日 ) http://nk.jiho.jp/servlet/nk/gyosei/article/1226564035105.html?pageKind=outline



ワクチンで稼ぎ倒してもまだ経費削減とは。浮いたお金はいずこへ“@risfax_iyaku: 【2012/10/15 RISFAX】米メルク グローバル本社を移転、経費節減で via @risfax http://www.risfax.co.jp/risfax/article.php?id=39563” via Twitter for iPhone

2012.10.17 15:13



MSDですね。何から何まで豪華でスゴイ!
“@ytktkmr: 製薬会社主催のアレルギー関連のシンポジウムに参加。
講師陣も豪華やし楽しみ。会場の大きさに驚きました。
(@ プリンスバークタワー) [pic]: http://4sq.com/Pz1FL6” via Twitter for iPhone
2939502_fLK136_g4G2OUSkLKVlYRDMKljC-QB3QFwsT9_yMd_Y.jpg

2012.10.28 09:32


海外からの救援金が高齢者の「肺炎球菌ワクチン」に化けた! このワクチン販社は今年はインフルエンザワクチン会社とも連携、相乗効果を狙うと発言していた。
http://satouclk.jp/2011/11/post-35.html via Safari on iOS

2012.10.28 16:04
金にモノを言わせるというのはこういうこと“@ni: 元々、どちらも無意味なワクチンですから相乗効果で金が儲かるというだけの事でしょう。 RT @8: ワクチン×ワクチンの相乗効果とは!? http://www.yakuji.co.jp/entry28227.html” via Twitter for iPhone

2012.10.28 18:31

MSD 阪大微研会の季節性インフルワクチンを国内販売 田辺三菱も販売継続 http://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/42267/Default.aspx via Safari on iOS

2012.10.28 16:08





過去と決別!?決して忘れて欲しくないことばかりなのだが。。
“@nikkeionline: サノフィCEO「過去と決別し革新」 世界経営者会議
http://s.nikkei.com/SrxvI1” via Twitter for iPhone

2012.10.29 22:08


Novartis flu vaccine recall not impacting #nfld.
publicly funded program use only Fluvari (sanofiPasteur).
Private providers may be affected via Twitter for iPad

2012.10.30 01:44


VaxCalcMerck is the only manufacturer of the MMR vaccine,
and they are having many serious problems with it now
#vaxfax http://bit.ly/PA5cS4 via VaccineTweet

2012.11.02 21:56


Sanofi Pasteur MSD, the vaccine joint venture of Sanofi and Merck & Co,
has recalled some batches of its typhoid......
http://bit.ly/Vl1hRT via Dynamic Tweets

2012.11.03 20:02


Pfizer and Merck under investigation for colluding with Obama Administration on health care overhaul http://www.naturalnews.com/035812_Pfizer_Obamacare_collusion.html via @HealthRanger via Tweet Button

2012.11.07 15:00

中国では運動不足と過剰なカロリー摂取に関連した2型糖尿病の有病率はここ10年で3倍以上に増えた。
米メルク やデンマークのノボ ・ノルディスク、フランスのサノフィ といった企業への需要を喚起している。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MD07296TTDUP01.html via web

2012.11.05 21:52




To Stem Mumps Outbreak, Doctors Recommend a Third Vaccination Despite Ineffectiveness of MMR Vaccine articles.mercola.com/sites/articles… via web

2012.11.13 23:23






今日のインサイダー速報?

‏@fo
NHKがんワクチンの取材、あれは塩野義製薬。1本売ってしまったが、グリクソかメルコが買収するかもれんから、買い足しておくか。(笑)
via Twitter for iPhone

2012.11.18 22:25



今朝あさイチで同じようなことを。奇遇(笑)“@pa このサイトでチェックできます。
緑内障 盲点チェックムービー ファイザー http://www.ntg40.jp/check/howtouse1.html …”
2012年11月19日 - 13:36





かわいそうな日本の子供たち:一生突かれたり刺されたり http://seetell.jp/27332
サノフィ


http://www.businessweek.com/news/2012-11-19/celgene-s-lazorchak-five-others-charged-with-insider-trading
セルジーン、サノフィの幹部がインサイダー取引で告発されるCelgene, Sanofi Executives Charged With Insider Trading - Businessweek ow.ly/fr0se via HootSuite

2012.11.20 22:20

↓サノフィ儲かってますね。 via Twitter for iPhone

2012.11.29 21:34

最新 医療・介護ニュース @new_Medicalnews

アレグラの配合剤の承認を了承-第二部会 -  厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は29日、サノフィの抗アレルギー薬アレグラと、血管を収縮させ、鼻づまりを改善する有効成分(成分名:塩酸プソイドエフェドリン)を配合したアレル... ow.ly/2ttcPK via HootSuite

2012.11.29 21:28



またまた不眠キャンペーンが学会などを中心に始められるのでしょうか。。“@jascience: 《日刊薬業》 MSD  新規不眠症治療薬スボレキサントを承認申請 dlvr.it/2ZlT2M #iryou #followmeJP” via Twitter for iPhone

2012.12.05 09:16

FDA、抗凝固薬プラビックスの米国での独占販売期間の延長を認める blog.goo.ne.jp/yuki-machikane… 過去記事。 いろいろありますね、サノフィ。 via Tweet Button

2012.12.01 23:29

日本は海外で特許が切れたり、問題を起こした薬やワクチンの在庫処分場ではありません。 via Twitter for iPhone

2012.12.01 23:34


Vaccine defender patent holder @DrPaulOffit holds $1.5 million dollar research chair funded by Merck bit.ly/oePboi #vaxfax via VaccineTweet

2012.12.26 10:54




続きを読む

ツイッターにおけるワクチン推進②


http://twilog.org/tweets.cgi?id=narumita&word=%40yaburan

 

http://twittaku.info/view.php?id=181044630291357697

 


RT @io302: 脱原発をかざし自分達を非科学的に正当化する輩の典型例。科学的に正当なら国でも学会でも権威相手に訴えれば?デマが露呈するのが怖い? RT @narumita @yaburan 事実ならこんな有名な人の話をmediaが放置するわけないです。ネットで個人名で書く内容によっては法律問題に

posted at 16:16:19

 

定番の教科書も読んでない(誰でも買えるよ)、数年間の医療の訓練を受けてもいない、結果に責任ももたない人が健康について断定的に語るのはうさんくさいでしょ。しかも根拠がデマ系サイト。かかげている「脱原発」じたいがうさんくさく見えるから、地道に「脱原発」に取り組む人たちが気の毒

posted at 15:55:37


あ、「考えを修正してもらおう」なんて思ってないんですよ。読む人たちへの追加情報をしているだけです。 RT @IYOPymzk: @narumita 製薬会社の陰謀とか医者が利益上げるためだとか、陰謀論者っていうのはいちどそう思い込んじゃうと修正きかないみたいですよね。

posted at 02:18:47


授業の資料には使えます(^^)今日はライデンは久々に晴れて皆が出歩いていました~(まだちょっと寒い) RT @IYOPymzk: 了解しております(`・ω・´)ゝ

posted at 02:22:43


あ、統計的に調べている人もいます。 RT @artemis75mw: @narumita 予防接種反対の方々の一部属性キーワードに、昨年から脱○○が追加された気がします。必ずしも全員そうでは無いですが、傾向としてあるのではないかな…という印象です。統計とっていませんが(^^;;

posted at 02:23:50


RT @gomatsuyama: 医療ネグレクト、と言います。小児科医は悲しんでますが、何が正しいのかと判断する権利は、正誤によらず誰にでもありますからね。絶対的「正」は存在しないのです。RT @narumita: まあ、お子さんは気の毒なわけだが・・・

posted at 16:14:24



 

専門情報を扱う訓練をされていない人が、1次情報にあたらず、実際の症例も診てなく、無責任に書くデマは見守ってもいいのでスルーしてください。拡散したり信じないでね。#ワクチン は、目的(接種の意義)と、病気のリスク、想定される副反応について信頼できる医師と確認の上接種をご検討を。

posted at 15:43:54



デマ修正にとってもよい媒体だ。

posted at 00:04:50

なんて医者ですか?WHOは情報公開どころかワクチン製造技術を審査する権限ももっています。日本は厚労省が直接じゃなくて先ほどの法人が業務を担当。大人なら社会の構造を勉強した方がいいですよ。 RT @yaburan: @igasana 情報を公開してないとお医者様が

posted at 00:04:11



こんな無知な人が散々ワクチンについて語っていたとは・・・。キャリアの人に噛まれただけでも感染する病気なのに・・・。ツイッターって恐ろしい。 でもB型肝炎予防接種推奨は身内にキャリアの方がいる場合だけでしょう?



独立行政法人国立医療法人研究センター 感染情報センター  急性肝炎、急性肝炎が重症化、劇症化、死亡する確率はB型肝炎とNon-ABC型は1-2%C型肝炎とA型では0・5%以下と考えられる。余りまれな症状を100%死亡などと煽らないで欲しい

それにしてもアンフェアだな!東京大学院教授のB型ワクチンQ&A載せないでこちらにB型肝炎は急性の場合自然に治癒!慢性肝炎はキャリアと言われる母子感染、HVI感染者が慢性するが殆どは免疫を獲得して自然治癒する!そのうち10%が慢性化する。



誰かさんとさんのワクチンに関するやりとりをtoggeterでまとめてくださると有難いです。自分でやれって?すみません、まとめたことが無くて、億劫で(^^;


narumitaRT @haratomokuni: @yaburan B型肝炎ワクチンは、肝炎ウイルスに感染した人が後に肝臓がんになります。それを予防することにもなるので、単なる肝炎予防ワクチンから肝臓がん予防ワクチンとしての意義が明らかになりました。感染機会も母子感染よりも性行為による方が多くなっています。がん予防ワクチンです 

narumita自然感染のリスクやデメリットは基本的な教科書を読めばわかります。GSKにはあなたのTweet内容とともに、記載修正依頼をおくっておきます。広報部と抗ウイルス部門と法務部門に。 RT @yaburan:抗議するならこちらにどうぞ抗議して下さいhttp://bit.ly/zOppOV  

narumitaRT @yaburan: 素人ですがでも知った所ではワクチンを打つと言うことは不活化したウイルスを人為的に与えて抗体を作ることでしょう!なぜ人為的に抗体を作る予防接種なら良くて自然免疫がダメなんですか。抗議するならこちらにどうぞ http://bit.ly/zOppOV  


haratomokuni@yaburan B型肝炎ワクチンは、肝炎ウイルスに感染した人が後に肝臓がんになります。それを予防することにもなるので、単なる肝炎予防ワクチンから肝臓がん予防ワクチンとしての意義が明らかになりました。感染機会も母子感染よりも性行為による方が多くなっています。がん予防ワクチンです  


haratomokuni@igasana @yaburan 途中までは正しい理論、途中から怪しげな理論になり、我田引水、自分の理屈につなげて、結果としては理論的におかしなことを根拠に人を惑わす人がいます。その人が咎められずにまかり通ることができるのは、多くの人が言うことを聞いていないからかも知れない  

k_ligerRT @narumita: 完治の意味の理解に問題「だが最近、治ったとされた人でも、病気の治療で免疫が下がると再活性化することがわかってきた。いったん感染すると微量のウイルスが肝臓に残るためだ」http://bit.ly/xOd9Na  RT @yaburan 殆どが免疫が出来た後完治する 多くは完治する  

k_ligerRT @igasana: 【拡散希望】@yaburanという医療従事者ではないワクチン否定派が、ネットで得た情報だけを元にワクチンの恐怖を無差別に垂れ流し多くの人に不安・混乱を与えています。ワクチンについて不安に思うときはネットだけの知識に頼らずワクチンに詳しい医療機関を探して相談することをお勧めします。  


igasanaということは、原発について政府が正式発表している情報についても、あなたは認めるんですね? @yaburan 正式な独立行政法人、感染症センターのサイトを載せることが煽ることなのでしょうか?なぜ、正式な医療機関の情報を不安をおあると言うのでしょうか?デマを飛ばしている訳ではありませ via web

2012.03.19 00:44


1次資料を確認しない(できない)人が推理小説のような妄想で中傷するのはよくあるパターン。

 



予防接種の参考本:ティム オシアー著(科学的根拠のない予防接種。)
@atsushimiyahara 世田谷かるがもクリニック

 

こちら後半の和訳は変ですが前半に、間違った情報への指摘が。


MSD メルクMSD(メルク社の日本での販売会社)、3400人の医師に、2億2千万円の不適切な金銭供与

 





120907 0859-0003
120907 0858-0002
120907 0858-0001








予防接種後副作用認定一覧

こちらもコミュニティからの情報転載です。
資料の提供元は、ワクチントーク全国になります。


疾病・障害認定審査会 感染症・予防接種審査分科会審議結果(新型インフル)画像右
疾病・障害認定審査会 感染症・予防接種審査分科会審議結果(新型インフル以外)画像左
( BCGワクチン MRワクチン ポリオワクチン  日本脳炎ワクチン DPT 三種混合  DT 種痘 インフルエンザ 副反応 被害者 認定)


予防接種の参考本:ティム オシアー著(科学的根拠のない予防接種。)予防接種の参考本:ティム オシアー著(科学的根拠のない予防接種。)
(画像クリックで拡大で閲覧可能です。)




予防接種の参考本:ティム オシアー著(科学的根拠のない予防接種。)予防接種の参考本:ティム オシアー著(科学的根拠のない予防接種。)
(こちらもコミュニティからお借りしました。書籍 新・予防接種へ行く前に から)

日本脳炎ワクチン 臨床比較試験で2倍前後の副反応発現率

追加試験で濃度を薄めても関係なく副反応が示されたが、
薄めたから安全だろうと審査を通してしまった

日本脳炎接種再開後に倍増した副反応報告

重篤な副反応31件28.7%
臨床試験での予測が現実のものとなっています。

感染研調べでは非接種群も10歳になると約80%抗体保有。
殆どが自然感染で抵抗力をつけている現実。

(新・予防接種へ行く前に/小児科医・入江紀夫




2012.3.7 消費者リポート

予防接種の参考本:ティム オシアー著(科学的根拠のない予防接種。)予防接種の参考本:ティム オシアー著(科学的根拠のない予防接種。)
(画像クリックで拡大で閲覧可能です。)


ワクチン「サーバリックス」は世界の4分の1を日本が接種!?


『必要ですか?子宮頸がんワクチン【増補改訂版】』

●公費負担で推進されるワクチンの実態は?

子宮頸がんワクチンは、ヒブワクチン、小児肺炎球菌ワクチンとともに、
2010年11月26日から、ワクチン接種緊急促進事業の対象として、
すべての自治体で接種が進められています。

ポリオ不活化ワクチンやロタウイルスワクチンなど
必要性について疑問があるワクチンの導入も検討されています。

これらはすべて高額な外国製ワクチン。
2009年の新型インフルエンザワクチン騒動により、
外国製ワクチンの輸入・承認が簡素化されたことをきっかけに、
国内での厳しい臨床試験を経たないで接種の拡大が行われています。

次々に新しく導入されるワクチンについて、
本当に接種が必要なのか、効果や副作用はどのくらいあるのかといった問い合わせが多く寄せられています。

国と自治体が緊急促進事業として公費負担し、
莫大な費用をかけた「ワクチンで子宮頸がんが防げる」かのような過剰なテレビCMによる政府広報の影響や、
特別交付金などにより、接種費用が無料になっていることから接種が促進されているのです。

●多発する副作用 -神経性のショック症状や死亡事故も

2010年11月に緊急出版した本書の所版には、
「子宮頸がんワクチンによる予防効果への疑問が解消され、
ワクチンが不要なものだとわかった」という反響が寄せられました。

その後、本書でお伝えするように、子宮頸がんワクチン接種による死亡事故
神経性のショック症状が多発するなどの有害事象が多発する中、
世界的にみても異常な接種数の増加により、今後副作用による被害の多発が心配されます。

初版以後に、新たにMSD社(メルク)の「ガーダシル」が認可され
2012年度も接種事業継続の補正予算が組まれるなど接種推進の勢いは止まりません。

本書では、旧版の情報に加えて、「サーバリックス」と新たに認可された「ガーダシル」についての
副作用情報を詳細に掲載しました。

ワクチンビジネスに惑わされないで、子どもたちが健やかに成長するために何が必要かを
皆さんに考えて頂く材料になると思います。

ワクチン接種を受ける前に、まわりの方にぜひ一読をすすめて頂くようお願いいたします
(古賀真子)


転載以上




テーマ:ワクチン被害者救済情報 


MRワクチンで脳症の障害、麻疹ワクチンで髄膜脳炎になり死亡

ワクチン被害者救済情報(相談窓口など追記)




亡者が続発したインドの事件をきっかけに、今や世界中に飛び火している子宮けいがんワクチンプログラムの停止要求。 犠牲になられた世界中の家族や、ワクチンの有効性に疑問を抱く医師等の専門家が中心となり、真相究明グループを立ち上げています。 http://t.co/vu9b0JMk



子宮頸がん予防ワクチン(ガーダシル)の副反応の1例 - http://t.co/djm9gFhp


また子宮頸がんワクチン後の亡者が増えました。 http://t.co/3wls6YgB 男の子のが目立ちます


14歳、子宮頸がんワクチン接種後亡…『接種との関連が否定できない亡例』を読売が書き換える。 http://t.co/R4juTnVX


米でHPV(子宮頸癌)ワクチンで新たに3人。  

2009年から現在まで49人http://t.co/jdDuPEAR



季節性インフルエンザ、新型インフルエンザ予防接種接種後の副反応報告
厚労省pdf http://bit.ly/kmuMjL 22年度 131人




【厚生労働省】予防接種後副反応報告書集計報告
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/04/s0401-5.html
MR予防接種後副反応報告症例:後遺症を残した急性散在性脳脊髄炎、脳症、急性小脳失調症が各1例報告された。




製薬会社からお金もらってる研究者は副作用ありませんという論文を書く強い傾向

製薬会社から寄付金をもらう小児科学会先生が国に要望書提出





ツイッターにおけるワクチン推進


  • narumita
    卵をつかって6カ月かける従来のものから、より安全性が高く、短期間で作れるインフルエンザ #ワクチン の開発承認の競争がglobalに展開されています。日本でも報道されている「細胞培養インフルエンザワクチン」の話。【参考】細胞培養についてhttp://t.co/NmkcroPP
  • narumita
    米国における初の細胞培養インフルエンザ #ワクチン 工場について 2011年12月11日プレス発表。http://t.co/sTtsJUSP 日本でも研究や工場設置をすすめないと!の背景にこの流れが。疑問と期待の入り混じった反応をこちらでも聞きました。
  • narumita
    これから衆議院で検討されるので、疑問や意見がある方は、ぜひ地元(選挙区)の議員にメールや電話してください。Twに書いても影響ないですよ。:全国民に予防接種も、新型インフル特措法案決定 (読売新聞) http://t.co/JDQhomui #ワクチン


とても大切な視点ですね。抵抗力の弱い人を守るための施策を優先してほしいです。 RT インフルエンザワクチンは被災地の人達には優先とか補助とか無いんでしょうか?予防出来る物はしていかないと またタミフルが足りないとか、騒ぎにならないでしょうか(´・_・`)

 


オランダでは健康な人にインフルエンザのワクチンをせず、手洗い啓発もみかけず。「流行期はなるときはなる」「なったら寝る」そうで検査も無し、タミフルも処方せず。「日本人はなぜそんなにインフルエンザを恐れ、なぜB型肝炎を恐れないのか」と言われました。 RT


  •  

  • narumita
    メディアが求める感染症の3つ話題:hero(ヒーロー)、victim(犠牲者)、virulence(病原体等の凶暴性や強毒性)。数%いるパニックになりやすい人たち。誤解や過剰解釈が原因。この人たちの性質は変更不可能。が、周囲へ与える影響は考慮すべき」と。 #ワクチン


人生でもっと決定的なことを検討する際の情報収集力や判断はダイジョウブかが不安ではあります。 RT : ワクチンのデマっぽいことに関するついーとがRTされているの、共感・同意の意味でいいのかしら…こういう考え方しちゃう子がいるからアレなのよね的な晒し




「ネットのデマ情報の特徴は"~らしい"という表現の乱発、"ある人によると"と書いて誰が言っているか書いていない、リンクのソースが匿名サイト、そのサイトには商品広告バナーがある(アフィリエイト)、最後の方に健康関連食品・物品注文コーナーがある」 どこも似ている? 


2011年の1位はHPVワクチンについてのデマ。HPVワクチンのせいで精神遅滞になったと宣伝する議員もいましたね。日本では機序&アウトカムの説明などの根拠なく不妊説を流す人たちも。 「2011年根拠のない健康恐怖話トップ10」匿名サイト

「症状を見極めてふさわしい母乳が出るようにお母さんを療法」「細菌性髄膜炎はそんな悠長な事している暇はないぞ」 匿名サイト 母乳が大切、特定の食事が好きということと、ワクチン否定はなぜつながるのだろう(- -;)



  • narumita
    コミュニケーションのセッションで講師が『パニックウイルス』という本を推薦。こちらのブログで紹介されています。パニック・ウィルス: #ワクチン - 匿名サイト 自閉症論争の裏側 http://t.co/JbuM6kXz メディアの動向とか興味深いです。


 

HIVの流行は当初、医療者に大きな衝撃で診療拒否などが問題に。「"すべての"血液/体液は感染性のものとして、最初から予防策をする」という対応に。安全確保と同時に、「HIVや肝炎の人を区別・差別しない」という哲学に。 



 



今回のフランスでの麻疹アウトブレイクが何歳に多いという詳細レポートを見ていないのですが、通常は未接種/1回しか接種していないこども、青年層です。麻疹は感染力がとても強いので、未接種の移民や特定の宗教・信条(ワクチンは接種しない主義)層中心に広がります。





そのほか


  • io302
    救急外来などで予防接種を勧めると煙たがる親は多い。そういう親に限って、感染して重症化した時に「医者が悪い」「国が悪い」「厚労省が悪い」という。しかし答えは明白だ。「あんたが悪い」。ワクチンを受けないリスクを検討したうえで「親の権利」というなら「責任」も親自身で取るべきである。
  • io302
    今日診察の人、不活化ポリオを別の医院で行った。4歳以降で追加接種も理解すみ。そこでの井戸端会議で「不活化は私は2回しかしない!」「Hibや肺炎球菌、危険すぎ!」という半ば宗教のようなワクチン拒否母親と出くわし疲労困憊したと。これも母親。常識ある「大人」が母親になる訳ではないんだね


  • io302
    治療法がない、合併症や後遺症が重いものがワクチンとして作られているので、基本的に接種できるものはした方がよいです。海外では接種終わってないと入園・入学すらできません RT @umi_y_ では、予防接種は、どんなものでも全て打った方が良いのでしょうか?

( 接種免除の申請http://t.co/Wt0nz1Vs  もし我が子にワクチン接種を受けさせないなら、その子は学校に入れてもらえない、というものだけです。これは、全くの嘘ですどの州にも、接種免除の制度があるのです)



Pnagashi
  •  
    医者も、水の先生とか武蔵小杉の開業医とか沖縄の産業医とか反ワクチンのたぬき小児科医とかとっとと死ねと思うやつはいるけれど、看護師助産師の場合は絶対数でも比率でもトンでもが多すぎる。



  • tomicyan
    コンドーム、子宮頸がんワクチン、そしてB型肝炎ワクチンなしでセックスしてはいけません。




予防接種の参考本:ティム オシアー著(科学的根拠のない予防接種。)

予防接種の参考本:ティム オシアー著(科学的根拠のない予防接種。)

予防接種の参考本:ティム オシアー著(科学的根拠のない予防接種。)



テーマ:ネット工作







@××pillon727B型肝炎ワクチンの接種を熱心に進める女医さんが保守系の人達を攻撃するTweetをはじめたのでフォローをやめました。 在日系と思われる人達が熱心にワクチンを勧めるのは何故かな。 via Twitter for iPad



唾液や涙にもウイルスが含まれていて、感染リスクがあるとか大袈裟に吹聴していたら、不当不要な差別やイジメの元になるわな。 via Twitter for iPhone







B型脳炎のワクチン接種後、急性伝搬性脳脊髄炎や脳炎などを発症し、死亡または後遺症に苦しむ

問題ワクチンで児童が多数死亡 政府「3年前のことで今は安全」=山西省http://t.co/pvmes4sW


予防接種を受ける中国の子供。写真は記事とは直接関係ありません(2003.6、STR/AFP/Getty Images)

問題ワクチンで児童が多数死亡 政府「3年前のことで今は安全」=山西省

 【大紀元日本3月25日】3年前から山西省でワクチンを接種された子供のうち100人近くが死亡或いは後遺症に苦しんでいることが、今月17日の「中国経済時報」のスクープで明らかとなった。同紙は、「ワクチンに問題があった」と報じ、中国国内で波紋が広がっている。山西省政府は22日、記者会見を開き、事件は3年前の出来事で現在のワクチンには問題がないと主張する。

 同紙の報道によると、同紙の王克勤記者が昨年8月、山西省内でB型肝炎やB型脳炎のワクチン接種後、急性伝搬性脳脊髄炎や脳炎などを発症し、死亡または後遺症に苦しむ子供が続出という告発を読者から受けた。王記者が省内で7カ月にわたる調査を行い、ワクチンに問題があったと結論付ける記事を掲載した。

 王記者の調査によると、06年に山西省のワクチン管理権は380万元(約5千万円)で華衛公司という私営の小さな企業に譲渡された。山西省は省内に流通するワクチン全てに「山西疾病コントロール専用」というラベルの貼り付けを義務付けており、その作業のために同社の職員はワクチンを冷蔵保存庫から取り出し、数10時間高温と陽光に晒したままにしていたという。ワクチンは変質し、それらを接種した児童に異変が起きたと王記者は主張している。また、華衛公司はワクチンを管理する山西省疾病予防センター生物製品配送センターの主任が個人で経営する会社であることも判明した。同主任は華衛公司から支払われたリスク保証金50万元(約660万円)を着服し、賄賂などに使っていたという。

 山西省発表の資料によると、この3年間に延べ1000万人がワクチン接種を受けている。

 同記事は反響を呼び、国内の各ニュースサイトに転載され、波紋が広がっている。

 同日午後、山西省衛生庁は緊急に反応、新華社を通して声明を出し、記事で言及された児童15人のうち10人を調査し、異常が見つかったのは1人だけで、問題のワクチンは接種していなかったと主張していた。同政府は記事に書かれた疑惑について、事実無根だと強く反発している。

 それに対して、「中国経済時報」は「事実を裏付ける資料がたくさんある。記事の内容の信憑性について、すべて責任を負う」というコメントを発表している。

 更に、19日、新華社は、「新華社記者」と署名する報道を載せ、山西省医療管理部門や事件関係者を取材した結果、中国経済時報の報道は事実に反するとの結論を出した。同報道は、被害者の保護者から怒りを招いた。被害者の家族は新華社山西省支社の前で抗議を行い、「たった1日の調査で、正しい結論を得られるのか」と憤りを隠せない。

 事件の解決を求め、保護者らは2009年から民事訴訟を起こしているが、いずれも立件されることはないという。また、一部の保護者らは事件報道の後、相次ぎ脅迫の電話やメールを受け取った。「これ以上騒ぐと殺すぞ。静かにしていれば、10万元(約130万円)支払う」と持ちかけられたという。

 その後、山西省省長の張宝順氏はかつて新華社副社長を勤め、新華社の報道は張省長の操作であるとネットユーザーに指摘された。新華社も後、同報道は山西省衛生庁の要求で出したもの、被害者の保護者や事件関係者への取材はされていないと認めた。

 一方、山西省人民政府は22日に記者会見を開き、事件は3年前の出来事で現在のワクチンには問題がないと主張。

(翻訳編集・高遠)






予防接種をあたかも義務であるかのような広報について

こちらの記事もコミュニティからの引用になります。


「必ずうけましょう」「接種率100%を必ず達成しましょう。」
「接種しないと不利益を受けます。」
などという文言。
都道府県・市町村・保健所などの公的機関のHPにそういう記載があったら,教えてください。(報告はこちら)。


予防接種法は19条1項で国に対し
「国民が正しい理解の下に」予防接種を受けるよう,知識の普及を義務付けています。
国や都道府県・市町村は,予防接種が義務でないこと,
副反応で重篤な被害が出る危険があることも周知徹底した上
,予防接種を推奨する必要があるんです。

それなのに,あたかも予防接種が義務であるかのように「推奨」していることを,問題視しています。 
予防接種は義務でないのですから,「必ず」というのは不適切。
予防接種法に反し、公的機関で「必ず」「絶対」という表現が使われていないかなど要注意。

政府、経済界、学会などが束になって推進する施策に正面から反対するわけで、
ヒト、カネ、モノで圧倒的劣位に立っています。

優位に立つ者(ワクチン推進派など)は、
①徹底的に叩き潰す作戦(大坂の陣作戦)、
②ウチゲバなどの内部分裂により自滅するのを誘う作戦(関ヶ原作戦)、
③ヒトカネモノの供給を遮断し、活動を先細りにさせる作戦(小田原攻め作戦)、
なんかを繰り出してきます。

多角的に物事を検討するという学問の基本中の基本が身についていない、
私的な立場の主張は、相手にしなきゃいいですから、無視して下さい。


私的な発言、書き込みまで闘いの相手を広げることは、相手の術中にはまり、戦力が分散、枯渇し、
兵糧攻めに遭います。
私的な主張はスルーして、公的機関のワクチン強制発言の義務広報などに要注意し、見つけたら教えてください。


「なるべく受けてもらいたいというなら『なるべく受けてください。』と表現するのであって
『必ずワクチンを打ってください』と表現している説明は×」

「公立大学が,禁忌者・信念や宗教上の理念に基づいて接種を拒否している人間の入学を拒否することは,
憲法19条,20条,26条に違反する」


定期健康診断の際に,心ない医師や保健師から「どうして受けないんですか?」
「必ず予防接種を受けなさい」などと言われた場合、
市長村長、保健所長宛ての「行政手続法第35条に基づく書面交付要求書」を提出する。
医師(保健師)がこれを受け取らないことは違法

書き方などはこちらで。

例えば
http://ninps.com/special/20111226_2.html
http://megalodon.jp/2012-0312-1935-00/ninps.com/special/20111226_2.html
必ず行いましょう
>もれなく必ず受けさせてあげてください。
(※日本で接種されている生ポリオワクチンの型は自然界にはない。)


海外では、

『接種免除の申請』http://t.co/Wt0nz1Vs 
もし我が子にワクチン接種を受けさせないなら、その子は学校に入れてもらえない、というものだけです。
これは、全くの嘘ですどの州にも、接種免除の制度があるのです






『予防接種をあたかも義務であるかのような広報について』 amba.to/12uW4sq  本当に義務なら薬害の損害補償も。保証はしないが「さもやってください」的オススメ方法。錯覚させる手口は詐欺商法と似ているね。 本当に効いて、しかも安全で無いから義務に出来ない裏事情? via Tweet Button

2012.12.22 09:14




日弁連,新型インフルエンザ対策のための法制に関する会長声明

日弁連,新型インフルエンザ対策のための法制に関する会長声明


http://medicallaw.exblog.jp/17913889/ 弁護士谷直樹/法律事務所のブログ

転載元





日本弁護士連合会(日弁連)は,2012年3月2日,「新型インフルエンザ対策のための法制に関する会長声明」を発表しました.
「新型インフルエンザ特措法」が,科学的な根拠が不十分なまま,人権に対する過剰な制約となる疑いが強いことから,以下の問題点を指摘し,性急な立法に反対しています.

内閣官房新型インフルエンザ等対策室は、本年1月、「新型インフルエンザ対策のための法制のたたき台」と題する資料(以下「たたき台」という。)を公表し、政府は今国会に「新型インフルエンザ対策特別措置法案(仮称)」(以下「新型インフルエンザ特措法」という。)の提出を予定している。

「たたき台」によれば、国は、発生した新型インフルエンザが国民の生命及び健康に著しく重大な被害を与えるおそれがあり、かつ、国民生活及び国民経済に甚大な影響を及ぼすおそれがあるときに「新型インフルエンザ緊急事態」を宣言できるとされ、その緊急事態における措置として、集会等の制限の要請や指示を始め、土地の収用、政策金融、国民の予防接種など、国民生活や企業活動に広範な影響を及ぼす措置を実施するとされ、罰則規定にも言及されている。

しかし、これらの人権制限については慎重な配慮と十分な国民的議論が必要であり、とりわけ、集会の制限については、集会が民主主義の基礎となる市民に身近な表現活動であり、それゆえに集会の自由が憲法21条によって保障されている重要な人権であることに鑑みれば、より一層の慎重さが要求される。

また、「新型インフルエンザ」の危険性の程度や流行の可能性については、科学的にも意見が分かれているところである。衛生状態や環境の異なる海外での事例を我が国にそのまま当てはめることもできない。さらに、「たたき台」では、「新型インフルエンザと同様の影響を持つ未知の新感染症にも適用する」とされているが、「同様の影響をもつ未知の新感染症」の範囲も不明確である。 新型インフルエンザ等について、科学的な根拠が十分でないまま、予防接種が強制されたり、集会の自由を始めとする各種人権が制限される懸念を払拭できない。

新型インフルエンザについては、現行の「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(1998年10月2日法律第114号)においてその対策が定められている。同法においては、「新型インフルエンザ等感染症」は「新たに人から人に伝染する能力を有することとなったウイルスを病原体とするインフルエンザであって、一般に国民が当該感染症に対する免疫を獲得していないことから、当該感染症の全国的かつ急速なまん延により国民の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあると認められるもの」と定義され(6条7項)、「国民の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれ」が要件とされているが、2009年に発生したA型H1N1亜型インフルエンザ(以下「09年インフルエンザ」という。)は、その危険性がなお不明な時点で「新型インフルエンザ等感染症」に該当するものとして同法が適用され、その後、09年インフルエンザの危険性が概ね季節性インフルエンザと同程度であることが判明した後も、適用が続けられた。政府が、09年インフルエンザについて、同法6条7項の「新型インフルエンザ等感染症」と認められなくなった旨を公表したのは、2011年3月31日である。

このような09年インフルエンザの経験に照らすと、新型インフルエンザ特措法についても、その拡大適用が懸念されるところであり、仮に新たな新型インフルエンザ対策が必要であるとしても、その適用の要件及び手続、制限される人権の範囲及び程度等について、具体的内容を定めた法案に基づく十分な検討が必要であるが、今なお、政府が示しているのは極めて抽象的な「たたき台」のみであり、具体的な検討は全くなされていない。にもかかわらず、政府が3月中の法案提出を予定しているのは、あまりにも性急に過ぎる。

当連合会は、新型インフルエンザ対策のための法制が、科学的な根拠が不十分なまま、各種人権に対する過剰な制約を伴うものとならないよう政府に求めるとともに、上記問題点を十分に検討することなく性急な立法を目指すことには反対する。」


新型インフルを口実に治安維持法ができようとしている,と言ってもよいでしょう.
戒厳令が出されてからでは遅すぎます.急いで反対の声をあげるべきでしょう.

谷直樹







ワクチン未接種じゃなく抗生物質多用が公衆衛生の脅威

http://www.naturalnews.com/035163_public_health_unvaccinated_antibiotics.html

ワクチン未接種じゃなく抗生物質多用が公衆衛生の脅威
Unvaccinated people a public health threat? people who take antibiotics are the real danger
http://t.co/PXDmkPbv

(NaturalNews) Vaccine pushers often resort to an interesting fear tactic to try to mandate vaccine obedience among the masses: They insist that those who are unvaccinated are a health threat to the rest of the vaccinated population because the vaccinated people might get infected by the unvaccinated disease carriers!

The quack logic of such a claim should be self-evident. If vaccines protect people from infectious disease, then vaccinated people should not be concerned at all about being around unvaccinated people. After all, the vaccine made them all "immune," right?

But of course that's all propaganda. Vaccines don't really work at all. They are marketed under a blanket of disease hysteria and pimped by a cult following of medicalized quacks and needle junkies who abandoned real science long ago. After all, who needs real science when you've got the CDC marketing all the fear for you? The CDC is to medicine what George Bush was to the war industry -- spread a little fear and the profits roll in.

The real risk to others? People who routinely take antibiotics

As it turns out, the real health risk that does exist in person-to-person exposure of infectious disease comes from people who routinely take antibiotics. Those who take the most antibiotics become drug-resistant bacteria factories, and they can spread their drug-resistant strains to others around them. Their risk of developing superbugs rises proportionally to the frequency and duration of their taking prescription antibiotics. (http://www.naturalnews.com/028479_superbugs_antibiotics.html)

The most dangerous person in your family, it turns out, is not the "unvaccinated" person but the one taking antibiotics! They are human breeding grounds for bacterial mutations that can be downright deadly.

Why hospitals are so dangerous to your health

That's why informed people know the hospital is the most dangerous place you can go, other than working in a homemade meth lab of course. Hospitals are where superbugs pass easily from patient to doctor, and then from doctor to another patient. Hospital superbugs are spread by the medical staff, mostly because they routinely fail to wash their hands before touching patients.

As NaturalNews reported in January, 2010, a whopping 247 people die every day in U.S. hospitals from medical staff failing to wash their hands. (http://www.naturalnews.com/027981_doctors_hand_washing.html)

This is like a jumbo jet falling out of the sky and killing everyone on board every single day. It's like a 9/11 terrorist attacking happening every two weeks. This is one of the most alarming (and preventable) causes of death in America today and virtually no one even talks about it.

Doctors, of course, strongly contribute to the development of superbugs by handing out antibiotics as if they were Halloween candy. Someone shows up at the office with a sniffle, and the busy doctor scribbles out a prescription for some fashionable new antibiotic that earns him perks from the young drug rep whose PC database tracks every name-brand prescription he writes. The patient, meanwhile, spends a pocket fortune on a useless drug that's actually quite dangerous. Not only does it increase that patient's chances of developing a mutant strain of drug-resistant bacteria; it also flushes antibiotics down the drain and contaminates the environment downstream.

So if you're walking around in public suspiciously glancing around to see who might be sniffling or sneezing, clear your head and think about reality for a second. The CDC wants you to stupidly believe all the unvaccinated people are a threat to your health, when in reality people who consciously refuse vaccines tend to be far healthier and get sick far less often than the hypochondriac dweebs who rush out to get vaccinated every few months.

Doctors and drugs are the greatest threat to your health - far greater than terrorism

The real people who are a threat to your health are not just the pill-popping antibiotics consumers, but also:

• The psyched-out grandma on psychotropic drugs barreling down the road behind the wheel of a 1978 Buick. (Driving While Medicated...)

• The teen schoolboy who was diagnosed with depression and put on SSRI drugs that make him feel violently suicidal.

• The pediatrician who wants to inject your child with chemotherapy to "prevent" cancer and insist he's going to call CPS if you don't let him poison your child.

• The drug addict pharmacist who, in between incorrectly filling your prescription with random deadly chemicals, snorts up his own private concoction of controlled substances in the back room.

• The oncologist who misdiagnosed you with breast cancer but wants to poison you with five rounds of chemotherapy "just to be sure." (Oh yeah, I bet he never told you that he PROFITS from selling you the chemotherapy drugs that poison you...)

• The school bus driver with a heart condition who takes an extra dose of deadly statin drugs and suffers a fatal heart muscle breakdown while behind the wheel of a bus carrying 58 schoolchildren toward a railroad crossing.

These are the real threats to your safety... not a bunch of healthy people who deliberately refuse to be injected with hazardous vaccines.

But of course the medical establishment doesn't want you to be aware of any risks associated with using their products. All their drugs are perfectly safe! Perfectly effective! Perfectly priced! Perfectly profitable! There's nothing wrong with them, by God, or the FDA would never have approved them, would they?

Learn more: http://www.naturalnews.com/035163_public_health_unvaccinated_antibiotics.html#ixzz1oV8DWzVT


webページ翻訳URLはこちら
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fwww.naturalnews.com%2F035163_public_health_unvaccinated_antibiotics.html&wb_lp=ENJA&wb_dis=









インフルエンザウイルスが残っていても解熱したら即勤務する医療者たち





医療関係者のツイートより。転載


RT @nek×××: 一般演題の中に「インフルエンザワクチンを接種した職員は、罹患した場合も有意に休業日数が短かった」というのが…。質問してみたら解熱したら即勤務らしい。今季も一病棟で5人の看護師が連続罹患したとも言っていたけど、そりゃまあ…。この地域の別の病院も同じ形の就業制限らしい。posted at 22:38:20




大きな企業さんを訪問してインフルエンザワクチンを接種する仕事なんですが、
門のところで「インフルエンザの医師です」って言うたら駐車場入れてもらえへんかった… via TwitRocker2 for iPad

2012.11.22 08:45

Litsuko_K @jerosana

インフルエンザにかかった医師に来られても…、
みたいな扱いであったが、私も言いながらそう思った。 via TwitRocker2 for iPad

2012.11.22 08:50




インフル出席停止基準を見直しへ 「発症後5日間」を追加
http://www.47news.jp/CN/201202/CN2012021601001843.html





病院でインフル集団感染 埼玉・上尾市 < 2012年1月25日 22:31 >
http://www.news24.jp/articles/2012/01/25/07198839.html

●取手でもインフル集団感染、入院患者2人死亡  2012年1月29日
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120129-OYT1T00165.htm

●インフル患者170万人超、ワクチン過信は禁物 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120204-OYT1T00447.htm?from=tw

●岐阜でインフル集団感染2人死亡 老人福祉施設2カ所
http://www.at-s.com/news/detail/100096976.html


●《医療,福祉》特養ホームでインフル集団感染、1人死亡…茨城。http://t.co/PLfch8jt



平成24年2月14日 抗インフルエンザウイルス薬「イナビル」を使用した患者の転落死で通知 http://t.co/i5tkAPkL

 ●NHKニュース インフルエンザワクチン効果低い” http://nhk.jp/N40I5Z9x 

FRCSRJP 「神戸市、横浜市、三重県、佐賀県、堺市では80%以上がワクチン効果が低い。ウイルス異変でワクチン効果が低下した可能性」
(19時台ニュースで、神戸市では100%効き目なしと)

●厚労省発表 インフルエンザレベルマップ http://goo.gl/fAz1g 


●コクラン研究より 肺炎などの合併症や伝播への影響がある証拠はないhttp://wp.me/pW2RC-cT


●接種を受けた人の死亡率は100万あたり6.5,自然感染による死亡率の5.7倍であった
http://homepage2.nifty.com/clin_virol/parts/Clinical/InfluenzaA2009vaccine.pdf


●タミフルはやはり子供の異常行動の原因となる

●インフルエンザワクチン接種後死亡者数がインフル感染死者数とほぼ同じ

 

●インフルエンザワクチンは「副反応がなければ効き目などはどうでもい

 



また閣議決定を狙う!『新型インフル特措法案』【実質=戒厳令=外出の制限・集会中止】(3/6読売.共同.時事)・・・厚労省.ワクチン製薬4社に約1000億円支援(2011/8/20朝日)・・・ 緊急事態法制の整備は戦時体制・食糧統制の準備+製薬利権。


朝日新聞 asahi.com

2011年8月20日8時41分

http://www.asahi.com/health/news/TKY201108190494.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【引用開始】

新型インフルエンザが発生した場合、半年以内に全国民分のワクチンを生産できる見通しがたった。厚生労働省は19日、国内のワクチンメーカー4社に最大で約1019億円の支援をし、2013年度中の実用化を目指すと発表した。




 

強毒性新型インフル予測時、全国民に予防接種へ

政府は、強い毒性と感染力を持つ新型インフルエンザの国内流行が予想される場合、国民の安全確保のため、原則として全国民に予防接種を行う方針を固めた。


 


国内の医薬品メーカーなどと連携し、2013年度に1億3000万人分のワクチン供給体制の確立を目指す。9日の閣議で特別措置法案を決定し、今国会に提出する予定だ。

 政府は、強毒性の新型インフルが流行すれば、国内で最大64万人が死亡すると推計している。

 特措法案では、新型インフルの流行時に、首相が本部長を務める政府対策本部を設置すると明記。予防接種は、対策本部が「新型インフルエンザが国民の生命・健康に著しく重大な被害を与え、国民生活・経済の安定が損なわれないようにするため緊急の必要がある」と判断した場合に実施する。接種対象者や期間は対策本部がその都度検討するが、深刻な流行が予想される場合、持病が悪化する恐れがある患者などを除き、全国民への接種を想定している。

(2012年3月6日14時36分 読売新聞)
最新主要ニュース8本 : YOMIURI ONLINE トップ


http://bit.ly/zQeOir - 中国新聞

全国民に予防接種 新型インフル法案、今国会に提出へ 

 政府は6日、新型インフルエンザへの国の対策を定めた「新型インフルエンザ対策特別措置法案」をまとめた。法律で規定する行動計画に、2013年度中のワクチン生産体制確立を掲げ、予防接種は原則、全国民を対象とした。政府が流行の特性などに応じて年齢層などの優先順位を決める。行政は接種を奨励し、費用を負担。国民に接種の強制はしないが、努力義務を課す。



 





その他 インフルエンザワクチンを含む記事 一覧


新型インフルエンザワクチン接種後のナルコレプシーの多発についての調査が欧州で始まる

■問題のあるワクチンの行方は?

製薬会社から寄付金(自主申告)を受け取っている方々が因果関係を議論。

ワクチン接種による急性散在性脳脊髄炎ADEM

新型インフルエンザワクチンの副作用としてのギランバレー症候群

別種の生ワクチンの併用で新種のウィルスが誕生・パンデミックを起こせるかも(豪)
(※インフルエンザワクチンも儲けたい開業医から生ワクチン個人輸入の動きがあります。)

何もしなくても高接種率の日本、世界2位のワクチン市場

メルクの日本販社MSDが阪大微研とインフルエンザワクチン販売提携

化血研のインフルエンザワクチンによるアナフィラキシーの発症について 


インフルエンザウイルスが残っていても解熱したら即勤務する医療者たち

インフルエンザワクチンとタミフル・解熱剤

患者会・スポンサー製薬会社 : ■7ワクチンの予防接種法上の位置付けを決定- ヒブなど4種を定期一類に

ブースター効果のまぼろし


大手製薬メーカーがワクチン事業にのめり込むわけ

おなじみの製薬会社共催セミナー・学会

北杜夫さんは「インフルエンザワクチンの予防接種」を受けた後に体調崩し死亡

北里第一三共ワクチンの季節性インフルエンザワクチン、トリレオウイルスの混入が確定

タミフルはやはり子供の異常行動の原因となる

インフルエンザワクチン接種後死亡者数がインフル感染死者数とほぼ同じ


インフルエンザワクチンは「副反応がなければ効き目などはどうでもいいという思想のもとに開発された」


インフルエンザワクチンの感染予防率は1%

前橋レポート

予防接種の参考書「大切な人を守るために」 : インフルエンザのワクチン接種

インフルエンザ予防接種に賛否両論・効果に疑問今年から接種中止宣言した医療機関も


【再】前橋レポート(1990年前半にインフルエンザの集団予防接種が廃止されるきっかけとなった報告書です。)kangaeroo.net/D-maebashi-F-t… via web

2012.11.14 22:29

厚労省の細胞培養法インフルワクチン事業から阪大微研が撤退、厚労省は240億円で事業者を再公募へ



検索フォーム
Admin
記事一覧表記は引っ越し前のアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。 (アメブロは残しているので閲覧は可能です) まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、探したいキーワードなどから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。
プロフィール

予防接種の参考書

Author:予防接種の参考書
・このブログはアフィリエイトは一切含んでいません。
アメブロからFC2ブログへ引っ越してきました。

FC2ブログ記事中の関連記事紹介のURLがアメブロのURLのまま反映されていますので、
元ブログのアメブロは残しています。

気づいたときにFC2ブログのURLに変更していく予定ですので、何卒ご了承ください。

アメブロと同タイトルの記事がFC2ブログにもありますので、宜しくお願いします。過去記事への追記情報などもfc2ブログの記事のみに行っています。
タイトルに■をつけている記事に、よく追記情報を追加しています。
・ツイッターからの転載ツイは、嫌がらせやネットでの集団叩きが激しいことなど考慮して、一般の方はHNを伏字or削除させて頂いています。
医療関係者の方は、責任もっての発言と思われますのでHNもそのままツイ内容と一緒に貼らせて頂いています。

・2012/09以降の最新記事更新はFC2ブログのみで行います。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


国内でのワクチンに関するニュースなど紹介しています。
他に、
予防接種の参考書「大切な人を守るために」 ( 54記事 )
海外で出版されている予防接種の書籍の簡単な日本語翻訳版が読めます。(邦訳未出版ですので、お早めに読まれることをおすすめします。)

予防接種の参考書を最初の記事から読む(ここをクリック)
記事一覧表記はアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。
まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、キーワードから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。

目次 記事一覧は(ここをクリック)


(※簡易翻訳以外の記事は全てネット上や書籍に公開されている情報が元に転載して紹介しています、推進派の脅し対策として、各利用者の責任で記載されたものであり当方はその内容につき一切責任を負わないものとします。
各記事ごとに、ソース元はわかるように貼付していますので、ご不明な点はソース元でご確認ください。)

~翻訳者Hariさんのメッセージ~
私が大きく影響を受けた予防接種の参考本をご紹介させて下さい。

著者は、アメリカのホリスティック研究者であるDr.Tim O'Sheaで、
原本のタイトルはThe Sanctity of Human Blood : Vaccination I$ NOT Immunizationです。


The Sanctity of Human Blood : Vaccination is Not Immunization (Fifth Edition) [Paperback]
Tim O'Shea (Author)


翻訳本の方は、「予防接種の本当の意味ー大切な人を守るために」としました。

私自身、自分だけの時には何も深く考えずに予防接種を受けていましたが、
娘が生まれからは、
「子供の身体に注射するものだし、健康や命に関わるものだから、まずはどんなものなのかその実態と効能、危険性について親が知った上で判断したい」と思うようになりました。

同じ様に、ただ家族や医者から聞いたほんのちょっとの情報だけで、またはそのプレッシャーに押されて、

よくわからないままワクチン接種を受けてしまう方、

あるいは疑問を感じても参考になる情報をどこで探したらよいのか判らない方、

またはただ副作用が怖いらしい、といううわさだけで、確信はないが受けていないという方

色々だと思います。

私もそうした時期にこの参考書に出会い、まさに目からうろこの体験でした。
そして、自分の知りえた情報を分かち合いたいと思い、Dr.ティム オシアーに了承を得た上で、この本を日本語訳することにしました。

彼の本は、ワクチン接種の始まりと歴史から、現代のワクチンの実情に至るまで、細かい裏づけの参考資料とともに、一般の人にもわかりやすい内容で教えてくれます。

さらに、この本で使用している参考資料は、政府機関、主流の医学誌といった
「ワクチン接種を薦めている側」の資料なので、「ワクチン反対派」が感情的にいった不確定な情報なのでは、という心配がありません。

掲載している情報は、主にアメリカの状況が中心ですが、日本の現状を知るにも十分役に立つものです。
何より、ワクチン製造業者と政府間の権力及び資金関係の結びつき、メディアへの影響力などは、アメリカに限るものとは言えませんから、実に興味深いと思います。

翻訳の全文章を、私の日記に項目ごとにわけて掲載してあります。
ただし、こちらは校正チェック前の文章ですので、多少読み苦しい箇所もあるかも知れません。

今回、著者のウェブサイトに日本語版を電子書籍(e-book)という形で掲載しましたので
ご興味のある方はぜひこちらの方をご覧になって下さい。購入に
は$25かかりますが、その価値は十分あると思います。

(注※当ブログに簡易翻訳版を記事・日記にしているので
購入しなくてもある程度読めます。
上記の目次欄
でご確認ください。
翻訳者様の紹介メッセージをそのまま転載しただけで
購入をすすめているわけではありません。
いつか日本語版が日本でも出版されることを願っています。)

www.thedoctorwithin.com

books & CDs という欄をクリックすると掲示されます。

まずは、日記のほう(無料)をお読みになってから
ご検討くださると良いと思います!

それでは、
この本で得た情報が、一人でも多くの両親と子供達の役に立つことが出来ますように!





医薬品医療機器情報提供ホームページ(医薬品名、ワクチン名検索で、成分、製造法、副作用の医薬品添付文書をPDFファイルで閲覧可能)

その他
薬のチェックは命のチェック No.43[特集]ヒブ・肺炎球菌ワクチン
●予防接種前から髄膜炎は減っている。



ワクチンは効かない
偽の抗体と免疫に、感染予防効果なし。
医師の見解
まちがいだらけの予防接種

多数の人骨が発掘された731部隊「防疫研究室」跡地に建設を強行した、国立感染症研究所を提訴した裁判(上)
感染研における最近の不祥事について【バイオハザード予防市民センター】
バイオハザード予防市民センター



ブックマーク一覧

麻疹・風疹ワクチンのウイルス株の型は自然界には流行していない

日本の風疹HI法の抗体価は国際基準EIA法にすると3倍高い→ワクチン接種対象者が2.6倍に


 














にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 病気情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
リンク
ツイッターおすすめまとめ
まとめツールをブログに貼らせて頂いていますが、外したほうが良い場合は、 コメント欄からお知らせくださいませ。
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。