スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ブースター効果のまぼろし

自然の状態で喉から段階を踏んで血液中にまで侵入し、
本物の病気にかかった場合は、その病原体の特徴は細胞に記憶されます。
そして次に感染した時にはこの記憶によって、いち早く抗体がつくられ
発病を未然にくいとめます。
(細胞性免疫による終生免疫)

したがって、その病気には二度とかからない体になります。

このことは、次のような事実が証明しています。

はしか(麻疹)のウイルスの感染力は非常に強く、
また感染するとほとんど100%の人が発病すると言われています。
1864年に、デンマークのファロア島ではしかが流行しました。

これは65年ぶりの大流行で、島民7782人中約6000人(78%)が発病しました。
しかし、65年前の流行時に一度かかっていた老人98人は、ひとりも発病しませんでした
(※「ひとのワクチン」北里研究所編 養賢堂)

この島には65年間はしかのウイルスはいませんでした。

ですから、これらの老人は時々ウイルスに感染して追加免疫を得ていたわけではなく、
一度の感染で協力な終生免疫ができていたのです。

同じようなことは、グリーンランド島、タヒチ島などの孤島でも観察されていますし、
ヨーロッパのペストの流行についての記録からもうかがわれます
(※「ペスト大流行」村上陽一郎著 岩波新書)

私たちは感染症にかかることによって、終生免疫という素晴らしい抵抗力を得ることができます。

これによって人類は感染症の流行と戦い、それに打ち勝ってきたのです。

これに対してワクチンはあくまでも、ニセの病原体ですから、
予防接種によって得られる免疫も、本物の病気によって得られる終生免疫に比べると
ずっと限られた期間しか効力を発揮しません。

つまり、予防接種を受けても、その病気にかからない体になるわけではありません。

1991年2月の新聞に、「砂糖の賞味期間を明記する」という記事が出ていました。
砂糖は、数年保存すると、微量の不純物のために褐色になりますが
味まで変わるかどうか戦中派で甘味に植えて育った私の舌では識別できません。
そんなデリケートな点までも食品業界では問題にされる時代になったわけです。

砂糖でも問題になるのですから、命や健康に影響するワクチンの免疫持続期間は
もっと問題にされて当然です。

ところが、そのワクチンの免疫持続期間の長さは、よくわからないのです。

ワクチンを接種すると、まず弱い免疫(体液性免疫)ができます。
この免疫が持続している何か月か何年かの間に、あちこちの保菌者から
排泄された病原体を吸い込み、自覚症状もない程度に軽く病気にかかる(不顕性感染といいます)と、
前に接種したワクチンとの相乗効果(ブースター効果)によって強い免疫(細胞性免疫)ができて、
二度とその病気にはかからなくなります。

ブースター効果があってはじめて、終生免疫が得られるわけです。
先に挙げた「1回の接種で一生涯続く免疫が獲得できる」といった説は、
この結果だけを見たものといえます。


しかし、もしワクチン接種後に不顕性感染しなかったらどうでしょう。
不顕性感染しないということは、まわりにその病原体がないということです。

これでは予防接種の効果が持続したおかげで病気にかからずにすんだのか
それとも、まわりに病原体がなくて、病気にかからずにすんだのかわかりません。

つまり、病気が流行していようがいまいが、いずれにしろワクチンの免疫持続期間を確認する方法はありません。

したがって、まわりに特定の病原体がウヨウヨいる生活環境でない限り、
「1回の接種で一生涯つづく免疫を獲得できる」とはいえないことになります。

幸い現在の日本人は、そんな生活環境にありませんので、
そこで行われる予防接種は、本来の(ブースター効果抜きの)免疫持続期間しか効果を発揮できない
つまり非常に限られた有効性しか発揮できないということです。

中略

ワクチンではブースター効果をきっちり得られない限り、本当の病気にかかった時にできる
「細胞性免疫」(終生免疫)ではなく、一時的な「体液性免疫」しかできません。

この体液性免疫の免疫持続期間は長くて、2~3年、短いと数か月と言われており、
これがワクチンの本来の賞味期間といえます。

さて、生ワクチン(ポリオ、麻疹、風疹、おたふく(ムンプス)、BCG、ロタワクチンなど)については
1回の接種で一生涯つづく免疫と獲得できるとまで豪語した「予防接種の手びき」ですが、
不活化ワクチン(百日咳、インフルエンザワクチン、日本脳炎など)の効果になると、
「半年か、数年くらいしか有効でない」とトーンダウンします。

予防接種の手びきが出版された1975年以前の、現在よりたくさんの病原体が
まわりにばらまかれてる状態のこのときですらこの程度です。

不顕性感染によるブースター効果が期待できない病気では
2~3か月もあればいいほうだと言われてますし、
一部の医師は「不活化ワクチン」は効かないと明言しています。

そういえばインフルエンザ予防接種は、毎年接種を義務づけられていました。
不活化ワクチンであるインフルエンザの賞味期間は、ひいき目に見ても数か月のようです。

1993年9月25日付けの「教育医事新聞」が「免疫力減退か、高学年に目立つ」という見出しの記事を掲載しました。
それによると、最近、小学校4~5年で麻疹に罹患するものが増えており
その中には予防接種をすでに受けた人が15%ほど含まれているということです。
アメリカでも、子供のころに予防接種を受けた大学生にはしかが流行しているそうです。
これに対して、一部の医師らは、「ならば10年ごとに予防接種をすればいい」と言っています。

中略

私は予防接種というマヤカシの免疫でごまかして、子供に本当の免疫力をつけないことの恐ろしさを感じています。
子供のときにかかるはしかはたいした病気ではありませんが、大人になってからはしかにかかると重症化します。

ワクチンは病原体の死体やその一部分だけだったり、
または、病原体を何代も植えついだりしていて、その牙を抜いてしまったものです。
映画で手に汗握るシーンで猛獣との格闘がありますが、あの猛獣の牙はヤスリで削りとってあるそうです。

俳優は映画(予防接種)という「マヤカシ」の世界の中で、牙を抜かれた「マヤカシ」の猛獣(ワクチン)と
芝居を演じるわけですが、はたして彼は、本物の猛獣(病気)と格闘したときには勝てるのでしょうか。

でも、もし彼が、子供のころ本物の病気にかかったり、不顕性感染したことがあれば
その病気の病原体が再び彼を襲うことはまずありません。

藤井俊介 「まちがいだらけの予防接種」
より抜粋

amazon まちがいだらけの予防接種

楽天BOOKS まちがいだらけの予防接種 子どもを愛するすべての両親へ


「予防接種をすれば軽くすむ」という幻想

http://ameblo.jp/murdervaccine/entry-10825486768.html


●予防接種が子供を殺しているという事実


●効果率のまやかし


病気の「数字」のウソを見抜く http://bit.ly/s7ansr

http://ameblo.jp/murdervaccine/entry-11082897599.html




集団免疫の幻 No Value in Any Influenza Vaccine http://murdervaccine.blog.fc2.com/blog-entry-298.html via Safari on iOS

2012.10.28 10:24
ブースター効果のまぼろし まちがいだらけの予防接種より http://murdervaccine.blog.fc2.com/blog-entry-147.html via Safari on iOS

2012.10.28 10:25
↓返信
Drponchi@ 同意します。 via web

2012.10.28 10:27






スポンサーサイト

読者からの副反応被害情報

読者からの情報





 

さん

たまたまたどりつきました。私は妹の娘が予防接種後、7か月に突然死に遭い、そのあと自分も妊娠し、調べた上(なんの知識ないので)で予防接種はしないことに決め、現在娘は1歳8か月になろうとしてますが、健やかにそだっているので安心してますが、判らないことだらけなので勉強させてください。

2011年02月10日


________________________________________


@×××【悲しい…】 友達の赤ちゃんが生後4ヶ月でお空の天使になりました。
三種混合とヒブワクチン同時接種でアナフィラキシおこし助からなかったと…
予防接種って怖い。でもするよねみんな。
via Twipple for Android

2011.12.28 09:21

予防接種の参考本:ティム オシアー著(科学的根拠のない予防接種。)


○○○@××× え?!健康体だったのに、予防接種のせいでなの?!
via TweetCaster for Android

2011.12.28 13:03

×××@○○○ うん。予防接種の副作用とゆーかショック起こしたんだね…
言葉が出ないよね…4ヶ月の子が健康体かどーかって判断難しいよね。
via Twipple for Android

2011.12.28 19:57


○○○@××× ショック?副作用…うわ、怖い…(゚◇゚)ガーン 
お母さんの気持ち、計り知れないよね(/_;)
via TweetCaster for Android

2011.12.28 20:10




________________________________________


  • @ 娘さんおたふく風邪なのですね。お大事に。m(__)m次男が幼稚園の時、本人がうつらなかったのに私がうつってしまった経験が有ります。長男は、予防接種してたのに高校生の時に娘(妹)からうつってました。大人になってからは、大変ですから早くて良かったかもですね。

  • @ 次男は予防接種のみですが、うつらなかったです。その人によるのでしょうね。ちなみに娘は、はしかの予防接種したのに、重症になりました。(>_<) 100%は無いですが、心配のし過ぎも必要ないと思います。(^_^)☆

  • ぎゃ今晩は左側臥位じゃ寝れない(泣)患部腫れてて痛い。数年前ムンプスの予防接種の副反応でムンプスになりDrに体質的にワクチンに弱いと言われた私…いま頑張ってインフルエンザワクチンと戦っているようです(;´д`)


Σ( ̄◇ ̄*)検査の結果、水疱瘡とはしかの抗体がなかった↓↓

母子手帳を見ると、ちゃんとはしかとかは予防接種しているのに怖いわ~。急きょ水疱瘡の予防接種をしてきました。息子くんは1年半も前に接種しているのに。出遅れた(笑) via Keitai Web





________________________________________

RT  @×××: トーキング・ヘッズ 岩田健太郎:インフルエンザワクチンは高齢者の死亡率を減少させるが罹患率の低下は不明。強制接種まがいのワクチン推進は危険で国民個人の選択権の尊重を。リスクなきワクチンは無い。医者や官僚に完璧な無謬性を求めるだけでなく接種同意した側もリスクを負う自己責任意識が必要




@×××
匿名の推進派先生の主張 (感染症専門 小児科医 3年後開業目標 今年帰国 VPD加盟 大阪)

「ワクチンに100%安全はない「自己責任」で接種するもの、それが理解できないものは接種すべきでない。
人に強制されてするものでない。現場や国の責任するからワクチン後進国になった。
自然罹患は「親の責任」ワクチンで何かあったら不可抗力(運命)」だそうです。

 匿名だったのでどこの病院かは解りませんがVPD加盟の病院の先生は皆そういう認識なのだろうか?
2011/12/27


  • @×××ワクチンの副反応リスクを軽視、無視したり、副反応の害は運命なんていう専門家は信用できない!2011/12/27

  •  
    @×××ワクチン未接種を藁人形論法なんでもありで毎日罵倒中傷し社会的圧力かけて強制のように勧めておいて、接種は“自己責任”で、ワクチンでどうにかなること副反応被害は“運命”です、なんてVPDの小児科医が言うんだから、警戒されて当然ですよね(´・ω・`)2011/12/28

________________________________________




テーマ:ワクチン被害者救済情報 


MRワクチンで脳症の障害、麻疹ワクチンで髄膜脳炎になり死亡

ワクチン被害者救済情報(相談窓口など追記)










不活化ポリオワクチンの副反応

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

上は平成23年12月3日に行なわれた「宮城県広域化予防接種事業研修会学術講演会」での、岡部信彦先生(国立感染症情報センター)の講演録からお借りした表です。

 

アメリカのワクチン副反応報告制度のデータベースによると、2010年にはIPV(不活化ポリオワクチン)単独で、死亡4例、障害7例、入院45例が報告されています。

また「三種混合+IPV+ヒブ」では死亡27例、障害5例、入院124例 が報告されています。

IPVは生ワクチンではないため、ポリオこそ発症しませんが、副反応がゼロではありません。

現在日本ではIPVは未承認のため、副反応による被害に公的な救済制度が適用されません。

IPVを希望される方はこのことも知っておく必要があります。

 

 

転載元:あやし小児科医院 第2ホームページ

不活化ポリオワクチンの副反応





ロタテックの接種で川崎病

http://t.co/DrTACVXA

Kawasaki Syndrome and RotaTeq Vaccine

Close up of baby

The Food and Drug Administration (FDA) approvedExternal Web Site Icon a label for RotaTeq ®, a rotavirus vaccine manufactured by Merck and Co., Inc, to include information on reports of Kawasaki syndrome occurring before and after the vaccine's licensure in February 2006. FDA has not made any changes to its indications for use of RotaTeq nor has it issued new or revised warnings or precautions. Likewise, the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) has not made any changes in its recommendations regarding the use of RotaTeq. Healthcare providers and parents should remain confident in using RotaTeq in infants.

The FDA reports that five cases of Kawasaki syndrome have been identified in children less that 1 year of age who received the RotaTeq vaccine during clinical trials conducted before the vaccine was licensed. Three reports of Kawasaki syndrome were detected following the vaccine's approval in February 2006 through routine monitoring using the Vaccine Adverse Event Reporting System (VAERS). After learning about these Kawasaki syndrome reports, CDC identified one additional unconfirmed case through its Vaccine Safety Datalink project. The vaccine label has been revised to notify healthcare providers and the public about the reports of Kawasaki syndrome following RotaTeq vaccination.

The number of Kawasaki syndrome reports does not exceed the number of cases we expect to see based on the usual occurrence of Kawasaki syndrome in children. There is no known cause-and-effect relationship between receiving RotaTeq or any other vaccine and the occurrence of Kawasaki syndrome.

The available data support the safety of the RotaTeq vaccine and its effectiveness in preventing rotavirus infection, a common cause of severe infant diarrhea and hospitalization. CDC and FDA continue to monitor the safety of RotaTeq and all vaccines.

Key Facts

  • CDC is not changing its immunization policy at this time. The available data support the safety and effectiveness of the RotaTeq vaccine in preventing rotavirus infection. CDC continues to support the recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) for routine immunization of all U.S. infants with three doses of RotaTeq administered orally at age 2, 4, and 6 months.
  • It is important to remember that the known benefits of RotaTeq vaccine in preventing rotavirus disease--the cause of one of our most common and potentially severe childhood illnesses--outweigh any known risks to date. Rotavirus causes severe diarrhea, vomiting, fever, and dehydration (gastroenteritis) in infants and young children. It is the leading cause of gastroenteritis in infants and children worldwide. Each year in the United States, rotavirus is responsible for more than 400,000 doctor visits, more than 200,000 emergency department visits, 55,000 to 70,000 hospitalizations, and between 20 and 60 deaths among children less than 5 years of age. Worldwide, rotavirus causes approximately 1,600 deaths each day among children less than 5 years of age.
  • Approximately 6 million doses of RotaTeq have been distributed in the United States through June 8, 2007. The three Kawasaki syndrome reports submitted to VAERS since the vaccine's licensure on February 3, 2006 do not exceed the number of cases we expect to see based on the usual occurrence of Kawasaki syndrome in children.
  • As of June 13, 2007, CDC's VSD project reported one unconfirmed case of Kawasaki syndrome within 30 days of RotaTeq vaccination among 65,000 doses administered to children less than 1 year of age who are enrolled in the VSD project. This case has not been reported to VAERS. The VSD finding does not represent an increased risk over what would be expected to occur naturally among children less than 1 year of age who did not receive RotaTeq. VSD will continue to monitor for Kawasaki syndrome following RotaTeq vaccination.
  • The RotaTeq label has been updated to include six specific cases of Kawasaki syndrome that were observed during the clinical trials conducted before the vaccine was licensed. There were five cases among the 36,150 recipients of RotaTeq and one case among the 32,536 placebo recipients. It is not known if RotaTeq played a role in these cases. Additionally, the label has been revised to include information that VAERS has received reports of Kawasaki syndrome. Since licensure on February 3, 2006, three reports of Kawasaki syndrome have been submitted to VAERS. In the VAERS reports, the children had received other childhood vaccines in addition to RotaTeq.
  • Kawasaki syndrome is a serious illness in children of unknown cause and characterized by a high fever that lasts several days. Kawasaki syndrome causes inflammation of the walls of the small- and medium-sized arteries (vasculitis) throughout the body, including the coronary arteries. Kawasaki syndrome primarily occurs in young children, most under 5 years of age. It affects approximately 4,000 children in the United States each year. There is no specific test to diagnose Kawasaki syndrome. A doctor diagnoses Kawasaki syndrome based on the presence of typical signs and symptoms. These include a high fever that lasts for five or more days, irritability, red eyes, bright red and cracked lips, a "strawberry" tongue, swollen hands and feet, peeling skin on the fingertips and toes, a rash, and swollen lymph nodes. Prompt recognition of symptoms and appropriate treatment are essential in the care of Kawasaki syndrome.
  • Kawasaki syndrome has been seen after a variety of infectious or environmental exposures including a prior respiratory illness, exposure to carpet-cleaning chemicals, use of a humidifier, and living near a body of water. There is no firm evidence that Kawasaki syndrome is caused by any of these factors. Kawasaki syndrome has not been linked to vaccinations.
  • CDC and FDA continue to monitor the safety of RotaTeq and all vaccines, and encourage health care providers and other individuals to report cases of Kawasaki syndrome or other severe medical problems following vaccination to VAERS. For a copy of the vaccine reporting form, call 1-800-822-7967 or visit VAERS.

Related Scientific Articles

Belongia EA, Irving SA, Shui IM, Kulldorf M, Lewis E, Yiu R, Lieu TA, Weintraub E, Yih WK, Li R, Baggs J, Vaccine Safety Datalink Investigation Group. Real-time surveillance to assess risk of intussusception and other adverse events after pentavalent bovine-derived rotavirus vaccine.External Web Site Icon Pediatr Inf Dis J. 2010 Jan;29(1):1-5.

Haber P, Patel M, Inzurieta HS, Baggs J, Gagiullo P, Weintraub E, Cortese M, Braun MM, Belongia EA, Miller E, Ball R, Iskander J, Parashar UD. Postlicensure monitoring of intussusception after RotaTeq vaccination in the United States, February 1, 2006, to September 25, 2007.External Web Site Icon Pediatrics 2008 Jun;121(6):1206-12.

Centers for Disease Control and Prevention (CDC). Withdrawal of Rotavirus Vaccine Recommendation. MMWR 1999 Nov 5;48(43);1007.

 






検索フォーム
Admin
記事一覧表記は引っ越し前のアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。 (アメブロは残しているので閲覧は可能です) まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、探したいキーワードなどから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。
プロフィール

予防接種の参考書

Author:予防接種の参考書
・このブログはアフィリエイトは一切含んでいません。
アメブロからFC2ブログへ引っ越してきました。

FC2ブログ記事中の関連記事紹介のURLがアメブロのURLのまま反映されていますので、
元ブログのアメブロは残しています。

気づいたときにFC2ブログのURLに変更していく予定ですので、何卒ご了承ください。

アメブロと同タイトルの記事がFC2ブログにもありますので、宜しくお願いします。過去記事への追記情報などもfc2ブログの記事のみに行っています。
タイトルに■をつけている記事に、よく追記情報を追加しています。
・ツイッターからの転載ツイは、嫌がらせやネットでの集団叩きが激しいことなど考慮して、一般の方はHNを伏字or削除させて頂いています。
医療関係者の方は、責任もっての発言と思われますのでHNもそのままツイ内容と一緒に貼らせて頂いています。

・2012/09以降の最新記事更新はFC2ブログのみで行います。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


国内でのワクチンに関するニュースなど紹介しています。
他に、
予防接種の参考書「大切な人を守るために」 ( 54記事 )
海外で出版されている予防接種の書籍の簡単な日本語翻訳版が読めます。(邦訳未出版ですので、お早めに読まれることをおすすめします。)

予防接種の参考書を最初の記事から読む(ここをクリック)
記事一覧表記はアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。
まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、キーワードから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。

目次 記事一覧は(ここをクリック)


(※簡易翻訳以外の記事は全てネット上や書籍に公開されている情報が元に転載して紹介しています、推進派の脅し対策として、各利用者の責任で記載されたものであり当方はその内容につき一切責任を負わないものとします。
各記事ごとに、ソース元はわかるように貼付していますので、ご不明な点はソース元でご確認ください。)

~翻訳者Hariさんのメッセージ~
私が大きく影響を受けた予防接種の参考本をご紹介させて下さい。

著者は、アメリカのホリスティック研究者であるDr.Tim O'Sheaで、
原本のタイトルはThe Sanctity of Human Blood : Vaccination I$ NOT Immunizationです。


The Sanctity of Human Blood : Vaccination is Not Immunization (Fifth Edition) [Paperback]
Tim O'Shea (Author)


翻訳本の方は、「予防接種の本当の意味ー大切な人を守るために」としました。

私自身、自分だけの時には何も深く考えずに予防接種を受けていましたが、
娘が生まれからは、
「子供の身体に注射するものだし、健康や命に関わるものだから、まずはどんなものなのかその実態と効能、危険性について親が知った上で判断したい」と思うようになりました。

同じ様に、ただ家族や医者から聞いたほんのちょっとの情報だけで、またはそのプレッシャーに押されて、

よくわからないままワクチン接種を受けてしまう方、

あるいは疑問を感じても参考になる情報をどこで探したらよいのか判らない方、

またはただ副作用が怖いらしい、といううわさだけで、確信はないが受けていないという方

色々だと思います。

私もそうした時期にこの参考書に出会い、まさに目からうろこの体験でした。
そして、自分の知りえた情報を分かち合いたいと思い、Dr.ティム オシアーに了承を得た上で、この本を日本語訳することにしました。

彼の本は、ワクチン接種の始まりと歴史から、現代のワクチンの実情に至るまで、細かい裏づけの参考資料とともに、一般の人にもわかりやすい内容で教えてくれます。

さらに、この本で使用している参考資料は、政府機関、主流の医学誌といった
「ワクチン接種を薦めている側」の資料なので、「ワクチン反対派」が感情的にいった不確定な情報なのでは、という心配がありません。

掲載している情報は、主にアメリカの状況が中心ですが、日本の現状を知るにも十分役に立つものです。
何より、ワクチン製造業者と政府間の権力及び資金関係の結びつき、メディアへの影響力などは、アメリカに限るものとは言えませんから、実に興味深いと思います。

翻訳の全文章を、私の日記に項目ごとにわけて掲載してあります。
ただし、こちらは校正チェック前の文章ですので、多少読み苦しい箇所もあるかも知れません。

今回、著者のウェブサイトに日本語版を電子書籍(e-book)という形で掲載しましたので
ご興味のある方はぜひこちらの方をご覧になって下さい。購入に
は$25かかりますが、その価値は十分あると思います。

(注※当ブログに簡易翻訳版を記事・日記にしているので
購入しなくてもある程度読めます。
上記の目次欄
でご確認ください。
翻訳者様の紹介メッセージをそのまま転載しただけで
購入をすすめているわけではありません。
いつか日本語版が日本でも出版されることを願っています。)

www.thedoctorwithin.com

books & CDs という欄をクリックすると掲示されます。

まずは、日記のほう(無料)をお読みになってから
ご検討くださると良いと思います!

それでは、
この本で得た情報が、一人でも多くの両親と子供達の役に立つことが出来ますように!





医薬品医療機器情報提供ホームページ(医薬品名、ワクチン名検索で、成分、製造法、副作用の医薬品添付文書をPDFファイルで閲覧可能)

その他
薬のチェックは命のチェック No.43[特集]ヒブ・肺炎球菌ワクチン
●予防接種前から髄膜炎は減っている。



ワクチンは効かない
偽の抗体と免疫に、感染予防効果なし。
医師の見解
まちがいだらけの予防接種

多数の人骨が発掘された731部隊「防疫研究室」跡地に建設を強行した、国立感染症研究所を提訴した裁判(上)
感染研における最近の不祥事について【バイオハザード予防市民センター】
バイオハザード予防市民センター



ブックマーク一覧

麻疹・風疹ワクチンのウイルス株の型は自然界には流行していない

日本の風疹HI法の抗体価は国際基準EIA法にすると3倍高い→ワクチン接種対象者が2.6倍に


 














にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 病気情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
リンク
ツイッターおすすめまとめ
まとめツールをブログに貼らせて頂いていますが、外したほうが良い場合は、 コメント欄からお知らせくださいませ。
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。