スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




破傷風、百日咳、B型肝炎などの5種混合ワクチンで死亡事例相次ぐ

ベトナムで乳幼児無料ワクチンの死亡事例相次ぐ 有料ワクチンに長蛇の列―中国メディア
#excitenews
2014年7月13日 22時24分 (2014年7月18日 09時30分 更新)
問題となっているワクチンは「Quinvaxem」と呼ばれる破傷風、百日咳、B型肝炎などの5種混合液体ワクチンで、
韓国で生産されて


中国メディア・国際在線は10日、ベトナムの首都ハノイで乳幼児向けの無料予防ワクチンで35人が死亡したことで、
無料ワクチンの安全性に疑問を持った保護者が子どもに有料ワクチン接種を受けさせるため、長蛇の列を作っていると報じた。

ベトナムメディアはこのところ、乳幼児向け無料ワクチン接種による不良反応や死亡例について絶えず報道している。
問題となっているワクチンは「Quinvaxem」と呼ばれる破傷風、百日咳、B型肝炎などの5種混合液体ワクチンで、
韓国で生産されているという。このワクチンを接種したことで死亡した児童はすでに35人に達したとのことだ。

このため、多くの保護者が無料ワクチンを敬遠して有料ワクチンを受けさせるべく長蛇の列をなしており、
ワクチン不足が起きているようだ。

国家免疫接種拡大プロジェクトの担当者は現地メディアの取材に対して
「現在不足しているのは有料ワクチンのみ。問題となった5種混合ワクチンを含めた11種類のワクチンはいずれも十分な量を確保している」とコメントした。

また、同プロジェクトにおけるワクチンはいずれも安全かつ効果があり
「有料ワクチンが無料ワクチンより優れているという話には全く根拠がない」と強調した。

(編集翻訳 城山俊樹)

集団免疫の幻




スポンサーサイト

ベルギーで6種混合ワクチンInfanrix Hexaにより二年間で73人の乳幼児が死亡

ベルギーで6種混合ワクチンInfanrix Hexaにより二年間で73人の乳幼児が死亡していた。12月6日ベルギーの団体が、リークされたGSKの機密文書をもとに告発translate.googleusercontent.com/translate_c?de

※以下は自動翻訳

INFANRIXヘキサ、後の子供の死亡の時に非常に偏在 ファーマコビジランスの信号である (これらの死亡の大半はワクチン接種後の最初の数日間に集中している)

121228 1752-0001
121228 1753-0002
121228 1753-0003






上に書いたものに、さらに3つの小さな詳細:
1)それは、我々はもともと計算していたとして、2011年10月に14人が死亡、2009年と終わりから10月の間に、GSKによって記録された、というわけではないが、36(2010年から2011年と22から2009 2010から14)。 これらの36人が死亡に加えて、他の少なくとも37死亡(主に突然死)、累計に少なくとも2000年のワクチンの発売以来、少なくとも73人が死亡、そして、再び、これは突然の死によってのみ死、過少報告の更なる回復に関係します。、我々は我々を押して調整しましたこの点で、我々は電子メールベルスのL'Avenirを受けるリリース。

2)それは、それは我々が情報のGSKの保持を責めていることを言うことは間違っています、実際には全体の責任は保健当局の一部に位置しています。 GSKは、お金を稼ぐことがある。 そこで我々は、セキュリティの面でそれらから何かを期待していないと透明性は、我々は夜に、別の場所で撮影するために今週の金曜日来たRTLジャーナリストで12月7日に説明したように(レポートがリリースされるかどう私たちは知らずに、しかし、高感度とタブーを見た)。

3)私たちは予防接種に関する情報の分野で働いている場合、それは、したがって、個々の人々の決断は絶対に戻っていないことを我々の見解である。 それは反ワクチンの話するのは非合理です。 あなたワクチン接種かどうか読んでいる人は、変更しないでください私たちの生活は私たちにはまったく、それは完全に認識することが重要です。私たちの行動は完全に準拠した事実である。 ベルギーでは、確かに存在する法律(2002年8月22日)、通常、市民が十分に包括的かつ客観的な持っていることを確認することになっているリスク(重症度と頻度)だけでなく、与えられた治療に対する給付および選択肢についての情報、彼らが自由にかつ故意に選択できるように。事実フランス語、保護者の方ONEの保育園内のすべての子供のための義務的な事実でワクチンINFANRIXヘキサ(フランスとは異なり、ベルギーで編成五価の使用不能を参照してください)実務家、ONEおよびこの法律となる情報の義務を遵守するためのポリシーを免除することはありません。
しかし、それはこの法律があっても、政治家が投票し、ワクチン接種の分野ではない尊敬されることがない残念な恥である! そして、この法律の不遵守は、この膨大な文書の光の中でさらに魅力的と叫ぶように見える人々は(ONEを含む)のみのローカルな副作用は、他の可能性のある副作用を聞くことは決してないので!
ここでは確かに間に著しい対照擬似有益ラベルONEと膨大な文書は、これまで機密情報、INFANRIXヘキサは 予防医学ガイドつのインスタンスの真ん中にいるこのショーは(だから偽善?)その労働者は"ワクチンの副作用を知っている"と指示を読んで下さい!

[注:このINFANRIXヘキサの情報は世界中に広がっているし、我々は面白いONEおよび慣行があっても、イタリアに知られるように今ここにあることがわかり...]
したがって、そこにある明らかな沈黙のおきてワクチンのリスクについては、当局は、法律はまだそれらを必要とするため、詳細を入力することによって、彼らはワクチンから人々を先送りにすること!知っているので、認めるが、それでも非常に一般的と言う と、この欠陥、非遵守を考える法律では、政策を含め、市民のイニシアチブは絶対に必要だったと正当になりました。 だから我々は盲目的に製薬会社のビジネスをサポートするフィールドの政治の失敗を記入し、(彼らの雇用を脅迫に屈する最近L. Onkelinxによって署名されたCF。安定化協定)本当に安全、仲間の市民を心配する前に!







ベルギーで6種混合ワクチンInfanrix Hexaにより二年間で73人の乳幼児が死亡していた。12月6日ベルギーの団体が、リークされたGSKの機密文書をもとに告発translate.googleusercontent.com/translate_c?de… via web

2012.12.28 17:50

↓六種混合って、日本でも接種してる?!ariakekids.byoinnavi.jp/files/6種混合説明書.pdf

2012.12.28 17:57

じゃんじゃん個人輸入されて口コミなんかを利用したりしてか広がってます。輸入代行業者があるようですね。ワクチンに関しては最近ですとIPVが目立ったケースでした。 via Twitter for iPhone
※引用注※
個人輸入ワクチンは、VPD加盟医師や、ツイッターで推進必死な医師もよく宣伝やってますね
2012.12.28 21:41


これから死亡率が明らかになって、近いうちに報道されるのではないでしょうか。ベルギーの報道は仏語なので、理解できない(泣)のですが、活字メディアに大々的に報道されたようです。人口約1千万人の国でワクチン接種による乳幼児死亡数が二年間で73人って、もの凄い数です

2012.12.28 21:46

混合ワクチンの危険性と質的には異なる問題としてやはり同時接種の危険性が気がかりでなりません。実際に厚労省傘下の検討会にあがる接種後の死亡例は明らかに同時接種が多いと思うんです。 via Twitter for iPhone

2012.12.28 21:53

六種混合Infanrix Hexaも、肺炎球菌ワクチン(Prevenar13)と同時接種した時の副作用が問題になってる様です。(まだ英語版の情報が少なくて、詳しいことがわかりませんが)

2012.12.28 22:06

私もそんなことの紹介されたTweetをいくつかRTしました。 素人考えですからなんですが、一度にいくつもの抗原を入れて都合よくそれぞれの抗体産性能が獲得できるなんて思えないです。 via Twitter for iPhone

2012.12.28 22:44


「個人輸入したワクチンは認可を受けていませんので定期接種とはみなされず、
万が一健康被害があった場合も予防接種法で救済されません。
任意接種によって健康被害が起こったときに受けられる救済制度も受けることはできません」

mcfh.or.jp/netsoudan/arti… via web

2012.12.28 17:58





このワクチンを受けた子どもたちの有害事象報告1742件

1,742 Reports of Adverse Events After Children Received This Vaccine | Vactruth.com vactruth.com/2012/12/27/174… via @vactruth via Tweet Button

2012.12.27 19:55

以下自動翻訳

先週、VacTruthは彼らの6-in-oneのワクチンについては、1271ページ機密グラクソ·スミスクライン文書の詳細を報告した。複数の機密書類は最近マスコミにリークされています。ベルギーのウェブサイトイニシアティブCitoyeeneは、 リークされた文書の両方を報告した。

最新の機密文書は、プレベナー13ワクチンは、ファイザー社(現ワイスと合併)によって製造された肺炎球菌ワクチンにも関する。[1]このワクチンは、製造業者によって報告されているように、元の2010ワクチンのプレベナーは、実際に置き換えられた増加ではなく減少し、重篤な感染症ではなく、。

プレベナー13は、髄膜炎、菌血症(血液の感染症)の例につながる可能性肺炎連鎖球菌の細菌に対する乳幼児を保護し、肺炎、耳感染症。[2]それは6-in-oneのワクチン接種INFANRIXヘキサと同時に、小さな赤ちゃんに投与すべきプレベナー13ワクチンのが普通です。

漏洩した機密ワイス(ファイザー)のドキュメントによると、欧州医薬品庁(EMA)、メーカーと代理店の両方から応答がでワクチン接種した小児における有害な神経学的事象の有意に高い数値を意識して両方、プレベナー13とINFANRIXヘキサ歳2ヶ月と4ヶ月でベルギーの予防接種のスケジュールに従って。

リークされた文書の最初のセット

最初は、リークされた機密文書に関して再考せINFANRIXヘキサワクチン情報私はVacTruthにわずか数日前に明らかにした。私は36乳児死亡を明らかに、マスコミにリークされていた隠されたグラクソ·スミスクライン文書を暴露した。[3]

というタイトルの文書、規制当局への機密INFANRIXヘキサ概要ブリッジレポート [4]子どもたちが持っていた後に2009年10月23日、および2011年10月22日の間、グラクソ·スミスクラインは、503重篤な有害事象を含む有害事象の1742レポートの合計を受けたと述べている1ワクチン、INFANRIXヘキサ6に受け取った。

(INFANRIXヘキサは、ジフテリア、破傷風、百日咳、B型肝炎の強化された不活化ポリオとインフルエンザ菌B型ワクチンを組み合わせた6-in-1のワクチン接種です。それは世界中の92カ国で使用されています。)

グラクソ·スミスクライン機密文書は1742有害事象の一つ一つを詳しく説明します。リストが長いので、それは完全な20ページが要求されました。ここでは11ページとその文書の31の間のチャートに詳述された有害事象の一部は以下のとおりです。

チアノーゼの106例

意識消失の69例

筋緊張低下の165例

低張性·低応答性エピソードの102例

痙攣の107例

てんかんの20例

熱性痙攣の98例

大発作痙攣の33例

47無呼吸発作

嘔吐108例

注視まひの43例

貧血の12例

骨髄障害の1例

心停止の6例

下痢の53例

発熱の593例(高温)

歩行障害の22例

アナフィラキシーの6例

百日咳の62例(百日咳)

肺炎球菌性髄膜炎の2例

関節炎の3例

けいれん、筋肉の16例

微動の22例

泣きの264例(重症度を示すものではありません)

ギラン·バレー症候群の2例

呼吸停止の10例

川崎病の7例


子供がINFANRIXヘキサ予防接種、ワクチン接種された後、いくつかのわずか数時間を受け取った後にこれらの有害事象のすべてが発生しました。私はあなたがこれらの文書化された事実は非常に不快な読書をすることに同意するものと確信しています。

しかし、この情報が十分に邪魔されていない場合は、文書では、グラクソ·スミスクラインは、ページ20で明らかにワクチン接種の障害の68例合計!この事実は、それらのワクチンが複数の子の死亡、傷害や疾病を引き起こすことが表示されないだけでなく、ことが、このワクチンは、少なくとも68の子供たちにまったくの"保護"を与えることができなかったことを証明している。

文書は安全サイエンティストヴァネッサコーマンと副大統領によって署名されていた、グラクソ·スミスクラインバイオ由来の生物学的臨床的安全性とファーマコビジランスフェリックスArellano、MDは、鉛。

リークされた文書の第二セット

さて、ベルギーのウェブサイトという衝撃的な新しい論文を続けましょうイニシアティブCitoyeeneが明らかにした。彼らは次のように述べている:

"必要な6週間の期間の終わりに、今年1月4日に、2ファイザーグループ薬事ディレクター、メアリーアリンとヘレン·エドワーズは、トピックの欧州医学庁の博士S.フウに応答を送信しました'Pevenar 13六価ワクチンの同時投与に続くイタリアで報告された神経学的イベントの数が多い。'の 提供されたデータに基づいているこの手紙の末尾に指定された二つの取締役は、彼らが他の言葉でワクチンのリファレンス安全情報(RSI)が、その添付文書を変更する必要性があったとは感じませんでした。 "

それでは、という機密のレポートのいずれかを詳しく見てみましょうイニシアティブCitoyenneがクォートされています。この機密文書は2.6例総数の%と有効性の欠如の51報告された症例の合計、またはワクチン接種の障害を表す、2年間で、22の死亡が報告されていたことが明らかになった![4]

脳損傷と死


次のセクションでは、神経学的事象の報告に関するものである。

保健管理(MAH)のマスターは、(同時に併用プレベナー13を受けていることが報告されたような場合に神経反応の累積的なレビューを提供するために、ヒト用医薬品(CHMP)のために委員会が依頼されました)六価クロム(6-in-1の)ワクチンによる。

MAHは2009年7月10日、および2011年7月9日、有害事象の合計1691例の間に2年間の期間中にプレベナー13ワクチン後に報告されたと報告した。これらの有害事象のうち、312例(18%)は、神経学的反応を示していた。[5] 1691例は、次に三つの異なるデータセットに分割した。イニシアティブCitoyenneのウェブサイトでは、調査結果を説明した:

すべて同じ日にだけプレベナー13を受けていた人たちは、同じ日に両方のプレベナー13and他のワクチンを受けた人々と、 "重要な事実は、ファイザー社は子どもの3つの異なるグループ内の神経学的な事故のそれぞれの周波数を評価したということですプレベナー13と同じ日に六価ワクチンの両方を受けた患者。

唯一のプレベナー13と経験副作用、87表示された神経学的イベント(934分の87 = 9%)が受けていた934の子供。

プレベナー13プラス他のワクチンと同じ日に、経験豊富な悪影響を受けていた287の子供のうち、62は、神経学的エピソード(287分の62 = 21%)を持っていた。

同じ日に、プレベナー13プラス六価ワクチンを受け、副作用が報告され470の子供のうち、163は、神経学的反応(163/470 = 34%!)経験していた。それは、いくつかのワクチンの同時投与は、特にベルギーのワクチンスケジュール(INFANRIXヘキサ並んプレベナー13)で推奨されているものは、深刻かつ潜在的に不可逆的な有害事象を含む神経学的反応のリスクを乗算していることは明らかである! "

状況の恐ろしさを説明するために、彼らは、さらにわかりやすい言葉で、次のように述べている。

"問題の程度を把握するには、ちょうどプレベナーとINFANRIXヘキサ両方を受け取る非常に大多数の人のベルギーの年間出生率は、約128000であることを忘れないでください。単純計算では考慮ONLYこのワクチンを受け重篤な副作用の年間日数は、3%×128000出生= 3840子供かもしれないこと、したがって明らかに! "

この六-IN-ONEワクチンを避けるために、より多くの理由

興味深いことに、プレベナー13リーフレットはあなたの子供がプレベナー13を与えてはならない理由を以前の状態の理由を述べた:

"彼または彼女は今までに肺炎球菌やジフテリアワクチン、またはこのリーフレットの最後に記載されている成分に対してアレルギー反応を持っている場合あなたの子供は、プレベナー13を持つべきではありません。"

この警告にもかかわらず、プレベナー13ワクチンは、多くの場合、同時にジフテリア·コンポーネントを含むINFANRIXヘキサワクチンを与えられます!これらのワクチンは、親が自分の子供がジフテリアコンポーネントかどうかにアレルギーがあったかどうか分からないだろうその時にリーフレットによると、生後6週早けれから推奨されています。

プレベナーと一緒INFANRIXヘキサワクチンが含まれていた1回の訪問では、いくつかの予防接種を与えられているの結果として彼女の命を失った一つベルギーの子供は、ステイシーSirjacobsだった。ステイシーは2011年12月に死亡した8週齢の時期尚早の双子だった。[6]

これらのワクチンは述べINFANRIXヘキサレポートの製品特性の概要私は彼らの附属書に欧州医薬品庁が与えられたアドバイスにもかかわらず、ステイシーに与えられた:

"INFANRIXヘキサが(肺炎球菌の糖共役ワクチン、吸着)プレベナーと同時投与した場合、医師は臨床試験からのデータは、発熱反応の速度は単独INFANRIXヘキサの投与後に発生することに比べて高かったことを示していることに注意する必要があります。 "
[7]

さらに、文書では、未熟児へのワクチンを投与することについての情報を含んでいた:

" 169未熟児での限定されたデータはINFANRIXヘキサが早まった子供に与えることができることを示している。しかし、低免疫応答が観察され、臨床保護のレベルは不明のままでもよい。

非常に未熟児(≤28週妊娠から生まれた)、特に未熟呼吸の既往歴のある人のために一次免疫系を管理するときに無呼吸と48 72時間のための呼吸モニタリングの必要性の潜在的なリスクを考慮すべきである。 "

厄介な問題

欧州医薬品庁は、他のワクチンと同時ワクチンを投与することについての警告を提供し、医療提供者は、未熟児にワクチン接種する追加的なリスクを考慮すると警告した。それなら少しステイシー、これらの予防接種を考えると、インキュベーターに次の4日間を過ごした後、余分なアドバイスなしで家に送られ、出生時に蘇生帝王切開、、で配信1ヶ月早まって生まれた赤ちゃんは、でしたか?

彼女の死は悲劇だった、まだ赤ちゃんはまだ死んでいると神経学的に、定期的に損傷される。証拠は黒と白で、メーカーの報告書である。製薬会社は知っているが、規制当局は知っているし、さらに悪いことに、私たちの政府は知っている。

徐々に、日々、彼らの堕落の深さが明らかにされています。両親は真実を言われていない、彼らは騙さとに嘘をついていると、彼らが支払う価格は非常に高いです。

結論

これらの有害事象は、はるか昔2009などとして報告されていました。それでは、なぜ、これらの2つのワクチンはまだ6週齢の幼い赤ちゃんのために推薦されていますか?確かに、最も賢明かつ責任ある行動は、それらの使用は、信頼性の高い効果的、かつ安全であることを示すことができるようになるまで、これらのワクチンの使用を中断するメーカーグラクソスミスクライン社とファイザー社のためになる。代わりに、この情報が国民から隠されている。

さらに、主流メディアは水を打ったような静けさである。博士レベッカカーリー、ワクチン誘発性疾患症候群を専門とする専門家は、多くの場合、予防接種は大量破壊の '真の武器であることを示している "と、これらのリークした、機密文書に含まれている証拠は、彼女が正しいかもしれ示しています彼女のラジオで述べている。

謝辞

著者はウェブサイトに感謝したいイニシアチブCitoyenneを勇敢に真実を明らかにするため。

スタッフVacTruthは子供負傷または死亡した後、予防接種を受けてきたステイシーSirjacobsと他の家族の家族に心からの哀悼の意を表明したい。




ベルギーで6種混合ワクチンInfanrix Hexaにより二年間で73人の乳幼児が死亡していた。12月6日ベルギーの団体が、リークされたGSKの機密文書をもとに告発translate.googleusercontent.com/translate_c?de… via web

2012.12.28 17:50

↓六種混合って、日本でも接種してる?!ariakekids.byoinnavi.jp/files/6種混合説明書.pdf

2012.12.28 17:57

じゃんじゃん個人輸入されて口コミなんかを利用したりしてか広がってます。輸入代行業者があるようですね。ワクチンに関しては最近ですとIPVが目立ったケースでした。 via Twitter for iPhone
※引用注※VPD加盟医師や、ツイッターで推進必死な医師もそうですね個人輸入
2012.12.28 21:41


これから死亡率が明らかになって、近いうちに報道されるのではないでしょうか。ベルギーの報道は仏語なので、理解できない(泣)のですが、活字メディアに大々的に報道されたようです。人口約1千万人の国でワクチン接種による乳幼児死亡数が二年間で73人って、もの凄い数です

2012.12.28 21:46

混合ワクチンの危険性と質的には異なる問題としてやはり同時接種の危険性が気がかりでなりません。実際に厚労省傘下の検討会にあがる接種後の死亡例は明らかに同時接種が多いと思うんです。 via Twitter for iPhone

2012.12.28 21:53

六種混合Infanrix Hexaも、肺炎球菌ワクチン(Prevenar13)と同時接種した時の副作用が問題になってる様です。(まだ英語版の情報が少なくて、詳しいことがわかりませんが)

2012.12.28 22:06

私もそんなことの紹介されたTweetをいくつかRTしました。 素人考えですからなんですが、一度にいくつもの抗原を入れて都合よくそれぞれの抗体産性能が獲得できるなんて思えないです。 via Twitter for iPhone

2012.12.28 22:44







6価混合ワクチン(HEXAVACやINFANRIX-HEXA)接種後の死亡例とその考察

http://bit.ly/Ktfnwf

arznei-telegramm 2003; 34: 56

 
 
FATALITIES WITH HEXAVALENT VACCINES (HEXAVAC, INFANRIX HEXA)

Since the introduction of the two hexavalent vaccines HEXAVAC and INFANRIX HEXA in the autumn of 2000, five children in the EU have died within 24 hours of being vaccinated. Four reports of unexplained deaths have been received from Germany and one from Austria (1). To date, around 1.6 million children have been inoculated with hexavalent vaccines in Germany. This results in an incidence of one report of unexplained death per 400,000 children. Two of the children who died were 4 or 5 months old, two were 17 months and one was 23 months old. All had been considered healthy. Suspicions that risk factors such as a family history of convulsions should be regarded as a trigger for the fatalities or that Sudden Infant Death Syndrome (SIDS) might be involved have not been substantiated (1,2). SIDS usually occurs at around 3 months of age. In 90% of cases, SIDS occurs before the age of 6 months (3).

In the case of the four German infants, cerebral oedema was found at autopsy (1). Information on clinical symptoms that preceded death is lacking from the statements published by the authorities.

The two hexavalent vaccines became notorious for side effects even when they were being licensed. Sharp increases in temperature are considered a particular problem, these temperatures exceeding 40 degrees Celsius (a-t 2001; 32: 73-4). Booster vaccinations are followed particularly frequently by temperature increases to 38 degrees Celsius and above, according to studies, for example, in 29% to 30% of cases instead of 8% to 20% after basic immunisation (3).

Despite the fatalities, the EMEA sees no grounds for a reappraisal of either vaccine (2). In our view, however, the suspicion of a link with vaccination is not ruled out. The all-clear from the authorities and their reasoning ("the great benefit far outweighs the risks" (1)) are incomprehensible to us as the same protective effect can also be achieved with vaccines of less complex composition. Until clarification is achieved, we recommend resorting to proven vaccines with fewer components.





検索フォーム
Admin
記事一覧表記は引っ越し前のアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。 (アメブロは残しているので閲覧は可能です) まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、探したいキーワードなどから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。
プロフィール

予防接種の参考書

Author:予防接種の参考書
・このブログはアフィリエイトは一切含んでいません。
アメブロからFC2ブログへ引っ越してきました。

FC2ブログ記事中の関連記事紹介のURLがアメブロのURLのまま反映されていますので、
元ブログのアメブロは残しています。

気づいたときにFC2ブログのURLに変更していく予定ですので、何卒ご了承ください。

アメブロと同タイトルの記事がFC2ブログにもありますので、宜しくお願いします。過去記事への追記情報などもfc2ブログの記事のみに行っています。
タイトルに■をつけている記事に、よく追記情報を追加しています。
・ツイッターからの転載ツイは、嫌がらせやネットでの集団叩きが激しいことなど考慮して、一般の方はHNを伏字or削除させて頂いています。
医療関係者の方は、責任もっての発言と思われますのでHNもそのままツイ内容と一緒に貼らせて頂いています。

・2012/09以降の最新記事更新はFC2ブログのみで行います。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


国内でのワクチンに関するニュースなど紹介しています。
他に、
予防接種の参考書「大切な人を守るために」 ( 54記事 )
海外で出版されている予防接種の書籍の簡単な日本語翻訳版が読めます。(邦訳未出版ですので、お早めに読まれることをおすすめします。)

予防接種の参考書を最初の記事から読む(ここをクリック)
記事一覧表記はアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。
まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、キーワードから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。

目次 記事一覧は(ここをクリック)


(※簡易翻訳以外の記事は全てネット上や書籍に公開されている情報が元に転載して紹介しています、推進派の脅し対策として、各利用者の責任で記載されたものであり当方はその内容につき一切責任を負わないものとします。
各記事ごとに、ソース元はわかるように貼付していますので、ご不明な点はソース元でご確認ください。)

~翻訳者Hariさんのメッセージ~
私が大きく影響を受けた予防接種の参考本をご紹介させて下さい。

著者は、アメリカのホリスティック研究者であるDr.Tim O'Sheaで、
原本のタイトルはThe Sanctity of Human Blood : Vaccination I$ NOT Immunizationです。


The Sanctity of Human Blood : Vaccination is Not Immunization (Fifth Edition) [Paperback]
Tim O'Shea (Author)


翻訳本の方は、「予防接種の本当の意味ー大切な人を守るために」としました。

私自身、自分だけの時には何も深く考えずに予防接種を受けていましたが、
娘が生まれからは、
「子供の身体に注射するものだし、健康や命に関わるものだから、まずはどんなものなのかその実態と効能、危険性について親が知った上で判断したい」と思うようになりました。

同じ様に、ただ家族や医者から聞いたほんのちょっとの情報だけで、またはそのプレッシャーに押されて、

よくわからないままワクチン接種を受けてしまう方、

あるいは疑問を感じても参考になる情報をどこで探したらよいのか判らない方、

またはただ副作用が怖いらしい、といううわさだけで、確信はないが受けていないという方

色々だと思います。

私もそうした時期にこの参考書に出会い、まさに目からうろこの体験でした。
そして、自分の知りえた情報を分かち合いたいと思い、Dr.ティム オシアーに了承を得た上で、この本を日本語訳することにしました。

彼の本は、ワクチン接種の始まりと歴史から、現代のワクチンの実情に至るまで、細かい裏づけの参考資料とともに、一般の人にもわかりやすい内容で教えてくれます。

さらに、この本で使用している参考資料は、政府機関、主流の医学誌といった
「ワクチン接種を薦めている側」の資料なので、「ワクチン反対派」が感情的にいった不確定な情報なのでは、という心配がありません。

掲載している情報は、主にアメリカの状況が中心ですが、日本の現状を知るにも十分役に立つものです。
何より、ワクチン製造業者と政府間の権力及び資金関係の結びつき、メディアへの影響力などは、アメリカに限るものとは言えませんから、実に興味深いと思います。

翻訳の全文章を、私の日記に項目ごとにわけて掲載してあります。
ただし、こちらは校正チェック前の文章ですので、多少読み苦しい箇所もあるかも知れません。

今回、著者のウェブサイトに日本語版を電子書籍(e-book)という形で掲載しましたので
ご興味のある方はぜひこちらの方をご覧になって下さい。購入に
は$25かかりますが、その価値は十分あると思います。

(注※当ブログに簡易翻訳版を記事・日記にしているので
購入しなくてもある程度読めます。
上記の目次欄
でご確認ください。
翻訳者様の紹介メッセージをそのまま転載しただけで
購入をすすめているわけではありません。
いつか日本語版が日本でも出版されることを願っています。)

www.thedoctorwithin.com

books & CDs という欄をクリックすると掲示されます。

まずは、日記のほう(無料)をお読みになってから
ご検討くださると良いと思います!

それでは、
この本で得た情報が、一人でも多くの両親と子供達の役に立つことが出来ますように!





医薬品医療機器情報提供ホームページ(医薬品名、ワクチン名検索で、成分、製造法、副作用の医薬品添付文書をPDFファイルで閲覧可能)

その他
薬のチェックは命のチェック No.43[特集]ヒブ・肺炎球菌ワクチン
●予防接種前から髄膜炎は減っている。



ワクチンは効かない
偽の抗体と免疫に、感染予防効果なし。
医師の見解
まちがいだらけの予防接種

多数の人骨が発掘された731部隊「防疫研究室」跡地に建設を強行した、国立感染症研究所を提訴した裁判(上)
感染研における最近の不祥事について【バイオハザード予防市民センター】
バイオハザード予防市民センター



ブックマーク一覧

麻疹・風疹ワクチンのウイルス株の型は自然界には流行していない

日本の風疹HI法の抗体価は国際基準EIA法にすると3倍高い→ワクチン接種対象者が2.6倍に


 














にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 病気情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
リンク
ツイッターおすすめまとめ
まとめツールをブログに貼らせて頂いていますが、外したほうが良い場合は、 コメント欄からお知らせくださいませ。
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。