スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




誕生から死までの130予防接種 ゆりかごから墓場まで予防接種


http://www.nvic.org/NVIC-Vaccine-News/March-2011/No-Pharma-Liability--No-Vaccine-Mandates-.aspx
Pharma and evangelistic docs lobbying govt to require every American to be vaccinated cradle-to-grave (fn 41) bit.ly/eJDYVj #vaxfax via VaccineTweet
ファーマの責任はない?ワクチンの義務はありません。

製薬や伝道ドキュメントロビー政府は(FN41)ゆりかごから墓場まで
予防接種を受けるためには、すべてのアメリカ人の要求する
2012.11.20 18:55

On February 22, 2011 the U.S. Supreme Court shielded drug companies from all liability for harm caused by vaccines mandated by government when companies could have made a safer vaccine. 1

From now on, drug companies selling vaccines in America will not be held accountable by a jury of our peers in a court of law if those vaccines brain damage us but could have been made less toxic. 2

If you get paralyzed by a flu shot or your child has a serious reaction to a vaccine required for school and becomes learning disabled, epileptic, autistic, asthmatic, diabetic or mentally retarded, you are on your own. 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16

From now on – unless we stand up and draw the line on vaccine mandates - the government can legally use police powers to force every American to get hundreds of vaccinations or be punished while those, who are hurt by vaccination, can be more easily swept under the rug and left to fend for themselves. 17, 18, 19&, 20

Big Pharma Blackmailed Congress in 1982

To understand how this happened, we have to turn the clock back to 1982. That is when four big drug companies (Merck, Wyeth, Lederle, Connaught) blackmailed Congress by threatening to stop selling vaccines in America unless a law was passed giving them complete immunity from prosecution. 21

The pharmaceutical industry knew they were in big trouble because the old, crude whooping cough vaccine in the DPT shot was causing brain inflammation and death in many children; 22 the live oral polio vaccine was crippling children and adults with vaccine strain polio; 23 and Americans were filing lawsuits to hold drug companies responsible for the safety of their products.

Supreme Court Allows Seat Belt Injury Lawsuits

On February 23, 2011, one day after the Supreme Court blocked lawsuits against drug companies for failing to make vaccines safer, they cleared the way for lawsuits against car manufacturers for failing to make seat belts safer. 24

Civil Liability Is A Consumer Protection

Civil liability is a consumer protection. In the past, civil liability has protected us from wealthy tobacco corporations selling cigarettes that were once endorsed by doctors and the U.S. government. 25, 26 Civil liability has protected us from defective cars and toys and food and drugs that have passed federal licensing and safety standards. 27, 28, 29, 30
Civil liability put pressure on drug companies to develop and license a less toxic pertussis vaccine in 1996. 31 Civil liability put pressure on federal health agencies to replace use of a contaminated, neurotoxic polio vaccine that can paralyze people with one that cannot. 32

Parents in 1980’s Opposed Total Liability Shield

Thirty years ago the wealthiest and most powerful industry lobbying on Capitol Hill and in state legislatures – the multi-billion dollar pharmaceutical industry - tried very hard to get total liability protection for every vaccine that government regulates, recommends and mandates.

The only difference is that three decades ago, government officials were ordering doctors to give children 23 doses of 7 vaccines and, today, that direct order is up to 70 doses of 16 vaccines. 33, 34

The parent co-founders of the National Vaccine Information Center worked with Congress back in the early 1980’s and we refused to support any legislation that would legally let the pharmaceutical industry completely off the hook. 35

1986 Law: Pharma Liability Was The Safety Net

Parents successfully argued that, if Congress was going to give drug companies partial liability protection through the creation of a federal vaccine injury compensation alternative to a lawsuit, then language had to be written into the National Childhood Vaccine Injury Act of 1986 that protected a citizen’s right to sue drug companies when federal compensation was denied, or the company had the technological ability to make a vaccine less toxic but refused to do it. 36

Continued civil liability was the safety net for American consumers in that law. Continued civil liability was the leverage that gave some financial incentive for drug companies to make vaccines safer and gave some political incentive for government officials to award federal compensation to the vaccine injured. 37

Supreme Court Wrote Pharma A Blank Check

Now, six activist Supreme Court judges have ripped the liability safety net from the U.S. mass vaccination system and written Big Pharma a blank check by deliberately ignoring the language and legislative history of the 1986 Vaccine Injury Act. Only Justices Sotomayor and Ginsburg, in an accurate and brilliant dissenting opinion, stood up for the people. 38

Every American Pays Surcharge on Every Vaccination

Now it will be much easier for employees in government health agencies and the U.S. Department of Justice and the Vaccine Court to deny vaccine victims federal compensation, which 308 million Americans pay for through a surcharge on each one of the annual flu shots and the dozens of doses of vaccines public health officials say we all should get. 39

There is $3 billion dollars waiting to be awarded in the Vaccine Injury Trust Fund, which has already been raided by federal agencies dragging vaccine victims through years of litigation and looking for ways to deny vaccine risks. 40

130 vaccinations from birth to death

The Supreme Court has now given Pharma and evangelistic doctors a green light to lobby legislators to require every American, who lives to be 78 years old, to get more than 130 doses of government recommended vaccines starting on the day of birth through the last year of life. 41

Hundreds of New Vaccines In Development

That does not include use of any of the hundreds of new vaccines now being developed by drug companies with government approval that will be required in the future - whether those vaccines are necessary or not; whether the vaccines work or not; whether the vaccines are dangerous or not and whether the people want to use the vaccines or not. 42, 43

This is not public health. This is exploitation of a captive people by a pharmaceutical industry seeking unlimited profits and by doctors in positions of authority, who have never seen a vaccine they did not want to mandate.

It is a drug company stockholder’s dream, a health care consumer’s worst nightmare and a prescription for tyranny.

Americans Forced to Get More Vaccines Than Anyone in World

Americans are required by law to use more vaccines than any other nation in the world. In no other country - not in Canada, 44, the United Kingdom, 45 Australia, 46 New Zealand, 47 the Netherlands, 48 Germany, 49 Japan 50 or in any other country are citizens subjected to mandatory use of dozens of doses of vaccines under the threat of being denied a public education and health insurance and employment. 51 52 53

There is no other word for this but tyranny.

Vaccines Are Phamaceutical Products

Vaccines are pharmaceutical products that carry a risk of injury or death, a risk that can be greater for some than others. If a vaccine is effective, then those choosing to use that vaccine will have nothing to fear from those who make another health care choice. If a vaccine is not effective, then consumers are being asked to take two risks: a risk they will be harmed and a risk the vaccine will not work at all.

That is not a product that should be legally required, especially when doctors cannot predict ahead of time who will be harmed by a vaccine and there is no civil liability for the company selling it, the person giving it or the government official mandating it.

No liability?

No accountability?

No mandates.

Stand Up for Health Freedom

If corporations are in business to make money; if doctors can make mistakes; if judges can get it wrong; if what is considered scientific truth today can turn out to be not true tomorrow; and if nobody is held accountable in the civil justice system for vaccines that could have been made safer, then now is the time for all Americans to stand up for health freedom in this great nation of ours.

There is no freedom more fundamental than the human right to be free to decide what risks we are wiling to take with our lives or our children’s lives.

Join NVIC: Help Us Help You

Please join with the non-profit National Vaccine Information Center, the largest, oldest and most experienced vaccine safety and informed consent watchdog in America.

Help us help you stand up for your right to know and freedom to choose which vaccines that you consider necessary, safe and effective enough to use.

Help us defend every American’s right to seek justice in a civil court of law when vaccines cause harm - or do not work - so that reactive and ineffective vaccines are forced off the market.

Protect Vaccine Exemptions in Your State

Vaccine laws are state laws. Sign up for our free Advocacy Portal at www.NVICAdvocacy.org that will teach you how to participate effectively in the democratic legislative process and defend vaccine exemptions in your state laws. Educate your elected representatives about why it is so important to include strong consumer protections and informed consent rights in all public health laws.

Donate $10 and NVIC Receives $30 to Defend Freedom

Please make a donation – large or small – to NVIC. Because for every dollar you donate by March 31, 2011 THREE dollars will be donated to NVIC by a courageous and compassionate American, who has pledged to expand national public education and state based advocacy programs.

This is a once in a lifetime opportunity to be part of building an effective, well-organized nationwide campaign to take back our freedom to make voluntary vaccination choices.

We Cannot Be Afraid

There is no time to waste. If we don’t learn from history, we will repeat it. We cannot be afraid to empower ourselves as a free people and make our democracy work.

We can win back the freedom we have lost and take control of our health and the future of America. We can do it if we are as brave as those freedom-loving men and women, who founded America two centuries ago.

Be the one to stand up today to make sure that your children and grandchildren and all Americans will not live under tyranny tomorrow.

No forced vaccination.

Not in America.

To watch a 90 second video PSA on this topic, click here.








今度はコロナウイルス騒動。感染症で飯を喰ってる人は話題に事欠かない時代“@nhk_news: 新種ウイルス 4人感染1人死亡 nhk.jp/N44i5kwq #nhk_news” via Twitter for iPhone







スポンサーサイト

ワクチン未接種じゃなく抗生物質多用が公衆衛生の脅威

http://www.naturalnews.com/035163_public_health_unvaccinated_antibiotics.html

ワクチン未接種じゃなく抗生物質多用が公衆衛生の脅威
Unvaccinated people a public health threat? people who take antibiotics are the real danger
http://t.co/PXDmkPbv

(NaturalNews) Vaccine pushers often resort to an interesting fear tactic to try to mandate vaccine obedience among the masses: They insist that those who are unvaccinated are a health threat to the rest of the vaccinated population because the vaccinated people might get infected by the unvaccinated disease carriers!

The quack logic of such a claim should be self-evident. If vaccines protect people from infectious disease, then vaccinated people should not be concerned at all about being around unvaccinated people. After all, the vaccine made them all "immune," right?

But of course that's all propaganda. Vaccines don't really work at all. They are marketed under a blanket of disease hysteria and pimped by a cult following of medicalized quacks and needle junkies who abandoned real science long ago. After all, who needs real science when you've got the CDC marketing all the fear for you? The CDC is to medicine what George Bush was to the war industry -- spread a little fear and the profits roll in.

The real risk to others? People who routinely take antibiotics

As it turns out, the real health risk that does exist in person-to-person exposure of infectious disease comes from people who routinely take antibiotics. Those who take the most antibiotics become drug-resistant bacteria factories, and they can spread their drug-resistant strains to others around them. Their risk of developing superbugs rises proportionally to the frequency and duration of their taking prescription antibiotics. (http://www.naturalnews.com/028479_superbugs_antibiotics.html)

The most dangerous person in your family, it turns out, is not the "unvaccinated" person but the one taking antibiotics! They are human breeding grounds for bacterial mutations that can be downright deadly.

Why hospitals are so dangerous to your health

That's why informed people know the hospital is the most dangerous place you can go, other than working in a homemade meth lab of course. Hospitals are where superbugs pass easily from patient to doctor, and then from doctor to another patient. Hospital superbugs are spread by the medical staff, mostly because they routinely fail to wash their hands before touching patients.

As NaturalNews reported in January, 2010, a whopping 247 people die every day in U.S. hospitals from medical staff failing to wash their hands. (http://www.naturalnews.com/027981_doctors_hand_washing.html)

This is like a jumbo jet falling out of the sky and killing everyone on board every single day. It's like a 9/11 terrorist attacking happening every two weeks. This is one of the most alarming (and preventable) causes of death in America today and virtually no one even talks about it.

Doctors, of course, strongly contribute to the development of superbugs by handing out antibiotics as if they were Halloween candy. Someone shows up at the office with a sniffle, and the busy doctor scribbles out a prescription for some fashionable new antibiotic that earns him perks from the young drug rep whose PC database tracks every name-brand prescription he writes. The patient, meanwhile, spends a pocket fortune on a useless drug that's actually quite dangerous. Not only does it increase that patient's chances of developing a mutant strain of drug-resistant bacteria; it also flushes antibiotics down the drain and contaminates the environment downstream.

So if you're walking around in public suspiciously glancing around to see who might be sniffling or sneezing, clear your head and think about reality for a second. The CDC wants you to stupidly believe all the unvaccinated people are a threat to your health, when in reality people who consciously refuse vaccines tend to be far healthier and get sick far less often than the hypochondriac dweebs who rush out to get vaccinated every few months.

Doctors and drugs are the greatest threat to your health - far greater than terrorism

The real people who are a threat to your health are not just the pill-popping antibiotics consumers, but also:

• The psyched-out grandma on psychotropic drugs barreling down the road behind the wheel of a 1978 Buick. (Driving While Medicated...)

• The teen schoolboy who was diagnosed with depression and put on SSRI drugs that make him feel violently suicidal.

• The pediatrician who wants to inject your child with chemotherapy to "prevent" cancer and insist he's going to call CPS if you don't let him poison your child.

• The drug addict pharmacist who, in between incorrectly filling your prescription with random deadly chemicals, snorts up his own private concoction of controlled substances in the back room.

• The oncologist who misdiagnosed you with breast cancer but wants to poison you with five rounds of chemotherapy "just to be sure." (Oh yeah, I bet he never told you that he PROFITS from selling you the chemotherapy drugs that poison you...)

• The school bus driver with a heart condition who takes an extra dose of deadly statin drugs and suffers a fatal heart muscle breakdown while behind the wheel of a bus carrying 58 schoolchildren toward a railroad crossing.

These are the real threats to your safety... not a bunch of healthy people who deliberately refuse to be injected with hazardous vaccines.

But of course the medical establishment doesn't want you to be aware of any risks associated with using their products. All their drugs are perfectly safe! Perfectly effective! Perfectly priced! Perfectly profitable! There's nothing wrong with them, by God, or the FDA would never have approved them, would they?

Learn more: http://www.naturalnews.com/035163_public_health_unvaccinated_antibiotics.html#ixzz1oV8DWzVT


webページ翻訳URLはこちら
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fwww.naturalnews.com%2F035163_public_health_unvaccinated_antibiotics.html&wb_lp=ENJA&wb_dis=









ワクチン接種の順番、参考にして 学会がスケジュール表

http://quasimoto.exblog.jp/14359297/

催眠術にかかっている人を正気に戻すには、「いち、にー、さん、パチン」とやれば、目が覚める。マインドコントロールにかかっている人を正気に戻すには、「数年の精神的リハビリ」が必要である。

では、完全に科学的マインドコントロールにかかって信じ切っている人を正気に戻すには、どうすればいいだろうか? (ましてや、大学大学院で博士号取得という、長期にわたる訓練によって科学者マインドコントロールにかかってしまった人、その結果として権威主義者になってしまった人、科学至上主義者になってしまった人を正気に戻すにはどうしたらいいのだろうか?

こういう人には、「いち、にー、さん、パチン」も「数年の精神的リハビリ」も通用しない。本当にこれは大問題である。おそらく何年にもわたる、自己葛藤の日々を経ないと難しいのではないかと思う。まあ、医学者や分子生物学者や科学者の場合は、自分で実験してみれば真偽のほどが確かめられる。だから、自分で実験して実際に確かめればどうだ。そういうのがあまりこの問題をよく知らない人の考え方だろう。

しかし、実際には、この種の生物学実験は非常に難しいようである(言い換えれば、お金がかかる)。新参の生物学者ではまずできないと言われている。ワクチンに潜入しているステルス・ウィルスの発見には非常にやっかいで繊細な実験的手順が必須であり、発がん性に至っては、何十年も結果を観察しないと分からないわけである。1つ1つの危険要因を実際に検証して行くには1つのワクチンですら多数の成分が含まれているために、仮に還元論的にやったとしても相当に時間がかかる。ましてや生物は非還元論的な未知の効果が現れでる。この検証は今の科学では不可能なのである。

そうなると、用心深くなれば、ワクチンは作れず売れなくなるわけである。そこで、「パンデミックだ!」と脅かすことにより、一気にこの科学的手順や安全性検査を省き、売りさばく、さらには、製品の賠償責任まで逃れる、というのが世界の大手メーカーが考えだしたビジネス・モデルであるというわけサ。悪徳商法ですナ。

さて、最近、そんな科学的マインドコントロールにかかって信じ切っている人たちによる、実に恐ろしいニュースが飛び込んで来た。以下のものである。

1つめはこれ。
インフルワクチン重大な懸念なし 今季分で厚労省 2011/2/28 19:38

 今シーズンのインフルエンザ予防接種の副作用について、厚生労働省の調査会は28日、「現時点で安全性に重大な懸念はない」との結論をまとめた。
 使われたのは、新型、季節性のA香港型、B型の3種類を混合したワクチンで、昨年10月~今年1月に約5100万回分が出荷され、医療機関から報告された入院相当以上の重い副作用は123人、うち死亡は16人だった。
 昨シーズンは、新型用のワクチンが約2300万回分出荷され、重い副作用は416人、うち死亡は133人。減少の原因について、厚労省は「明確には分からないが、昨シーズンは接種時期に流行のピークが重なり、副作用報告の中にインフルエンザの症状が紛れ込んでいたのではないか」としている。

(この記事の書き方には見事なまでの「悪意」がある。つまり、上の赤字の部分で、ワクチン接種数に対して副作用数を比較すべきところを、巧妙に「出荷数」(=工場から出荷しただけの数=病院に売った数+売れ残り数)と比較しているからである。接種した人は、出荷数のうちのごくわずかに過ぎず、大半は接種されずに売れ残ったのは記憶に新しい(白人はワクチンを打つふりして有色人種を殺す?)。厚生労働省のお役人や東大の医療関係者や医学博士たちが率先してこういうインチキ(八百長)をおやりになるから困る。アホな人はすぐ騙されるというわけですナ。)

2つめはこれ。

ワクチン接種の順番、参考にして 学会がスケジュール表

 子どものワクチンをどんな時期に打てばよいのか道筋を示した接種スケジュールを日本小児科学会(会長=五十嵐隆東京大教授)

がつくった。ワクチンの種類が最近増えて接種の優先順位をどうすべきか医師や保護者に困惑が広がっていた。近く学会のウェブサイトで公開する。

 ワクチンは公費負担がある「定期接種」と自己負担で打つ「任意接種」がある。同学会は今回、重要さは同じだと位置づけ、ひとまとめにしたスケジュールをつくった。

 B型肝炎は現在、母親から子どもへの感染を防ぐため、ウイルスに感染した母親の子どもに限って公費で接種している。しかし性交渉などによる感染も増えており、スケジュールでは全員が打つよう勧めている。

 毎年のように流行し100万人近くがかかるという水痘(水ぼうそう)や流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)では、1回接種しただけでは十分に免疫(抵抗力)が保てないため、今回は推奨する接種回数を増やした。

 また海外の取り組みにならい、接種を始める年齢を、乳幼児の細菌性髄膜炎の原因となるインフルエンザ菌b型(ヒブ)や肺炎球菌で1カ月早めた。インフルエンザでも6カ月前倒しにした。

 数多くのワクチンが打てるよう、複数のワクチンを医師が同じ日に打つ方法(同時接種)も勧めている。同じ日ならワクチンに対する免疫反応がまだ起きておらず、複数のワクチンが効果を相殺する心配はない。ただし注射位置は2.5センチずつ空けるよう求めている。推奨する時期に接種できなかった場合は、医師に相談すれば対応できる。

 接種スケジュールと接種を記録するチェックシートは同学会のウェブサイト(http://www.jpeds.or.jp/)からダウンロードできるようになる。

 同学会は今後、▽成人での流行が問題になっている百日ぜき対策として、現行のジフテリアと破傷風の2種混合ワクチン(DT)に百日ぜきも加えた3種混合ワクチン(DTP)に移行▽ポリオワクチンをより安全な不活化ワクチンに変える▽0歳児へのインフルワクチン接種量を増やしてより免疫がつきやすくする、ことなどを厚生労働省などに求めていく予定。(大岩ゆり)


いやはや、2番目のものは、実に恐ろしい。ワクチン数が多すぎてもはや接種の順番が分からないから、その順番を決めたという代物。この医者たちは頭がおかしい。完全にいかれている。

ちなみに、アメリカ合衆国も狂っていて、アメリカの子供は最大35回もワクチン接種を義務づけられている。
米国の子供がすべてのワクチンを受けると、最大35回の接種を行うことになります。それには113種類の病原粒子、59種類の化学物質、4種類の動物細胞・DNA、中絶胎児の細胞から取り出した人間のDNA、人アルブミンが含まれています。

どうやら日本のワクチンメーカーと厚生官僚の狙いはここにある。

そのため、今では、アメリカのノーベル賞級の医者や生物学者たちが、自分の職の危険すら冒して、ワクチン接種に反対する時代になったのである。
米国の医師・学者83名が署名した「ワクチンのすべて」日本語版リリース:為清氏の快挙!

これは、デービッド・アイク氏が最初にワクチン・コンスピラシーを言い出した10数年前には考えられなかったことである。当時は、「アイク氏は完全に狂っている」と狂人扱いされたものである。ところが、あれから10数年の昨今になり、状況は一変して来たのである。問題は、「アイク氏の言った通りだった」からである。

事実、ワクチンには、以下のような危険物質が満載されている。

ワクチンの成分の紹介:これでもワクチンは身体に有害でないのでしょうか?
• ワクチンの材料である動物細胞の培養で生じた細菌や野生のウィルス。
• 水銀は、神経毒であることが十分に立証されていますが、依然として世界中のインフルエンザ・ワクチン(複数回接種タイプ)に入っています。その他のワクチンにも、微量の水銀が残留しているものがあります。
• アルミニウム。骨、骨髄、脳の変性を起こす可能性のある毒です。
• 猿、犬の腎臓、鶏、牛、人間の細胞。
• ホルムアルデヒド(防腐液)。発ガン性物質として知られています。
• ポリソルベート80。メスのネズミで不妊症、オスのネズミで睾丸の萎縮をひきおこすことがわかっています。
• 豚や牛のゼラチン。アナフィラキシー反応を起こすことがわかっています。3種混合ワクチン(はしか、おたふく風邪、風疹)、水疱瘡と帯状疱疹のワクチンに大量に入っています。
• グルタミン酸ナトリウム(MSG)。吸引タイプのインフルエンザ・ワクチンに入っています。代謝異常(糖尿病)、発作、その他の神経障害をひきおこすことがわかっています。
• スクワレン(免疫補助剤)。不妊化作用が疑われ、男性は精子異常。女性は流産の危険性が増すと分かっている。ほとんど同じ成分がほ乳動物の不妊ワクチンの主成分となっている。
• ステルス・ウィルス(未知の癌ウィルス)。これらは動物細胞に感染したその動物のウィルスで、これが人間に感染すると発ガン作用が疑われている。例えば、ポリオワクチンに混入したSV40ウィルス。これは9800万人の米人に接種され、米人に癌の恐怖をもたらした。
• DNAやRNAの断片(感染したマイコプラズマや細菌由来のもの)。これらは動物細胞に感染したマイコプラズマや細菌由来のDNAやRNAの断片。これが人間の細胞内でどのように振る舞うかは全く未知である。

赤字は私が追加したもの。)

日本の厚生官僚や医師や医学者や生物学者や製薬メーカーのみなさんは、こうした論文を読んでいるのだろうか? 無視しているのでしょうナ。あるいは、読んでも理解しない。理解したくない。理解しようとも思わない。まあ、そんなところだろう。

日本の医療関係者がどう考えようが、上の記事の内容は真実である。その結果、おおよそこんなことが起きる。
ワクチン接種/未接種の子供の相違を比較した研究はあるのでしょうか?
自閉症の研究・治療団体ジェネレーション・レスキューは、カリフォルニア州とオレゴン州で、子供を持つ親を対象に、ワクチン接種/未接種を比較する調査を行ないました。対象となった子供の数は17,674名で、結果は以下の通りです。
• ワクチンを接種した子供のぜんそく罹患率は120%増
• ワクチンを接種した男児のADHD罹患率は317%増
• ワクチンを接種した男児の神経疾患罹患率は185%増
• ワクチンを接種した男児の自閉症罹患率は146%増
女児は調査対象のうちわずか20%でした。調査結果の詳細は http://www.generationrescue.org/pdf/survey.pdf でご確認いただけます。ワクチン接種をしていないアーミッシュ(訳注:米国のドイツ系移民からなる宗教集団。移民当時の生活様式を保持し、ワクチン接種をしないことで知られる。)の子供の自閉症罹患率が低いという報告は http://www.vaccinationcouncil.org/quick-compare-2/ にあります。自閉症に関するその他の研究については http://childhealthsafety.wordpress.com/2009/06/03/japvaxautism/や http://childhealthsafety.wordpress.com/2010/02/08/britvaxautism/ をご覧ください。

これが、この世に、アレルギー患者、喘息患者、花粉症患者、精神病患者、自閉症患者、発達障害者で溢れかえった直接の理由である。

もし日本の厚生官僚や東大教授たちが、以下のようなことの見返りとしてワクチン接種キャンペーンをしているとすれば、それは悪魔的な犯罪行為である。
健康で利益を得るのは、あなた自身とあなたの大切な人たちだけ
• 製薬会社は、医学部、医学情報誌、病院、診療所、地元の薬局など、医療体制全般に浸透し、支配力を確保しています。こうして医者は、ワクチンについていかなる疑念も抱くことなく盲信することで生計をたてています。医者は、ワクチンの被害の明確な実例を目の当たりにしていながら、その原因がワクチンだと考えようとしないのが通常です。金権腐敗していない科学・医学では、ワクチン拒否を支持していますが、それは地位も仕事も失う自殺行為であると思われています。この文書に署名した人々は、あなたと子供の安全のために、勇敢にもそのリスクを冒しているのです。
• 病院は、入院と検査で金銭的な利益を得ています。
• 製薬会社は、ワクチンで何十億ドル(何千億円)も儲けています。
• 製薬会社は、ワクチンにより発生した副作用と生涯残る病気の治療薬で、何百億ドル(何兆円)も儲けています。
• ワクチンは、医療体制の大黒柱です。ワクチンがなければ、社会全体が健康になり、医療コストは下がるでしょう。私たちは、水疱瘡の代わりに自閉症を、インフルエンザの代わりにぜんそくを、耳感染の代わりに糖尿病を手に入れました。まだまだ他にもたくさんあります。比較的良性のそれほど種類も多くない病原菌を撲滅しようと夢中になった末に、私たちは、一過性の病気の代わりに、生涯続く病気・機能障害を手に入れてしまいました。

日本の「ワクチンビジネス」の首謀者たち:無知のなせる技か?

ここにあるように、 
水疱瘡ワクチン → 自閉症
インフルエンザワクチン → ぜんそく
耳感染 → 糖尿病

を手に入れたというのである。

この文脈で考えれば、水疱瘡ワクチンは、12~15ヶ月目で接種ということから、これ以前の、まだ幼児に免疫機能が発現する前の6ヶ月児以前で接種したワクチンはすべてこの水疱瘡ワクチンと同じような効果をもたらすと考えるのが自然だろう。そうすると、この厚生労働省や医師会のプログラムでは、水疱瘡ワクチン接種までにすでに20ものワクチン接種をすることになり、自閉症児のリスクが大幅に増えることは間違いない。

まあ、結論として、この”気違いじみた”ワクチン接種プログラムに従えば、「日本人はすぐに絶滅するだろう」ということである。あるいは、「何らかの障害児だらけとなるだろう」ということである。あるいは、「若年性の難病患者だらけとなるだろう」ということである。

なぜ立派な肩書きのある官僚や医師会がこんなことを決めたかって?

まだ分からんのかい? そりゃー、日本人をさん滅する指令が、イルミナティNWO(要するに、在日電通、米CIA、英NSA、イスラエルモサド)から出されているからである。こんなことを書くと、また私が気違いだというようなことを思う人もいるのだろうが、これはかなり真実に近いんですナ。物理学者というものは、俗にいう「オッカムのカミソリ」を信じている。複雑怪奇な説明より、より簡単明瞭により単純に説明できる方が真実に近いのだという考え方ですナ。(ちなみに、これは本当の物理学者の話であって、偽物理学者や物理学者もどきの話ではない。後者の場合は、まったく逆のことが大半ですナ。)


おまけ:
2歳男児が予防接種の翌日死亡 兵庫・宝塚
兵庫県宝塚市は2日、同市内の医療機関で、細菌性髄膜炎などを予防するヒブワクチンと、小児用肺炎球菌ワクチンの予防接種を受けた市内の2歳男児が接種翌日に死亡したと発表した。死因は不明だが、医療機関が厚生労働省に報告し、同省が調査している。

 同市によると、両ワクチンの接種はいずれも任意。男児は2月28日午後に接種を受け、翌朝、緊急搬送され、死亡した。男児には心疾患などがあったという。

ちなみに、男児の心疾患はワクチン接種による死因にはなりえない。なぜなら、ワクチン接種する前は、その子供は心疾患を持っていても元気に生きていたわけだからだ。ワクチンの副作用で死んだのは明白である。しかし、ワクチンメーカーの重役に天下りたい役人たちや医師はぜったいにいちゃもんを付けてワクチンのせいにはしない。持病のない人間なんて皆無なわけだから、これを理由にしだせば、すべて不問に出来るというわけですナ。




検索フォーム
Admin
記事一覧表記は引っ越し前のアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。 (アメブロは残しているので閲覧は可能です) まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、探したいキーワードなどから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。
プロフィール

予防接種の参考書

Author:予防接種の参考書
・このブログはアフィリエイトは一切含んでいません。
アメブロからFC2ブログへ引っ越してきました。

FC2ブログ記事中の関連記事紹介のURLがアメブロのURLのまま反映されていますので、
元ブログのアメブロは残しています。

気づいたときにFC2ブログのURLに変更していく予定ですので、何卒ご了承ください。

アメブロと同タイトルの記事がFC2ブログにもありますので、宜しくお願いします。過去記事への追記情報などもfc2ブログの記事のみに行っています。
タイトルに■をつけている記事に、よく追記情報を追加しています。
・ツイッターからの転載ツイは、嫌がらせやネットでの集団叩きが激しいことなど考慮して、一般の方はHNを伏字or削除させて頂いています。
医療関係者の方は、責任もっての発言と思われますのでHNもそのままツイ内容と一緒に貼らせて頂いています。

・2012/09以降の最新記事更新はFC2ブログのみで行います。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


国内でのワクチンに関するニュースなど紹介しています。
他に、
予防接種の参考書「大切な人を守るために」 ( 54記事 )
海外で出版されている予防接種の書籍の簡単な日本語翻訳版が読めます。(邦訳未出版ですので、お早めに読まれることをおすすめします。)

予防接種の参考書を最初の記事から読む(ここをクリック)
記事一覧表記はアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。
まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、キーワードから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。

目次 記事一覧は(ここをクリック)


(※簡易翻訳以外の記事は全てネット上や書籍に公開されている情報が元に転載して紹介しています、推進派の脅し対策として、各利用者の責任で記載されたものであり当方はその内容につき一切責任を負わないものとします。
各記事ごとに、ソース元はわかるように貼付していますので、ご不明な点はソース元でご確認ください。)

~翻訳者Hariさんのメッセージ~
私が大きく影響を受けた予防接種の参考本をご紹介させて下さい。

著者は、アメリカのホリスティック研究者であるDr.Tim O'Sheaで、
原本のタイトルはThe Sanctity of Human Blood : Vaccination I$ NOT Immunizationです。


The Sanctity of Human Blood : Vaccination is Not Immunization (Fifth Edition) [Paperback]
Tim O'Shea (Author)


翻訳本の方は、「予防接種の本当の意味ー大切な人を守るために」としました。

私自身、自分だけの時には何も深く考えずに予防接種を受けていましたが、
娘が生まれからは、
「子供の身体に注射するものだし、健康や命に関わるものだから、まずはどんなものなのかその実態と効能、危険性について親が知った上で判断したい」と思うようになりました。

同じ様に、ただ家族や医者から聞いたほんのちょっとの情報だけで、またはそのプレッシャーに押されて、

よくわからないままワクチン接種を受けてしまう方、

あるいは疑問を感じても参考になる情報をどこで探したらよいのか判らない方、

またはただ副作用が怖いらしい、といううわさだけで、確信はないが受けていないという方

色々だと思います。

私もそうした時期にこの参考書に出会い、まさに目からうろこの体験でした。
そして、自分の知りえた情報を分かち合いたいと思い、Dr.ティム オシアーに了承を得た上で、この本を日本語訳することにしました。

彼の本は、ワクチン接種の始まりと歴史から、現代のワクチンの実情に至るまで、細かい裏づけの参考資料とともに、一般の人にもわかりやすい内容で教えてくれます。

さらに、この本で使用している参考資料は、政府機関、主流の医学誌といった
「ワクチン接種を薦めている側」の資料なので、「ワクチン反対派」が感情的にいった不確定な情報なのでは、という心配がありません。

掲載している情報は、主にアメリカの状況が中心ですが、日本の現状を知るにも十分役に立つものです。
何より、ワクチン製造業者と政府間の権力及び資金関係の結びつき、メディアへの影響力などは、アメリカに限るものとは言えませんから、実に興味深いと思います。

翻訳の全文章を、私の日記に項目ごとにわけて掲載してあります。
ただし、こちらは校正チェック前の文章ですので、多少読み苦しい箇所もあるかも知れません。

今回、著者のウェブサイトに日本語版を電子書籍(e-book)という形で掲載しましたので
ご興味のある方はぜひこちらの方をご覧になって下さい。購入に
は$25かかりますが、その価値は十分あると思います。

(注※当ブログに簡易翻訳版を記事・日記にしているので
購入しなくてもある程度読めます。
上記の目次欄
でご確認ください。
翻訳者様の紹介メッセージをそのまま転載しただけで
購入をすすめているわけではありません。
いつか日本語版が日本でも出版されることを願っています。)

www.thedoctorwithin.com

books & CDs という欄をクリックすると掲示されます。

まずは、日記のほう(無料)をお読みになってから
ご検討くださると良いと思います!

それでは、
この本で得た情報が、一人でも多くの両親と子供達の役に立つことが出来ますように!





医薬品医療機器情報提供ホームページ(医薬品名、ワクチン名検索で、成分、製造法、副作用の医薬品添付文書をPDFファイルで閲覧可能)

その他
薬のチェックは命のチェック No.43[特集]ヒブ・肺炎球菌ワクチン
●予防接種前から髄膜炎は減っている。



ワクチンは効かない
偽の抗体と免疫に、感染予防効果なし。
医師の見解
まちがいだらけの予防接種

多数の人骨が発掘された731部隊「防疫研究室」跡地に建設を強行した、国立感染症研究所を提訴した裁判(上)
感染研における最近の不祥事について【バイオハザード予防市民センター】
バイオハザード予防市民センター



ブックマーク一覧

麻疹・風疹ワクチンのウイルス株の型は自然界には流行していない

日本の風疹HI法の抗体価は国際基準EIA法にすると3倍高い→ワクチン接種対象者が2.6倍に


 














にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 病気情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
リンク
ツイッターおすすめまとめ
まとめツールをブログに貼らせて頂いていますが、外したほうが良い場合は、 コメント欄からお知らせくださいませ。
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。