スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




乳幼児突然死症候群の原因がワクチン

【重要】“@VaccineRisks: The Only Credible Cause of Sudden Infant Death Syndrome Is Vaccines http://gaia-health.com/gaia-blog/2012-07-15/the-only-credible-cause-of-sudden-infant-death-syndrome-is-vaccines/ via @Gaia-Health” via Twitter for iPhone

There seems to be little investigation into the SIDS phenonmenon, in spite of the fact that it is the leading cause of death in babies born healthy! Could that be because it’s caused by vaccines?

In the study documenting higher infant death rates with greater numbers of vaccines(1), the authors also investigated sudden infant death syndrome (SIDS). This is a new classification of death for babies found dead for no known reason. It was implemented in 1973.

There seems to be little investigation into the SIDS phenonmenon, in spite of the fact that it is the leading cause of death from 1-12 months of age!

As the authors, Neil Z. Miller and Gary S. Goldman, state:

Prior to contemporary vaccination programs, ‘Crib death’ was so infrequent that it was not mentioned in infant mortality statistics. For the first time in history, most US infants were required to receive several doses of DPT, polio, measles, mumps, and rubella vaccines. Shortly thereafter, in 1969, medical certifiers presented a new medical term—sudden infant death syndrome. In 1973, the National Center for Health Statistics added a new cause-of-death category—for SIDS—to the ICD. SIDS is defined as the sudden and unexpected death of an infant which remains unexplained after a thorough investigation.

In other words, babies are dying and no one knows why—at least, officially. Miller and Goldman’s study, though, provides solid information indicating that SIDS is a result of vaccinations.
The Attempt to Hide SIDS

The authors discuss how governments have responded. Initially, SIDS was attributed to babies sleeping on their stomachs—though why that would suddenly cause babies to stop breathing, when it had never been an issue in the past, was never explored. That did appear to result in an 8.6% reduction in SIDS, but it was accompanied by an 11.2% increase in sudden unexplained infant death syndrome (SUIDS).

The authors cite several studies documenting that when fewer SIDS deaths were recorded, other unexplained infant deaths increased, resulting in no significant difference in unexplained infant deaths. They state:

A closer inspection of the more recent period from 1999 to 2001 reveals that the US postneonatal SIDS rate continued to decline, but there was no significant change in the total postneonatal mortality rate. During this period, the number of deaths attributed to
‘suffocation in bed’ and ‘unknown causes,’ increased significantly.

In other words, any apparent decrease in SIDS has been a result of fakery.
Leading Causes of Infant Death

In the United States, SIDS is officially the third leading cause of infant death. However, if you eliminate causes associated with birth defects and low birth weight, it becomes the leading cause of infant death!

The Centers for Disease Control’s (CDC’s) most recently published information regarding death rates is for 2008(2). It indicates a total of 28,075 infant deaths. 2,350 are defined as caused by SIDS. That’s 8.4% of the total number of infant deaths.

According to information from studies reported by Miller and Goldman, by 2001 the reported SIDS death rate was 50.9/100,000, but adjusting it for causes that had previously been identified as SIDS, that rate was 75.4/100,000. If we then calculate that the real rate of death from SIDS is 48% higher. That would indicate that the true number of SIDS deaths is 3,478, 12.4% of the total number of infant deaths.

The reality is likely even worse. The authors note that there are several other categories that could include SIDS deaths, including “unspecified viral diseases, diseases of the blood, septicemia, diseases of the nervous system, anoxic brain damage, other diseases of the nervous system, diseases of the respiratory system, influenza, and unspecified diseases of the respiratory system”.
Linking SIDS to Vaccines

The question of what causes SIDS deaths doesn’t generally get examined in any serious manner. Suggesting that it’s the result of babies sleeping on their faces is ludicrous on the surface. When parents put their babies to sleep on their tummies, their faces are turned to the side. Therefore, to be able to suffocate, they must first be able to move their heads enough to turn them face-down into the mattress and blankets. It makes absolutely no sense that a baby able to do that is unable to respond if breathing is hindered. If a baby suffocates while lying on his tummy, then something has happened to keep the baby from reacting. Clearly, it’s farcical to suggest that the problem is incorrectly placing babies on their tummies to sleep!

So what actually does make sense as a cause of SIDS? Miller and Goldman cite studies that have investigated the DPT (diphtheria-pertussis-tetanus) vaccine and multiple vaccines that document a strong likelihood of vaccines being the cause.

They cite the Torch study, which shows that:

6.5% of SIDS deaths occurred within 12 hours of the DPT vaccination.
6.5% died between 12 and 24 hours, for a total of 13% within 24 hours.
13% died between 24 hours and 3 days, for a total of 26% within 3 days.
15% died between 3 days and 1 week, for a total of 37% within 1 week.
24% died between 1 and 2 weeks, for a total of 61% within 2 weeks.
9% died between 2 and 3 weeks, for a total of 70% within 3 weeks.

Further, the study noted that most DPT-unvaccincated babies who died of SIDS died during the winter months. However, most vaccinated SIDS deaths happened in association with the 2 and 4 month doses of DPT. The Torch study(3) reported that DPT:

may be a generally unrecognized major cause of sudden infant and early childhood death, and that the risks of immunization may outweigh its potential benefits. A need for re-evaluation and possible modification of current vaccination procedures is indicated by this study.

A study by Walker et al(4) found:

the SIDS mortality rate in the period zero to three days following DPT to be 7.3 times that in the period beginning 30 days after immunization.

A study by Fine and Chen(5) found that the death rate of babies is nearly 8 times greater within the first 3 days of DPT vaccination.

Ottaviani et al(6) investigated the death of a 3-month old baby who suddenly died after a 6-in-1 vaccination. They clearly attributed the baby’s death to the hexavalent vaccine:

Examination of the brainstem on serial sections revealed bilateral hypoplasia of the arcuate nucleus. The cardiac conduction system presented persistent fetal dispersion and resorptive degeneration. This case offers a unique insight into the possible role of hexavalent vaccine in triggering a lethal outcome in a vulnerable baby.

Vaccine Deaths

The only thing that appears to have any credible association with SIDS deaths is vaccinations. At this point, we have clear evidence that links DPT and other multivalent vaccines to SIDS, and a strong causative link is also indicated.

In spite of the massive hype claiming that vaccines are saving lives, it has been obvious that most of it is based on false evidence. Most childhood diseases had already diminished to the point of being rare or mild before vaccinations were implemented on a mass scale. It is far more credible to credit better nutrition, safer water supplies, and good sanitation for the decrease in childhood deaths. So, even if it is true that vaccines save lives, it is far less dramatic than the pro-vaccination propaganda.

Clearly, any benefits from vaccines must be balanced against the clear harm that they’re doing.

SIDS accounts by 12.4% of all infant deaths. We have strong evidence that SIDS is caused by vaccines. So, 12.4% of all infant deaths appear to be caused by vaccines. This doesn’t include the other damage done by vaccines, including autism, which is destroying the lives of millions of children around the world and resulting in enormous societal costs, which are only beginning to be recognized as many of these children grow into adulthood without the ability to function in society.

The news media is now full of cases of Big Pharma’s malfeasance. The fraud and manipulation are astounding, and the stench of their corruption in public health agencies is overpowering.

We have seen that the primary study in support of no link between autism and vaccines, the Thorsen study(7), was awash in corruption(8). It is simply inconceivable that the research in support of either vaccine safety or efficacy is credible. Pseudo science, a mockery of genuine scientific research, has marked most of what passes for science in association with Big Pharma.

Until we see honest research into the safety of vaccines—individually, in multivalent combinations, and in terms of the impact of the entire schedule with each additional vaccine—any parents who agree to vaccinate their children are taking risks with their lives that, if this medical system weren’t so corrupt, would be considered child endangerment and result in prison sentences.

Photo from FreeDigitalPhotos.net.
Sources:

(1)Infant mortality rates regressed against number of vaccine doses routinely given: Is there a biochemical or synergistic toxicity?
(2)Infant Mortality Statistics from the 2008 Period Linked Birth/Infant Death Data Set
(3)Torch WC. Diphtheria-pertussis-tetanus (DPT) immu-nization: a potential cause of the sudden infant death syndrome (SIDS). American Academy of Neurology, 34th Annual Meeting, Apr 25-May 1, 1982. Neurology 32(4): pt. 2
(4)Walker AM, Jick H, Perera DR, Thompson RS, and Knauss TA. Diphtheria-tetanus-pertussis immuniza-tion and sudden infant death syndrome. Am J Public Health 1987; 77: 945–951.
(5)Fine PE and Chen RT. Confounding in studies of adverse reactions to vaccines. Am J Epidemiol 1992; 136: 121–135
(6)Ottaviani G, Lavezze AM, and Matturri L. Sudden infant death syndrome (SIDS) shortly after hexavalent vaccination: another pathology in suspected SIDS? Virchows Archiv 2006; 448: 100–104.
(7)Thimerosal and the Occurrence of Autism: Negative Ecological Evidence From Danish Population-Based Data
(8)First Fraud: Dr. Poul Thorsen and the original “Danish Study”



その他:乳幼児突然死を含む記事

乳幼児の突然死SIDS ワクチンの過剰接種と関連か?





スポンサーサイト

■乳幼児予防接種の同時接種で委託料払い過ぎ?数千万円が過剰か

乳幼児予防接種の委託料払い過ぎ?

(12/08/13)

 

 全額公的助成による乳幼児予防接種で、医療機関への接種委託料が過剰に支払われているケースがある。


 富田林市、河内長野市、大阪狭山市が実施している全額公的助成による乳幼児予防接種は、ジフテリア・百日咳・破傷風の3種混合(DPT)、麻疹・風疹(MR)、BCG、日本脳炎の定期接種のほか任意接種のヒブ(インフルエンザb型)、小児用肺炎球菌がある。ポリオ(急性灰白髄炎)も9月からワクチン接種になる見通し。何れも一定期間に数回接種を要し、委託された医療機関が実施している。


 委託料は、各市がワクチンの流通価格に初診料や6歳未満初診加算、3歳未満栄養指導料、事務費などを積算、医師会と協議しワクチン別に決めている。しかし、この積算方法は1ワクチン単独接種を前提にしたもので、増加しつつある2種以上のワクチン同時接種を想定したものではない。


同時接種でも単独接種としてカウント

 11年度に乳幼児が定期予防接種を受けた件数は富田林市で約1万1千件、河内長野市で約1万件、大阪狭山市で約5700件あり、このほかヒブや小児用肺炎球菌を接種した乳幼児も相当数いる。市当局は、これらのうち同時接種が何件あったか全く把握しておらず総て単体ワクチン接種としてカウントし、委託料を支払っている。


数千万円が過剰か

 予防接種の問診内容や接種可能体温はほぼ共通していて、ワクチンの注射筒への充填や子どもをあやし接種する手間など、単体ワクチンと同時複数ワクチン接種とでそれほど大差なく、同時接種の場合、初診料や初診加算、栄養指導料などは1回の算定でよいはずだ。仮に、11年に定期予防接種を受けた乳幼児が2種類のワクチン同時接種を受けていたとすると、富田林市や河内長野市では約4千万円、大阪狭山市では約2千万円が過剰に支払われていることになる。


 同時接種は、保護者が希望し医師が認めた場合実施できる状況にある。富田林医師会などは接種率が向上し、子どもを疾患から早期に保護でき、保護者や医療者の時間的負担が軽減されるとして、同時接種を前向きに捉えているといわれている。13年度から小児用肺炎球菌、ヒブが定期接種になる見通しで、乳幼児の感染予防は不可欠な事業ではあるものの、同時接種という流れが加速する中で、委託料積算方法など現行の仕組みは実状にそぐわなくなっている。




ツイッター


 

community2525乳幼児の予防接種は全額公的助成ですが、医療機関への委託料が過剰に支払われている可能性があります。2種以上同時接種の場合でも単独接種としてカウントされているためです。 http://www.community2525.com/news/2012/08/13170350.php via web

2012.08.14 11:47


↓すかさずクレーム?事実なら由々しきこと。 via Twitter for iPhone

2012.08.15 10:16


community2525「全額公的助成の地区で、医療機関への委託料が過剰に支払われている可能性が・・・」とツイートすべきでした。失礼しました。元の記事はそのようになっているのですが

 RT @tanakaseimiki全額公的助成ではない地区が大阪にもあります。泉北や狭山地区は無料なのですね。 via web

2012.08.15 09:42


これで納得。 医療者がワクチン同時接種を勧めるわけ。 http://www.community2525.com/news/2012/08/13170350.php 重要なので保管と拡散希望です。 via Twitter for iPhone

乳幼児予防接種の委託料払い過ぎ?

http://www.community2525.com/news/2012/08/13170350.php via @community2525

限定された地域でのケースでさえこの過剰支払い金なら、

全国規模なら莫大な金額になるだろう。

マスメディアはこの地区で誰が同時接種を推進したのかも含めて調査を! via Tweet Button


本来はすべきでない、同時接種推進のカラクリが理解できた。 法の悪用は医療者の常套手段?

医師不足や看護師不足が声高に述べられているが【まともな資質のある】を頭に付けないと、

ますます日本の医療は疲弊すること必至。 via Twitter for iPhone

2012.08.15 10:43

 


本来は同時接種は行われないもの、という前提だからこういう制度に。

ワクチンなどの個人輸入のケースと同様ですね、

あり得ないことのはずだが、諸般の事情でそうすることを否定はしない、みたいな曖昧な部分がこういう結果を。 via Twitter for iPhone

 

 





国内未承認の個人輸入ワクチンを、定期ワクチンと同時接種を唆す医療者がいるようですが、
それ、厚労省把握しているんですかね?
同時接種での委託費用過剰支払い懸念よりも緊急に調査してほしい行為だなと感じてます。 via Twitter




開業医は社会保険診療報酬の年額が5千万円以下の場合、報酬額に応じてその72%~57%を経費として課税対象から外せます(概算経費の特例)。
しかし、これは経費水増し・租税回避を合法化させるものとしか言えません。課税は公平が原則であり、合理性が疑問な制度は財源難に際し改廃すべきです。 via makebot.sh 2

2012.10.02 20:34


乳幼児予防接種の同時接種で委託料払い過ぎ?数千万円が過剰か


根拠不充分なものを安全という小児科学会 http://murdervaccine.blog.fc2.com/blog-entry-177.html
同時接種、すればするほど、単体接種とカウントできて、単独接種分の委託料をぼったくれる仕組み、、。一部地域だけで数千万の過払いが発覚。


絶句 https://twitter.com/yykohjiro/status/250496624500019200 (5本同時を誇らしげに…)via Twitter for iPhone

2012.09.25 16:45




DPT+IPVのほうが技術料をいただけるということだろうか? via Twitter for iPhone

2012.10.30 07:04


1958jack 4種混合ワクチン 接種技術料 3種混合より14%値下げで交渉成立。 
かなりハードな交渉だったが、当初の提示額30%以上の値下げからかなり頑張った。
同じ業務をして14%も評価を下げられるとモチベーション低下する。
最後は政治決着
。市長会会長が出てきたらむげにできない。 via web

2012.10.30 06:59





より多くの予防接種を同時に与えられているとして、 "深刻な" VAERSレポートの割合が増加?
@VaxCalc: Does the rate of serious vaccine reactions increase as more vaccinations are given at the same time? bit.ly/oyaKA8 via Twitter for iPhone

2012.12.06 07:11




あべともこ議員はクリニックのオーナーでもある。 ホムペによると、予防接種各種応需していて、希望により同時接種もしているようだ。 311前後に相次いだ、ワクチン同時接種後死亡例発生後の彼女の国会での質疑には期待していたのだが、極めて残念。 やはり予防接種に関しては真の野党なし。 via Twitter for iPhone

2012.12.05 23:19

医師免許を有した議員は、安易にワクチン導入や無償化をその政策のひとつに掲げるが、その時点で医師であることにも議員であることにも疑念を抱かざるを得ない。 via Twitter for iPhone

2012.12.05 22:56


乳幼児予防接種の同時接種で委託料払い過ぎ?数千万円が過剰か 過去にこれについて、何人かの国会議員さんアカウントに問題提起してみたが、どなたか調査してくださったのだろうか? murdervaccine.blog.fc2.com/blog-entry-250… via Safari on iOS

2012.12.02 21:00





乳幼児の突然死SIDS ワクチンの過剰接種と関連か?

SIDS: sudden and unexpected death of an infant. Could it be related to over-vaccination? (p.5)
http://t.co/YqrMXNg9

Neil Z Miller and Gary S Goldman
Abstract
The infant mortality rate (IMR) is one of the most important indicators of the socio-economic well-being and
public health conditions of a country. The US childhood immunization schedule specifies 26 vaccine doses for
infants aged less than 1 year—the most in the world—yet 33 nations have lower IMRs. Using linear regression,
the immunization schedules of these 34 nations were examined and a correlation coefficient of r ¼ 0.70
(p < 0.0001) was found between IMRs and the number of vaccine doses routinely given to infants. Nations were
also grouped into five different vaccine dose ranges: 12–14, 15–17, 18–20, 21–23, and 24–26. The mean IMRs of
all nations within each group were then calculated. Linear regression analysis of unweighted mean IMRs
showed a high statistically significant correlation between increasing number of vaccine doses and increasing
infant mortality rates, with r ¼ 0.992 (p ¼ 0.0009). Using the Tukey-Kramer test, statistically significant differences in mean IMRs were found between nations giving 12–14 vaccine doses and those giving 21–23, and 24–26
doses. A closer inspection of correlations between vaccine doses, biochemical or synergistic toxicity, and IMRs
is essential.
Keywords
infant mortality rates, sudden infant death, SIDS, immunization schedules, childhood vaccines, drug toxicology,
synergistic effects, linear regression model
キーワード
乳児死亡率、乳幼児突然死、SIDS、予防接種のスケジュール、小児ワクチン、薬物毒性、
相乗効果が、線形回帰モデル


表1。 2009乳児死亡率、トップ34カ国
8
ランク国IMR
1シンガポール2.31
2スウェーデン2.75
3日本​​2.79
4アイスランド3.23
5フランス3.33
6フィンランド3.47
7ノルウェー3.58
8マルタ3.75
9アンドラ3.76
10チェコ共和国3.79
11ドイツ3.99
12スイス4.18
13スペイン4.21
14イスラエル4.22
リヒテンシュタイン4.2515
16スロベニア4.25
17韓国4.26
18デンマーク4.34
19オーストリア4.42
20ベルギー4.44
21ルクセンブルク4.56
22オランダ4.73
23オーストラリア4.75
24ポルトガル4.78
25イギリス4.85
26ニュージーランド4.92
27モナコ5.00
28カナダ5.04
29アイルランド5.05
30ギリシャ5.16
31イタリア5.51
32サンマリノ5.53
33キューバ5.82
34米国6.22
CIA。国の比較:乳児死亡率(2009年)。世界
ファクトブック。 www.cia.gov(データが最後に2010年4月13日更新)。


表2。国際的な予防接種スケジュールの概要:ワクチンがで推奨されている/一歳前に必要な
34カ国
一歳前に国民にワクチンを
合計
B
用量
グループ
(用量の範囲)
スウェーデン種混合(2)、ポリオ(2)、Hibの(2)、肺炎(2)12 1(12-14)
日本種混合(3)、ポリオ(2)、BCG 12
アイスランド種混合(2)、ポリオ(2)、Hibの(2)、MenC(2)12
ノルウェー種混合(2)、ポリオ(2)、Hibの(2)、肺炎(2)12
デンマーク種混合(2)、ポリオ(2)、Hibの(2)、肺炎(2)12
フィンランド種混合(2)、ポリオ(2)、Hibの(2)、ロタ(3)13
マルタ種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)15 2(15-17)
スロベニア種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)15
韓国種混合(3)、ポリオ(3)、HepB(3)15
シンガポール種混合(3)、ポリオ(3)、HepB(3)、BCG、インフルエンザ17
ニュージーランド種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(2)、HepB(3)17
ドイツ種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、肺炎(3)18 3(18-20)
スイス種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、肺炎(3)18
イスラエル種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、HepB(3)18
リヒテンシュタイン
1
種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、肺炎(3)18
イタリア種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、HepB(3)18
サンマリノ
1
種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、HepB(3)18
フランス種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、肺炎(2)、HepB(2)19
チェコ種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、HepB(3)、BCG 19
ベルギー種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、HepB(3)、肺炎(2)19
イギリス種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、肺炎(2)、MenC(2)19
スペイン種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、HepB(3)、MenC(2)20
ポルトガル種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、HepB(3)、MenC(2)、BCG 21 4(21-23)
ルクセンブルク種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、HepB(2)、肺炎(3)、ロタ(3)22
キューバ種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、HepB(4)、MenBC(2)、BCG 22
アンドラ
1
種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、HepB(3)、肺炎(3)、MenC(2)23
オーストリア種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、HepB(3)、肺炎(3)、ロタ(2)23
アイルランド種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、HepB(3)、肺炎(2)、MenC(2)、BCG 23
ギリシャ種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、HepB(3)、肺炎(3)、MenC(2)23
モナコ
1
種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、HepB(3)、肺炎(3)、HEPA、BCG 23
オランダ種混合(4)、ポリオ(4)、Hibの(4)、肺炎(4)24 5(24-26)
カナダ種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、HepB(3)、肺炎(3)、MenC(2)、インフルエンザ24
オーストラリア種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、HepB(4)、肺炎(3)、ロタ(2)24
米国種混合(3)、ポリオ(3)、Hibの(3)、HepB(3)、肺炎(3)、ロタ(3)インフルエンザ(2)26
1
彼らはより少ない5乳児死亡があったので、これらの4つの国が分析から除外した。
B
種混合は、シングルショットとして投与されるが、3つの独立したワクチン(ジフテリア、破傷風、百日咳とのために)含まれています。したがって、与えられたDTAP
乳児期に3回は9ワクチン投与と同等です。
予防接種のスケジュールは2008年から2009年のためのものです。
9,10


一般的なワクチン物質
抗原(弱毒ウイルス、細菌、トキソイド)が含まれ
防腐剤(チメロサール、塩化ベンゼトニウム、
2 - フェノキシエタノール、フェノール)、アジュバント(アルミニウム
塩)、添加剤(硫酸アンモニウム、グリセリン、ナトリウム
ホウ酸、ポリソルベート80、塩酸、水酸化ナトリウム
水酸化カリウム、塩化物)、安定剤(胎児の
ウシ血清、グルタミン酸ナトリウム、ヒト血清
アルブミン、ブタゼラチン)、抗生物質(ネオマイシン、ストレプトマイシン、ポリミキシンB)、および不活性化する化学物質
(ホルマリン、グルタルアルデヒド、ポリオキシエチレン)

一部引用終わり。

米国のワクチンスケジュール

予防接種の参考本:ティム オシアー著(科学的根拠のない予防接種。)

米国に憧れる日本の学会推奨スケジュール

予防接種の参考本:ティム オシアー著(科学的根拠のない予防接種。)


乳幼児死亡率の高い米国

速報;仮訳)米国で予想外の乳児死亡率上昇チェルノブイリに匹敵;米医学ジャーナル掲載記事






その他

予防接種がこれだけの子どもを殺しているという事実(抜粋)


乳幼児突然死については以下の本にも解説があります。
薬のチェックは命のチェック No.43[特集]ヒブ・肺炎球菌ワクチン
●予防接種前から髄膜炎は減っている。

SIDSおよび他の急死・原因不明死 死亡率の推移
予防接種の参考本:ティム オシアー著(科学的根拠のない予防接種。)

SIDS:乳幼児突然死症候群
SUD:不測突然死は、すべての急死、突然死・原因不明死。
SIDSおよびSIDSと診断されなかった急死・突然死・原因不明死の合計。
IBI:侵襲性細菌感染症は敗血症・細菌性髄膜炎・細菌性肺炎の合計。
その約3分の1がヒブ・もしくは肺炎連鎖球菌によると推定される。
2005年以降、SIDSの減少は、2005年のガイドラインの影響で診断が厳しくなったために
見かけ上の減少であり、SUD不測突然死は、全体として増加し、侵襲性細菌感染症による死亡をはるかに上回る。
この増加の原因究明と対策は公衆衛生上の大きな課題であろう。
(このグラフの全死因死亡率とそれ以外の死因別死亡率の目盛りが異なっているので注意してください)



肺炎球菌ワクチンによる害作用について、米国で詳しい報告が出ています。
(Wiseら、JAMA.292:1702:2004)

 200年と2001年のほぼ2年間に3150万回接種され(米国では1人あたり4回接種が普通なので
推定で約8000万人に接種)、接種後死亡した子が117人報告されました。

 報告ではこの117人のうち59人がSIDSと診断されています(疑い8人含む)

 では、米国でSIDSで亡くなる人は、どれくらいいるのでしょうか?200年と2001年の2年間で
4757人、1日平均6.5人でした。
1歳未満人口の約90%がワクチンを接種するとされていますので、90%の人口にあてはめると、
毎日約6人がSIDSで死亡することになります。

2年間で報告された接種後59人のSIDSは約10日間(1年間では5日間)の人数に相当します。
 
 この報告にはSIDSと診断された59人の接種から死亡までの日数は示されていないので、正確には比較ができません。

30人のSIDSが5日間で生じていたとすると、SIDSが生じる前にワクチンがたまたま接種されていただけ、という可能性も完全には否定できません。

 しかし年間全死亡2万8000人のうち、SIDSは10分の1程度であるのに、
接種後に報告された死亡の半数以上がSIDSだったということや、
大部分が接種から短時間で死亡している(自発報告では半数が3日以内、注5)
ことは関連がありうることを示しています。

症例対照研究:関連なし
症例対照研究というのは、薬剤とまれな害との関連を調べるのに用いられる典型的な疫学調査の方法です。
 ワクチン接種後に突然死が生じた報告が少なからずあったために、SIDSもしくはSUDと
ワクチンの関係を明らかにするための症例対照研究が、いくつかの国で実施されています。
SIDSに関係する危険因子が、うつ伏せ寝をはじめとして種々あるために、ワクチンだけでなく
他の項目も一緒に調査しています。
 いくつかの症例対照研究を調査して、総合的に評価したメタ解析も実施され報告されています。
メタ解析の結果では、全体としては死亡前にワクチン接種を受けていた割合は、SIDSの子のほうが
SIDSのなかった子よりも少なかったので、ワクチンが突然死を起こすとは言えない、むしろワクチンはSIDSを防止していると言える、との考えまで述べられています。

症例対照研究:健康状態の反映?

しかし、この症例対照研究に対して、健康な被接種者効果(Healthy vaccine effect)が働いて
SIDSにワクチン接種者が少ない傾向が出ただけだ、と根本的な欠陥が指摘されています。
(Kriesら、EurJ Pediatr 164:61:2005)。
著者も同じ意見です。

インフルエンザワクチンの2回接種者は、インフルエンザにかかりにくいという調査結果がよく引き合いに出されることと似ています。

ふだん健康な子がワクチンを打ち、体調がすぐれない子は接種しません。
つまり、ワクチン接種者にインフルエンザ罹患が少ないとしたら、それは日頃の健康状態を反映しているだけ、です。

 ヒブワクチンなどについても、接種前の問診で調子が悪い子はワクチンを打たず、体調のよい子がワクチンを注射します。
低体重や未熟児はSIDSの危険因子でもありますが、ワクチン接種時期が遅れる原因にもなります。

そして、日頃から調子が悪い子、低体重児や未熟児はSIDSを起こしやすく、
健康でワクチンを注射する子はSIDSになりにくい。
したがてふだんの健康状態が考慮されずに、ワクチンがあたかもSIDSを予防しているというように見えてるだけと考えられているようです。

ドイツでのもう1つの解析
など省略

疫学的な関連はあり。

以上、種々の角度からデータW分析した結果(※ブログ引用は大幅に省略しました)、かなり正確に危険度を分析することができたと考えます。
ヒブおよび肺炎球菌ワクチンと突然死の発症とは、ほぼ関係があると考えざるを得ないデータではないでしょうか。









検索フォーム
Admin
記事一覧表記は引っ越し前のアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。 (アメブロは残しているので閲覧は可能です) まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、探したいキーワードなどから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。
プロフィール

予防接種の参考書

Author:予防接種の参考書
・このブログはアフィリエイトは一切含んでいません。
アメブロからFC2ブログへ引っ越してきました。

FC2ブログ記事中の関連記事紹介のURLがアメブロのURLのまま反映されていますので、
元ブログのアメブロは残しています。

気づいたときにFC2ブログのURLに変更していく予定ですので、何卒ご了承ください。

アメブロと同タイトルの記事がFC2ブログにもありますので、宜しくお願いします。過去記事への追記情報などもfc2ブログの記事のみに行っています。
タイトルに■をつけている記事に、よく追記情報を追加しています。
・ツイッターからの転載ツイは、嫌がらせやネットでの集団叩きが激しいことなど考慮して、一般の方はHNを伏字or削除させて頂いています。
医療関係者の方は、責任もっての発言と思われますのでHNもそのままツイ内容と一緒に貼らせて頂いています。

・2012/09以降の最新記事更新はFC2ブログのみで行います。
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


国内でのワクチンに関するニュースなど紹介しています。
他に、
予防接種の参考書「大切な人を守るために」 ( 54記事 )
海外で出版されている予防接種の書籍の簡単な日本語翻訳版が読めます。(邦訳未出版ですので、お早めに読まれることをおすすめします。)

予防接種の参考書を最初の記事から読む(ここをクリック)
記事一覧表記はアメブロのほうのURLになっていますが、下へカーソル移動して頂くとfc2ブログに移動された記事が出てきます。
まだ使いづらい状態ですが、探したい記事のタイトルや、キーワードから、ブログ内検索などを利用して頂けましたら幸いです。

目次 記事一覧は(ここをクリック)


(※簡易翻訳以外の記事は全てネット上や書籍に公開されている情報が元に転載して紹介しています、推進派の脅し対策として、各利用者の責任で記載されたものであり当方はその内容につき一切責任を負わないものとします。
各記事ごとに、ソース元はわかるように貼付していますので、ご不明な点はソース元でご確認ください。)

~翻訳者Hariさんのメッセージ~
私が大きく影響を受けた予防接種の参考本をご紹介させて下さい。

著者は、アメリカのホリスティック研究者であるDr.Tim O'Sheaで、
原本のタイトルはThe Sanctity of Human Blood : Vaccination I$ NOT Immunizationです。


The Sanctity of Human Blood : Vaccination is Not Immunization (Fifth Edition) [Paperback]
Tim O'Shea (Author)


翻訳本の方は、「予防接種の本当の意味ー大切な人を守るために」としました。

私自身、自分だけの時には何も深く考えずに予防接種を受けていましたが、
娘が生まれからは、
「子供の身体に注射するものだし、健康や命に関わるものだから、まずはどんなものなのかその実態と効能、危険性について親が知った上で判断したい」と思うようになりました。

同じ様に、ただ家族や医者から聞いたほんのちょっとの情報だけで、またはそのプレッシャーに押されて、

よくわからないままワクチン接種を受けてしまう方、

あるいは疑問を感じても参考になる情報をどこで探したらよいのか判らない方、

またはただ副作用が怖いらしい、といううわさだけで、確信はないが受けていないという方

色々だと思います。

私もそうした時期にこの参考書に出会い、まさに目からうろこの体験でした。
そして、自分の知りえた情報を分かち合いたいと思い、Dr.ティム オシアーに了承を得た上で、この本を日本語訳することにしました。

彼の本は、ワクチン接種の始まりと歴史から、現代のワクチンの実情に至るまで、細かい裏づけの参考資料とともに、一般の人にもわかりやすい内容で教えてくれます。

さらに、この本で使用している参考資料は、政府機関、主流の医学誌といった
「ワクチン接種を薦めている側」の資料なので、「ワクチン反対派」が感情的にいった不確定な情報なのでは、という心配がありません。

掲載している情報は、主にアメリカの状況が中心ですが、日本の現状を知るにも十分役に立つものです。
何より、ワクチン製造業者と政府間の権力及び資金関係の結びつき、メディアへの影響力などは、アメリカに限るものとは言えませんから、実に興味深いと思います。

翻訳の全文章を、私の日記に項目ごとにわけて掲載してあります。
ただし、こちらは校正チェック前の文章ですので、多少読み苦しい箇所もあるかも知れません。

今回、著者のウェブサイトに日本語版を電子書籍(e-book)という形で掲載しましたので
ご興味のある方はぜひこちらの方をご覧になって下さい。購入に
は$25かかりますが、その価値は十分あると思います。

(注※当ブログに簡易翻訳版を記事・日記にしているので
購入しなくてもある程度読めます。
上記の目次欄
でご確認ください。
翻訳者様の紹介メッセージをそのまま転載しただけで
購入をすすめているわけではありません。
いつか日本語版が日本でも出版されることを願っています。)

www.thedoctorwithin.com

books & CDs という欄をクリックすると掲示されます。

まずは、日記のほう(無料)をお読みになってから
ご検討くださると良いと思います!

それでは、
この本で得た情報が、一人でも多くの両親と子供達の役に立つことが出来ますように!





医薬品医療機器情報提供ホームページ(医薬品名、ワクチン名検索で、成分、製造法、副作用の医薬品添付文書をPDFファイルで閲覧可能)

その他
薬のチェックは命のチェック No.43[特集]ヒブ・肺炎球菌ワクチン
●予防接種前から髄膜炎は減っている。



ワクチンは効かない
偽の抗体と免疫に、感染予防効果なし。
医師の見解
まちがいだらけの予防接種

多数の人骨が発掘された731部隊「防疫研究室」跡地に建設を強行した、国立感染症研究所を提訴した裁判(上)
感染研における最近の不祥事について【バイオハザード予防市民センター】
バイオハザード予防市民センター



ブックマーク一覧

麻疹・風疹ワクチンのウイルス株の型は自然界には流行していない

日本の風疹HI法の抗体価は国際基準EIA法にすると3倍高い→ワクチン接種対象者が2.6倍に


 














にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 病気情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 事件・犯罪へ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
リンク
ツイッターおすすめまとめ
まとめツールをブログに貼らせて頂いていますが、外したほうが良い場合は、 コメント欄からお知らせくださいませ。
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。